備忘録

2010年12月27日 (月)

雪でスノウ(年賀状備忘録)

昨夜から降っていた雪は、朝には積もっていた。我・が・家・の・周・辺・で・は。天気予報の位置的には「広島県南部」のはずだけど、ちょっと山を登ると気候は北部っぽい。わが愛車、ビート号は、

1227yuki

隣りのオデッセイ号は、妻が早朝から上の娘を送るのに使ったので、既に雪化粧は取れている。窓周りの雪を落とし、いざ出社。思ったより道は混んでいなかった。雪を嫌って車を避けた人も多かったのかな。

年賀状づくりがほぼ終了した。県外の友人宛ては今日投函を済ませ、広島近郊分は明日投函する予定。郵便局は「25日まで」と言ってるけど、元日に届いてほしいなあ。私の過去の経験だと28日ぐらいまでなら、元日に届いていたみたい。民営化の影響なのか、ここ最近、かなり早めに出さないと元日に届かないし、宛て先不明で戻ってくるのが遅くなった。実家に元日に届いたかどうかが目安になるのでチェックしとこうっと。

年賀状関係の備忘録。

・通信面を印刷後、宛名面を刷ろうとすると面が汚れてしまう
たぶん去年も同じ理由で、宛名を手書きしたことを通信面を印刷した後、思い出した。今回、全体の1割分だけ宛名面も印刷。これが届いた人は当たり。おめでとう。通信面作りは意外と分かりやすい。以前はフォトショだけで作ってたけど、あれは無理があるわ。

・通信面・宛名面ともに「宛名職人」を使用
毎年、あれこれ試して、同じように失敗して、最後は「これにしよう」と戻ってくる。それが宛名職人。このソフトを使い始めた理由はただ一つ、Mac系の雑誌だかで無料版がオマケでついてきたから。最近の事情を知らないけど、以前はMacで使える宛名ソフトが少なかった。その後、製品版(Ver.13)を購入、今に至る。製品版を買ったのは、市町村合併の影響で、郵便番号を打ち込んでも住所を正確に表示しなかったから…だった気がする。現在はVer.17だそうで。住所録管理のためだけに、最新ソフトは必要ないなあ。

・無料素材は「MY EPSON」で
EPSONのプリンタを使い継いできたのは、これもMacとの相性を考えて。EPSON製品を購入後、MY EPSONに登録すると、無料素材が自由に使える。凝った作りにはしないから、干支の挿絵程度のイラストがあれば私には十分。以前はEPSONの無料印刷ソフト「カラリオ年賀」を使ったこともあったが、宛名職人の方が使いやすい。

・明るさ・コントラスト調整は控えめに
室内で撮影した写真は、明るさ・コントラストをフォトショでかなりいじった。結果、印刷してみると、何やら不自然な顔色になってる。残念。画面での見え方と、印刷後の見え方はかなり違う。色をいじる前に、小まめにプリントアウトした方がいいみたい。今回は妻から「別にいいんじゃない」とOKが出たのでそのまま通過。20代のころは「目のクマを消して」と言われ、ドットで修正してたのにね。歳を重ねると、人間ってものは変わります。

・用紙は高ければいいってもんじゃない
写真を印刷するなら光沢紙の方が美しくできると思っていたが、必ずしもそうではないらしい。元の写真がアレだと、できあがりもそれなりに(かつてのフィルムのCMみたい)。フジフィルム「マット仕上げはがき ファイングレード」ってのが気に入った。銘柄を忘れぬよう。

以上。

この日記は来年以降、私が何度も読み直すための完全保存版。大切なんですよ、こういうの。

1227chanpion

昼食は食堂でチャンピオン。つ〜かみ〜か〜けた〜♪ あ〜つい〜う〜でを〜♪

| | コメント (2)