pomera

2017年2月11日 (土)

ポータブック来た

ホンダビートに乗っていると「狭くて荷物が積めなくて、雨漏りすることもあって、不便でしょ」と言われることがある。普通の車がサイコーな人にとっては、そうなんでしょうな。けど、バイクと比較したら「広くてテニスラケットも積めて、雨よけ幌もあって、便利。しかも、オープンドライブの楽しさまでついてくる」ってことになる。軸足がどこにあるかによって、感じ方は変わるってこと。

Img_7148

昨年2月、事務機器のキングジム初のPCとして発売されたポータブック(XMC10)。当初は9万円前後だったらしいけど、昨年11月ごろから2万円前後のたたき売りが始まった。既に製造打ち切りで在庫処分中。

A5サイズでコンパクトではあるものの、重量は830gとタブレットに比べると重いし、Windows10を搭載しているとはいえ、ストレージは32GBのフラッシュメモリーだけ、画面はひと昔前のノングレアでざらざらしてる。

これを「超小型PC」だと思えば、物足りなさばかりが目立つかもしれない。ところがこれを「文字を書くだけのポメラに、パソコンの機能を加えた」と思えばどうだろう。ポータブックはメールや、そのままブログにアップするなど、ポメラ以上の機能がある。

解像度が低くてざらざらした画面も、文字入力がメインとなる場合、必ずしもデメリットではない。キングジムが「パソコン業界に参入」ではなく「ポメラユーザーに新たな提案」と考えているのであれば、古臭い画面でさえ、あえてそれを選んだのかもしれない。

Fullsizerender

愛用のDM20Yと一緒に。こいつとは5年間の付き合い。買い換え器としてDM100、DM200も検討してみたけど、しっくりこなかったんだよね。使い勝手もさることながら、開閉式キーボードのギミックって、私にとっては重要な要素だったのかも。

使い始める前にMicro SDカード(64GB)、飛び出さないSDカードアダプタ、エレコムの超小型マウスを買った。SDカードは仮想ディスク(VHD)化し、画像や文書の保存は全てVHDへ保存するように設定。これで、システム系アプリで埋まっている内蔵フラッシュメモリーを圧迫しなくて済む。さらに、メモ帳機能のアプリ「Mery」、文書と画像のショートカットをデスクトップに作成。文書専用機としてのカスタマイズはほぼ終了。

Youtubeなどの動画再生も、巷間いわれているほどヒドいものでもない。この画面、16、17年ほど前に使っていた東芝Libretto ff1050を思い起こさせ、逆に懐かしさがいい感じ。ff1050のスペックはプロセッサ233MHz、HDD3.2GB、Windows98、6インチディスプレイですと。在庫品を6万~7万円ぐらいで買ったんだけど、格安だと感じたもんなあ。当時はブログではなく、自作のウェブ日記を書いていて、旅先でタグを打ってPHSで送信してたっけ。Librettoからの更新はかなり難儀だった。なぜそうまでして、個人的な日記を欠かさず毎日、人目に晒すために更新しなくちゃいけなかったのだろう(笑)

この記事は、ポータブックから更新ちう。ちょっと慣れは必要かもしれないけど、まずまずの使い勝手かな。ただ、愛用のスリングバッグ(胸掛けポーチ)に収めるとパンパンになってしまう。常時携帯するには少し、工夫が必要かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

pomera愛用ちう&消費税

今もpomera DM20Yを愛用中。ひところ、叩き売り状態だったけど、今は各販売店の在庫処理が終わり、今度はプレミアムが付き始めた状態。定価の4分の1に低下したり、その倍まで上がったり。仮想通貨のビットコインじゃないけれど、いろんな物が投機の対象になる時代なのかもね。

1396975549161.jpg

先月31日、AmazonでDM100の値段をチェックし、そのままパソコンをスリープ画面にしていた。スリープにする前がこちら↑

1396975550820.jpg

翌4月1日、開けた画面を更新した時に出た画面がこちら↑。消費税増税の関係か、値上がりしている。ただ、価格にそのまま3%上乗せになっているわけではなく、値引き額も増えた。

pomeraって、値引き幅がかなり大きい気がする。開発にコストは掛かるけど、卸値は標準的な小売価格の半額以下、4割ぐらいなのかな。しばらく待てば、DM100はもっと安くなるかも。ま、安くなったら買うというわけでもないのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

DM20Yキーボード交換

おさらい。pomera DM20Yがやってきたのが2012年2月。当初から、キーボードを畳むとぽっこり盛り上がってしまうなど「?」な点があった。「I」「J」「M」の中央部分キーの反応が悪いことも。2013年5月、購入から1年ちょっとが過ぎ、キーの不良が本格的に進行。騙し騙し使っていたが、とても文章を打つレベルではなくなった。2013年秋、キングジムに問い合わせ。修理はかなり金額が張りそうなので躊躇。これって初期不良だと思うけどなあ。有料修理ってのは納得いかないなあ…。数カ月悩んだものの、結局、

1394418634178.jpg

1394418637760.jpg

修理した。修理というか、キーボードユニット丸ごと交換。10,099円也。定価4万円以上のDM20Yは、11,772円で手に入れた。いい買い物をしたと思っていたけど、2個分買ったみたいになったね。

ま、キーボードの不良はあちこちで報告されていて、今はしっかりと対策されているだろうから、これからまた、DM20Yをかわいがらねば。このブログを書くのにも既に使ってるよ。かわいいやつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

DM20Y不調

愛用しているpomera DM20Y。それまで使っていたDM20をサブ機とし、こちらをメーン機としたのが昨年2月。まだ1年とちょっとなのに。

1368954395495.jpg

pomeraの売りは「開いてすぐ文字を打てる」ことにある。それなのに、最近調子が悪い。折り畳みキーボードを開いてすぐに文字を打つと、真ん中付近のキーボードが反応しない。具体的には「I」「J」「M」。10秒か15秒ぐらいか、しばらく待つと反応するんだけど、待つ間がちょっと不快。何しろ、「開けてすぐ」が売りなのだから。

壊れるならメーカー保証期間の1年以内だったらよかったのになあ。この「ユラタク」モデルは気に入っているので、このまま不調が続けば修理に出すことになるだろう。あんまり高額にならなければいいけど。

しばらく騙し騙し使ってみることにする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

クリーンインストール

Macがわが家に初めてやってきてから十数年。iMacボンダイから始まり、iMac G5、そして数々の中古iMacやら、先輩からお下がりのpowerBook G4などなど、Macは生活の中にどんどん入り込んできた。なくてはならないツールの一つ…だった。

それが変わったのがiPhone。3年半ほど前に3Gがやってきて、今は4。さらに昨年、iPad2がくると、パソコンでやっていたかなりのことは、この2つとpomeraがあれば済むようになった(つまり、難しいことは何もしていなかったということ)。かなり旧式となったMac miniの存在意義は、iPhoneとiPadの母艦。一応、Intel入ってる。

そんなMac mini。データ系はすべて外付けHDDに保存していたのだけど、なぜだか「HDDの容量が不足しています」という表示が出る。iPhoneのバックアップデータを、誤って内蔵HDDに入れたかとも思ったが見つからず。重いアプリが入っているかとも思ったが、そんなものもない。

訳が分からないのでクリーンインストールすることにした。「HDDがいっぱい」と言われるせいでiTunesのアップデートができず、iOSも4のまま。これが済めば、またサクサク動くはず。えいやっ!

(…時間が経過)

(……時間がさらに経過)

(………時間がさらにさらに経過)

というわけで。帰宅して5時間ぐらい経っただろうか。Mac miniのクリーンインストール、iPhoneのiOS5.0.1化終了。完全に朝だ。上の娘、下の娘、息子を順に送り出す。平日にこんなことするもんじゃなかったね。

iOS5.0.1は、なかなかよろしい。iOS4のまま、ココログのiPhoneアプリを更新したら、時々フリーズするようになっていた。やっぱ、OSもちゃんと上げとかナイト。朝だけど。

|

2012年2月20日 (月)

pomeraのDM20Yがやってきた

pomeraのDM20を使い始めてから2年弱。かなり使い倒したので、キーボードの文字が剥がれてきた。今ではiPhoneと並び、私の生活になくてはならないツール。先日、新型のDM100が発売されたが、キーボードが折り畳みでなくなった分、ボディが大きくなってしまった。これじゃ、普通のネットブックと同じじゃん。キーボード折り畳みのギミックってpomeraにとって重要だったのね。

まだDM20は壊れないとは思うが、何かあったときのためにそろそろサブ機、もしくは後継機が欲しい。Amazonで調べるとDM20の実勢価格は17,000円前後、DM100は23,000円前後。買い増すには微妙な値段。下位機種のDM10やDM5だったら1万円未満だけど、文字数制限やQRコード未対応ってのは使い勝手が悪い。DM20が1万円台前半で手に入るのなら、即買いなんだけどなあ。そんなおいしい話はないか。

…と思ったらあった。DM20のプレミアムモデル、由良拓也(カーデザイナー)デザインのDM20Y。希望小売り価格は4万円以上するが、今は叩き売り状態の11,772円。少しずつ値段が下がり続け、納得できるとこまできたので「えいやっ」と注文した。

1329665428568.jpg

プレミアムモデルにふさわしい箱。箱が赤いから見た瞬間、間違ってシャア専用モデルを注文したかと思った。そったら間違いなんか、しゃあせんよう。

1329665429685.jpg

1329666061727.jpg

純正ケース入りDM20と並べてみる。うむ、革ケース一体型のDM20Yのデザインはなかなかよろしい。私好みだ。

1329665430558.jpg

1329665431391.jpg

キーボードを広げて並べてみる。DM20は黒、DM20Yは白。どっちでもよさそうなものだが、白いキーボードはきれい。カーデザイナーらしい演出も。ファンクションキーの「F1」にはフォーミュラカーの絵、「S」(スタート)は赤字、「P」(ピット)は青字。エンターキーはチェッカーフラッグ模様があしらってある。こういう遊び心は必要だよね。

1329665432049.jpg

ケース一体型というのはケースから本体を取り出す手間がない半面、常にケースが付いていて邪魔になるというデメリットもある。DM20の特長としてスクリーンが180度開き、向かいに座っている人にも画面を見せられるというのがあるが、DM20Yの場合、ケースが引っかかるので開かない。これをデメリットとみるか、そういうものだと思うか。私の場合、自分で文字を打つことのみに使用しているので、特に不便は感じなかった。

そんなこんな。賛否両論のあるDM20Yだけど、私はかなり気に入った。DM20は無骨な天板をイジろうかとか、システム手帳タイプの革ケースを探したりとか、あれこれ試してみたけど、DM20Yにはそんな必要はない。今日からはこっちをメーンに、これまで使っていたバイソンブラウンのDM20をサブ機にしようっと。既にこの文章はDM20Yで書いてるし。

これからpomeraを手に入れようという人の参考になったかしら。ケータイみたく、自分でデコしたり、天板やケースをカスタマイズしようという人はノーマルがお勧め。このモデルがカッコいいと思う人はDM20Yをどうぞ。コストパフォーマンスも優れてるよ。

|

2012年1月18日 (水)

モバイル用エネループ

先日、こういうものを買った。

1327158537211.jpg

SANYOのリチウムイオンバッテリKBC-L54D。3,616円。USB出力付きで、iPhone&iPad対応を公式にうたっている。ACアダプタでの充電は7時間、5.0V/500mAの出力だと5時間使える。

新幹線の出張時(のぞみの場合)は、座席横で充電ができるが、バスなどの移動だとバッテリ切れの恐れが出てくる。初めて行く土地などでは、GPS地図機能がかなり便利なのだけど、iPhoneの電池の食いが早い。ずっとつけっぱなしにしてバッテリが終わってしまうと、地図を見れないどころか、メール連絡もできなくなってしまう。会社に出る時にiPhoneを忘れても特に困らないが、外に出ている時のバッテリ切れは、一人で無人島に流されたがごとく、情報が遮断されたような気持ちになる。

松江出張の時、初めて持って行った。こいつはなかなかよろしい。iPhone&iPadのバッテリ切れを心配しないでいいと思うだけで、心の余裕ができる。ポメラでも活躍しているeneloop。これから、付き合いがどんどん深くなりそうだ。

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。

1327158545953.jpg

食堂で食べた塩ラーメン。意外とイケる。冷やしラーメンと塩はマル。トンコツと醤油の日はなるべくならパス。これは自分用のメモなんで、決して食堂をけなすのが目的ではないと強く訴えておきたい。夕飯でがっかりすると、仕事への意欲も失いそうになりますからなあ。忘れないように。

いつもより1時間早く退社。いいなあ、仕事後の一杯が早めにスタートできるのは。

|

2011年4月15日 (金)

結局は純正ケース

気になり出すと、気になって気になって仕方がなくなるpomeraケース。あれやこれや考えた結果。


1302799506733.jpg


キングジムの純正ケースを購入した。Amazonで2,267円。pomera購入時に一緒に手に入れなかったのは、値段が高いと思ったから。今となると、7,000円を超えるシステム手帳ケースを試したり、試行錯誤するぐらいだったら純正ケースが安くて使いやすい。


1302799507877.jpg


当たり前だけど、大きさはぴったり。替え電池、ケーブル、USBメモリなどを入れるポケットもある。やっぱ、純正品は純正だけのことはあるね。

|

2011年4月13日 (水)

pomeraシステム手帳

ケチなくせにムダに凝り性なところがある。最初は金額を気にしているくせに、最後は満足いくまで趣味を追求している自分がいる。例えば、

iPhoneいいね→安いカバーを買おう→もう少し使いやすいのにしよう→何かたくさん買ってる

ビートのリアガラス化いいね→安く部品を手に入れて自作しよう→もう少し使いやすくしよう→何かたくさん買ってる

という流れ。次にこのパターンにハマったのがpomera。本体と一緒に500円ぐらいのケースを手に入れたのだけど、システム手帳っぽいカバーに入れている人のがすごくカッコよく見えた。あれにしよう、というわけで。

Pomera1

本物のシステム手帳。ハンズで手に入れた。メーカーはよく分からないけど「THEME BRIT HOUSE」って書いてある。手帳部分は外に出した。

Pomera2

内側のベルトがいい感じの位置にある。元からpomera用だったみたいに、ちゃんと挟めるのがステキ。

Pomera3

けど、ひょっとしたら、スルリと落ちることがあるかもしれない。ひやっとしたらスルリ満点。念のため、百均で買ったマジックテープを張り付けた。これで万全。

pomeraって、最初は無骨なデザインで洗練されてないなあと思ってたんだけど、使っているうち愛着が沸いてきて、かわいがってあげたくなってきた。単なるメモライター、ワープロ専用機なのに、不思議な魅力。さすがに、40超えたオッサンなので激しくデコったりはしないですけどね。

翌日。

このシステム手帳ケースを使うのはやめることにした。大きさがピッタリ過ぎて、替電池(エネループ)を入れる場所がない。これは、意外とマイナス。

|

2010年11月21日 (日)

新おもちゃIS01

つい先週まで知らなかったのだけど、auのスマートフォンIS01(SHARP)がほぼタダで配られ、しかも特定のプランを選びWi-Fi専用機にしてしまうと、2年間月額使用料が8円で済むという。店によってはタダで配ってさらに万単位のキャッシュバックがあったとかで、ケータイをもらうとお金が増えるという意味の分からない状態に。そういう情報を知ると「Androidも使ってみるか」と、手を出してみたくなる。

ところがどっこい。まさに、あとの祭り。いくつか大型店を回ってみたが、ほぼ完売。唯一、在庫アリの店ではデジタルフォトフレームを抱き合わせられた挙げ句、月額8円にならない。

ここで、あらためて考えてみた。私がIS01を手に入れたら、何に使うのか。iPhoneのタッチパネルでは書きにくい、かといってpomeraを広げる場所もないとき。う〜ム、そんなに限定的な場面はないなあ。使うとしたら動画系。バスや新幹線に乗る時、動画を観ることが多いのだけど、iPhoneでは画面が小さい(3.5インチ)。DSiLLはせっかく画面が大きいのに(4.2インチ)、縦横比が4:3から16:9へと主流が変わり、上下にブランクができてしまう。うむ、動画重視で考えることにしよう。さて、どこから手に入れるか。

ほぼタダで配られたスマートフォンは使われることなく、日本中のあちこちで眠っている。持て余した人はどうするかというと。オークションに出品する。数カ月前までは1万円を切ることはなかったようだが、今は品がダブつき、Android1.6からのメジャーアップデートがない旨の公式リリースもあり、値ごろ感が進行中。8,000円台に乗るとちょっと高いかな、と感じるぐらい。7000円台を照準に、入札合戦には乗らないよ。

…というわけで、落札(早っ!)。ま、そもそも「タダ」と言われるパターンでも、事務手数料やら約3,000円かかる。それに、ちょうど2年後まで使い続け、きっちり解約しないと、一気に基本料が跳ね上がる。だったら、最初からauと契約せず、買い切りの方が気分は楽。

ちょっと話は逸れるけど、今のネットオークションは話が早い。落札→ネット入金→即発送、という流れで、落札から40時間後には手元に届いている。

Is01_1

iPhoneと並べてみた。うむ、確かに画面は大きい。横長サイズの映像がちょうどハマる。動画再生なら、無駄なく画面が使えるね。

Is01_2

DSiLLと比べてみよう。DSiLLの再生動画は上下にブランクがある。有効面積比でいうと、2倍どころじゃなく3倍程度の差がある気が。ちなみに、IS01は上下が黒塗りになった動画を再生すると、左右を基準に合わせ、上下を勝手に切ってくれる機能がある。つまりアナログ放送を録画したものを再生すると、上下の無用な部分が自動的に見えなくなる。これ、ありがたい機能。

Is01_3

ところが。肝心のスマートフォンとしては、あまりスマートじゃない。例えばブラウジング。画面は広島ブログのトップページより。せっかくの広い画面があまり生かされず、下の方まで見えそうで見えない。トラックボールは便利。タッチパネルとトラックボールを上手に併用すると、項目の選択や決定がかなりスムーズにできる。

iPhoneにない機能といえばワンセグ。もう、完全にスマートフォンの機能を論じてない(笑) iPhoneの前に使っていた同じシャープの911SHと比べると、ワンセグの画質が格段に粗く感じる。

iPhone4=137g、IS01=227g、DSiLL=314g。スマートフォンとゲーム機を同列に語るのって、変な感じ。だけど、私の生活の中に占める地位は割と近い。DSiLLもWi-Fiでネットできるしね。気が向けば、今後も使った感想などを書く予定。予定は未定。

|

より以前の記事一覧