愛車B号

2020年4月27日 (月)

PRIMACY4にタイヤ交換

タイヤを履き替えてきました。2015年 made in SPAINのMICHELIN PRIMACY3から、2019年 made in ITALY PRIMACY4です。さすが世界企業、製造国がスペインだったり、イタリアだったり。

4_20200428205401

3_20200428205401

2_20200428205401

「4719」とは「2019年の第47週製」の意味なので、2019年11月中旬製のタイヤ。最新ではありませんが、そんなに古いわけでもない。その分、少し安くなっていました。

ネット通販で1本16,500円×4本+持ち込み交換代+廃タイヤ処理代で合計81,400円。まあ、想定の範囲内。割とリーズナブルなんじゃないでしょうか。

ちょっとだけ、高速道を走って来ました。劇的に乗り心地が良くなり、ハンドリングが軽くなった…

…などということは全くなく。変化は実感できませんでした。私の感覚が鈍いのかもしれませんけど、これまで履いていたPRIMACY3は劣化しつつはあったものの、決して粗悪タイヤというわけではありませんしね。

1_20200428205401

2019年8月にやって来た120i Sport、かなり気に入っています。コンパクトカー好きの私にとってはギリギリ大きい車なのですが(全長4m335、全幅1m765)見た目の感じより、取り回しはかなり楽です。

「Cセグメントまでの小ささで、後席がフラットになって荷物が積めるハッチバックで、運転の楽しい車。出来れば後輪駆動」って考えてたら、1シリーズ(F20)一択だったんですよね。後席は座ると狭いので、家族で乗るならVW Golfとか、MAZDA3とかの方が絶対いいと思います。

見た目の「ちょっとブチャイク」感も好きです。顔が少しブス(笑)なんだけど、垂れ目は嫌いじゃない。3シリーズのトランクをぶった切ったような不自然なリア周り。これはこれで、元々なかったと思えば慣れてきます。

そんな「ちょっとブチャイク感」が愛らしく思えますし、だからこそ全然偉そうさがなく、日常の足としての下駄車に丁度良い。洗車をしていない高級車は少し恥ずかしいですが、下駄車だったら多少、泥が付いてたりしてても構わないと、私は勝手に思っています。

自由に移動できる日が来たら、ふらっと一人旅にでも出掛けたいところです。

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

ビー号からB号に乗り替えて

2019年8月、BMW120i sportを買いました。ビート号から乗り替えて1カ月ちょっと。ビート号に乗っていたころの感覚を忘れないうちに、感想を書いておきます。

120iで何が向上したかって、それはもう「荷物が積める」こと(笑)

車を買い換えようと思った出発点は、BMWに乗ることではなく「5ドアハッチを探す」ところだったわけで、やっぱ、5ドアハッチって便利だなあと実感しているところ。これは120iの感想ではないね。

長年、MTに乗ってきたので「自分はMTが好きなんだ」と思っていたけれど、軽トラの運転はあんまり楽しくなかったし、逆に、CVTでもパドルシフトのS660を試乗したら、すこぶる楽しかった。私はMTが好きなのではなく、自分のイメージ通りに加速することを求めていたようだ。

ビート号は車重が軽く、エンジンのレスポンスがいいので、出だしは速い。30mの競争なら、同時期に発売された初代NSXより速かったという結果もあるようで、信号待ちからのスタートは実に心地よい。小さなエンジンをびんびん回し、自力でハンドル操作をする感覚(ノンパワステ)。これはほかの車では味わえない。

120iはというと、こちらは8AT。ハンドルはもはや電気信号なので、自力で動かしている感覚はない。ただ、スポーツモードにすると、思い通りの加速をするし、CVTではなく8ATだから、シフトアップ&ダウンの感覚が明確にある。これ、割と楽しい。よく走り、よく曲がり、よく止まるということは、安心感もある。

家族や友人を乗せると「車高が低い」「乗降しにくい」と言われるけど、私は全く感じない。それどころか、車高は高いし、乗降もめちゃめちゃ楽。足まわりもかなりソフト。鬼嫁と暮らしていると、周囲の誰もが優しく感じるようなもの? あ、うちの妻は鬼嫁ではないよ(笑)

一番違いを感じたのは、長距離ドライブで疲れないこと。実家へ帰省するとき、全く疲れを感じなかった。追い越し車線での加速が十分以上にあるから、追い越せないストレスは全くなし。すっと追い抜いて、すっと戻る。この加速力は、間違っても煽り運転に使ってはいけません。

燃費は通常10~12km/L、高速時は16km/L。1.6Lターボ車では、かなり優秀だと思う。燃料代はビートと比べ、「ほんのちょっと」増えた感じ。

運転の楽しさでいうと、そりゃもう、ビートの方が楽しかった。ビートの楽しさを10とすれば、120iは6ぐらい。自分でぐいぐい操っている感はないし、拍子抜けするぐらい楽だから。「楽しい」と「楽々」は漢字は同じだけれど、感じることは全然違うね。

「どっちの方がいいか」と問われると、それはもう「どっちも持っていたい」なんだけども(笑)

まあ、今の自分の生活スタイルなら、120iは十分すぎるぐらいマッチングしている相棒だと思う。素直に「買って良かった」。

一つだけ、明確に感じる不満はアイドリングストップからの始動。レスポンスが悪い。かといって、アイドリングストップをやめるのは、環境問題を考えない頭の悪い人みたい。難しいところだ。

街中では、女性が運転している1シリーズをよく見かける。それなりに収入のある家庭で、旦那さんは高級輸入車。一緒にガイシャディーラーに行った奥様が「この中で一番取り回しのいいやつ」と、特にこだわりもなく買ったりするケースがあるのではなかろうかと推測する。

普段使いにはハッチゲートが買い物などに便利。友人を乗せる時には、普通に5人乗れる。衝突安全性も高い。FFコンパクトハッチに比べれノーズは長いけれど、運転しにくいほどのレベルではない。

ビート号を友人に勧めることはなかったけれど、1シリーズは、車に全く興味のない人にお勧めできる一台だなあと感じる。「駆けぬける歓び」を特に望んでいない人でも、運転中のストレスが少ないし、それとなく運転の楽しさを感じられそう。人生の中で「それとなく楽しい」ことって、実はすごく幸せなんだよね。

中古だとかなり割安なので、5ドアハッチ5人乗りの家族車をお探しの方、候補に入れてみてはどうかしら。

| | コメント (0)