独り言至極

2017年5月11日 (木)

村下孝蔵さんのこと2017

恐らく親しい友人でも、私が村下孝蔵さんを好きだってこと、知らない人もいるんだと思うんよね。っていうのも、

・好きな歌手を尋ねられたら「松山千春」って言う
・カラオケで村下さんの曲を歌わない
・自分の演奏でも村下さんの曲を歌わない
・村下さんの話をしない

カラオケで歌わないのは、盛り上がらないと思うから。演奏しないのは、難しいから。話をしないのは、そういう流れにならないから。

けど、このブログをさかのぼっていくと、割と村下さんのことに触れていて、特に命日の6/26に前後は多い。2011/6/21はしのぶラジオ番組の話、11/6/25は13回忌、昨年の命日は久しぶりに旧作を聴いていた話。

Img_8243

うちにある村下さんの音源はアナログばかりで、iPhoneにはアルバム6枚だけ。少しずつCDを買い足し、デジタル対応してる21世紀。ことしも命日が近づいてきて、旧作や新たなベスト盤、DVDなどを追加購入している。

「歌人」シリーズはベスト盤というか、セレクト集。今回買った「歌人撰集」の聴きどころは、ボーナストラックの「初恋デモテープ」。発売されたシングル盤と全く違う歌詞から始まり、少しずつ作り込まれていく様子が1コーラスずつ収録されている。一緒に作っていく過程に同席させてもらっているようで、楽しく、そして切ない気持ちになってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

あすの選択

顔見知りの市議さんの選挙カーが通ったので手を振ったげたら、マイク越しに「あ!」とか言われて面白かった。

続きを読む "あすの選択"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

じでんしゃ

下の娘はこの春から高校生。団地から麓まで自転車通学するつもりらしいんだけど。

…実は自転車に乗れない(笑)

っていうか、上の娘も、息子も自転車に乗ってるの、見たことないや。坂の上に住んでると、こんなことになっちゃう。

入学までの目標は「コケずに学校まで行く」こと。まるで小学生のごとく、公園で猛練習かな。高い目標だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

新聞は気持ちE

朝から、地元の中学校で3コマ連続の出前授業。「新聞の読み方」というテーマだというので、自己体験などを交えて話した。

昨夜、実家の母に用事があって電話したとき、その話をしたら「早口で喋らず、子どもにちゃんと分かるように話しなさい」って言われちゃった。

あのね、お母さんね、私、小中高大の授業から一般の人向けの講座、CATVのニュース解説、果ては結婚披露宴の司会までやってきてたベテランなのよん。親にとっては、いつまでも子どもなんだなあと思うて笑っとりましたけど。

今回、一番伝えたかったのは「新聞を読むのは、役に立つからでも、先生に強制されるからでも、試験問題に出るからでもない。ただ、面白いから」。

子どもたちが好きなYoutubeになぞらえ「皆さんは誰かに強制されて動画を見ますか。強制されて関連動画をクリックしますか。違いますね。私が子どものころから、新聞は情報の詰まった面白いものでした。だから勝手に読むし、関連動画を見るように、関連記事を読むのです」と伝えた。

中学生にはちょっと難しい言葉だけど「知的好奇心が満たされる」ってことだね。

加えて「新聞を隅から隅まで読む必要はありません。カープが気になるならスポーツ面。事件が気になるなら社会面。地元の人が載っているのは地域面。好きなところ、面白いところだけ読むことから始めましょう」ということを何度か、繰り返し言った。

また、新聞にはある程度、紙面に順番がある。1面はその日の大事なニュース、2、3面は内政面、次に外報面。投書や有識者が解説するオピニオン面があって、真ん中辺りに文化、くらし面。スポーツ面の後、地域面、社会面があって、最後のテレビ欄。

面白いと思うページを読もうとしたら、自然に紙面の順番が頭に入ってくる。社会面や地域面が気になる人は、テレビ欄から逆に読んでもどうぞ。「1面から読まねばならない」とか、硬いことをいうから読みたくなくなるんだってば。

--------------

RCサクセションの「キモちE」という曲に、こんな歌詞がある。

新聞読んでる奴より(中略)
だれよりもキモちE(中略)サイコー

新聞はキモちEのだよ。そして楽しいのだよ。通信環境の悪いところでYoutubeが入らない場所でも、新聞ならどこでも読めるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

東京タラレバ娘

ドラマ「東京タラレバ娘」2話まで見たよ。

ここ何年かドラマの評価って、出ている俳優よりストーリー優先の流れになってた気がするんだけど、さすがにこの配役はズルいわ。

吉高由里子カワイイ!、大島優子の顔が好き!、榮倉奈々がもはやフツーっぽく見えちゃう(笑)

こんな3人が、彼氏いない30歳の友達〜って、イヤミか!ってな設定だし、展開も読みやすいんだけど、なんかもう、そんな予定調和が心地よい感じ。

40年前の「花の中3トリオ」の映画を思い起こさせるような、誰に感情移入してもどうぞ、3人に言い寄るどの男になりきってもどうぞ、という全方位外交。

後世に残る名作にはならんだろうけど、仕事から帰って、一杯やりながらヘラヘラ笑って明日へ英気を養うにはサイコーかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

○○ファースト

「アメリカファースト」だとか「都民ファースト」だとか、世の中、ファースト流行りだけども。

私がプロ野球観戦にハマるきっかけをつくったのは「4番ファースト」の王さんだった。

…なんか、この流れで書くと、「4番ファースト」の意味が「4番が1番」ってことになっちゃうんで、なんのこっちゃワカランなるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

仕事と夢と現実と

朝から、子どもたちを相手に講演。新聞の作り方の概略を話した後、実際に文章を書いてもらったり、見出しを考えてもらったり。んで、「自由に質問」のコーナーで、不思議な感覚を覚えた。

続きを読む "仕事と夢と現実と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

ギャンブル好きですが

昨今、カジノ法案について賛否の意見が出ている。

続きを読む "ギャンブル好きですが"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

M-1 2016

昨年、M-1を見た直後の感想はココ→

ことしこそ、絶対に銀シャリに優勝してほしいなあと思っていたので、ホッとしたよ。

銀シャリのすごいところは、同じネタでも、ツッコミがどんどん進化していくとこ。ことしの決勝の「語源ネタ」は、準決勝でもやっていて(you tubeに動画あり)流れはほぼ同じなんだけど、決勝でのツッコミはさらにワンランク上になってるなあと感じる。

「舞台(高座)に掛けながらネタのクオリティを上げていく」ってのは、芸事の基本だと思うし、プロだなあと。

うちのバンドが毎回毎回同じ曲ばかり演奏しているのは、そういうプロの方々のやり方をマネしているわけです。。ホントか?

ってことで。

ことしは残念ながら2位に終わった和牛。このコンビもどんどんうまくなってるなあ。来年は、和牛に勝ってほしいと思う今日このごろ。あ、まだ、年内にはTHE MANZAIがありましたな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

4年目の「手帳は高橋」

昨年書いた「手帳は高橋」模索3年目の記事はココ→

来年の話をしたら鬼が笑うって言いますけども。そろそろ、来年の1月、2月の仕事の予定が入り始めたので、手帳を買った。

Fullsizerender_4

右が2016年用ティーズミニ(140×82mm)。左が新たに買ったティーズビュー7(146×91mm)。

1年目はスーツのポケットに入るようにと小さめの物を選び、その後も踏襲してきたけど、夏場は上着を着ないし、チェストポーチを愛用するようになったので、もう少し大きくてもOKになった。

1月始まり、月曜始まり、週間:見開き1週間セパレート式、月間:ブロック式は、すべてティーズミニと同じ。別冊付録に郵便料金表を収録。これも2016年版で、便利なことが分かった。

「1月始まり」とあるけれど、11月最終週から始まっているので、早速、来週11月28日から使い始めるとする。

おまけ。レジでの話。

「袋はいりません」と伝えたら店員さんは「じゃあテープ貼りますけどいいんですか?」ときたもんだ。あー、またこれかぁ。

今からまっさらな手帳を使おうってときに、テープ貼られたらヤですよ。テープを剥がすときに表紙が汚れたりしたら、もう、来年迎える前から気持ちがダダ下がりやん。接客マニュアルなんだろうけど、そこはもう少し柔軟に対応していただけたら嬉しいな。

「レシートもあるんで、このままバッグに入れたらダメですか」と言ったら「…ま、いいです」と、やや不満げな店員さん。なんか、私の方が「わがままな客」の構図になってるぞ、これ。。。もったいない精神がアダとなってるなあ、完全に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧