コネタマ参加

2010年4月 2日 (金)

アニメに出てくる食べたい物

ブログネタ: アニメに出てくる「食べてみたい!」と思う食べ物は?参加数拍手

これは一も二もなく「ギャートルズに出てくる肉」。だって小学4年のころ、当時の親友ヒロシ君と下校しながら「ギャートルズに出てくる肉って、口で噛んだらびよ~んって伸びて、おいしそうだよね。もし本当にあったら絶対食べたいね」と(本当は佐賀弁で)、いつも話していたんだもん。ギャートルズ肉語り歴30年。

002_2

そういえばちょっと前、骨に肉を巻き付け、ギャートルズに出てくる肉を「再現」して販売したところ、即完売したという記事を読んだ。同じようなことを考えている人って世の中にはたくさんいるんだなあと思った次第。

ただ、「再現」といっても、アニメはあくまでアニメ。この世に出てきた時点で、憧れの品じゃないし、そもそも再現品はマンモス肉じゃないしなあ。

私の中では、ケンタッキーフライドチキンのように表面の皮に弾力があり、それでいて中の方はしっかりと食べ応えのある肉、というイメージ。このイメージを壊さないよう、いつまでも「食べてみたい!」という思いだけに留めることにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

120周年に乾杯

私が勤めている新聞社は来年、創刊120年を迎える。今から120年前といえば、1890年。どんな時代だったのかなあ。今、話題の坂本龍馬の没年が1867年だから、それから23年後。大日本帝国憲法の施行がちょうど1890年。日本が近代化を進めていた時代だ。そんな中、日本の各地で、新たな思いを持った人たちが新聞を発行していたのかもしれない。

新聞は120年間変わらずに発行してきたわけではない。創刊当時のページは数ページで、レイアウトも今とはかなり違う。そして、第二次世界大戦中は自由な発行ができず、こと私がいる新聞社は原爆により、大きな打撃を受けた。

そんな120年前から変わらぬおいしさを伝えてきているのが、ヱビスビール。簡単に120年というけど、すごいことだなあ。以前は「麦100%以外のビールなんて飲まない」なんて偉そうなことを言い続けていたけど、今の我が家のメーンは発泡酒。最初、発泡酒を飲んだ時、妙な味がすると思っていたものの、品質が上がったのか、舌が慣れたのか、意外に悪くない。特に、食事と一緒の時は、発泡酒の軽さがメリットになってくる。

けどやはり。贅沢しようと思う時は麦100%のプレミアムビール。特に、ヱビスビールはプレミアムの元祖中の元祖でしょう。冷奴か何か、淡い味のちょっとしたアテだけを用意し、ぐびぐびとビールを主役に飲む。これ、幸せなひとときですなあ。

といわけで。

このエントリは「シルクヱビスのプレゼントが欲しいっ!」という下心満々で書いたとさ。うまさで120年、本当におめでとうございます。心から祝福してますんで、ビールください(笑)

ブログネタ: ヱビスはうまさで120年!ヱビスへお祝いコメント大募集!参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

ベスト大河は「山河燃ゆ」

コネタマ参加中: あなたのベストオブ大河ドラマといえば何?

先週に引き続き、コネタマに参加してみましょう。「大河ドラマ=時代劇」と思っている人も多いのかなあ。事実、「女太閤記」とか、夢中になって見てた子ども時代。

けど。

私のベストオブ大河は文句なしに「山河燃ゆ」。山崎豊子の「二つの祖国」を原作とした、太平洋戦争を挟んだ時代の日系人兄弟や家族の悲劇を描いた物語。

まずは、キャストが最高。主役の天羽兄弟では、アメリカ側につく兄・賢治が松本幸四郎、弟・忠が西田敏行。アメリカ寄りの日系兵チャーリーは沢田研二。天羽兄弟の父は三船敏郎、妹は柏原芳恵。このほかにも、賢治の妻・エミーは多岐川裕美、幼友達は島田陽子、 エミーの母は塩沢トキ。賢治の過去の恋人は大原麗子で、外国人店員にアグネス・チャン、ちょい役にブレイク前の渡辺謙。全員が、今の邦画で主役級ですよ。これだけのキャストを集めて、近現代史を題材にドラマを作ったら、重厚で最高にならないはずがない。

次に、舞台となった時代が最高。私が時代劇より近現代史が好きになったのは、この作品を高校1年の時に見たからといっても過言ではない。劇中、日米の狭間で苦悩した人と同世代の人は、このドラマが放映された当時、まだ多数が存命。つまり「テレビの中のこと」と同列の経験をした人が、自分の身近にいるということ。何となく遠い存在だった「歴史」の授業が、一気に身近に感じられるようになった。

さらに個人的なことでいうと「極東国際軍事裁判」なるものが映像化されたのを初めて見たのがこの作品。今も、右からだったり左からだったり、色んな極東軍事裁判モノが出れば、自分の目で確かめようと思うようになったのは、この作品を見たからだと思う。

大河ドラマには珍しく、主人公が架空の人物なので「大河ドラマは歴史の勉強になる」と信じている人には不評だろうし、昨今の「大河ドラマの舞台になれば、町おこしになる」と考えている人にとっても無意味な作品かもしれない。けど、実在の歴史上の偉人を主人公にした大河だって、人物設定は脚本家の意のままに改変されているし、こういう一般人が歴史に翻弄され、そして歴史をつくってきたのだと考えると、その持つ意味は少なくないと思うのだ。

ビデオ化、DVD化はされていないらしい。ジュリー演じるチャーリーが暴漢に刺され、鉄格子の前で「今夜はアンラッキーだぜぃ」と言いながら息を引き取るシーンとか、私の脳内録画にはしっかりと残っている。今こそ是非、その歴史観を映像化してほしいな。

|

2009年7月13日 (月)

あ、それ? 昔からやってましたよ

コネタマ参加中: 冷やしカレー!?『冷やし+温かいもの』はアリだと思いますか?

ブログは自分の好きなことを好きな時に書こうと思ってるんで、コネタマに参加することはほとんどないのだけど。設問のネタが私にとって思い出深いことに繋がること、そしてこのネタを募集しているTBSラジオ「キラ☆キラ」の小島慶子さんの声を、いつも久米宏さんのラジオ番組で聴いていたという縁(?)があったということで、珍しく参加。

「冷やし+温かいもの」はアリやナシやというテーマだけど、その答えは「めっちゃアリ」。最近静かなブームになっている「朝カレー」と合わせ、私の経験を書いてみる。

今から30年ほど前、私はまだ小学生。母の作るカレーが大好きだった。できたての熱々カレーをご飯にかけると、染み込むように入ってくる。カレーの初日はまず、そのままの味を楽しむ。

我が家は毎日、朝からご飯を炊いていた。翌朝、まずは熱々ほっかほかの白飯を皿によそう。その上から、一晩寝かせ、冷たくなったカレーをかける。母がカレーの鍋を温める前に、ね。前夜とは打って変わり、とろみの増したルウ。このルウが温かいご飯の上で、少しずつ柔らかくなりながら、ご飯の熱を奪いながら皿の上で馴染んでいく。

「冷(さ)めてもおいしい」物って、本物なんだろうなあ。「冷(ひ)えたもの」と「冷(さ)めたもの」って1文字しか違わないけど、本質的に全く違う。ここ、意外と大事。

「温かいご飯+冷めたカレー」という食べ方を始めたきっかけは覚えてないけど、40歳を過ぎた今も、妻が作ったカレーを翌日温めずにご飯にかけたり、レトルトカレーをそのままかけてみたり。これとは逆に家から弁当箱にご飯を詰めていって、冷たい飯に、社員食堂で温かいカレーをかけてみたり。。。何でもやってみればいいってもんじゃないって、分かりました。

今日のタイトル「あ、それ? 昔からやってましたよ」に戻ると。「温かいご飯に、前夜の冷たいカレーを乗っけたらおいしいよね。朝ご飯でもOK」ってことをこれまでも言い続けてきた私の立場を、このご時世に乗って認めてもらっとこうかしら。今から20年ぐらい前(当時学生、自分でカレー作ってました)、この言葉を言うと「はぁぁぁぁ???」というリアクション多数、ほとんど全否定。ようやく、今はね。時代が私に近づいて来たと思いますよ。

けどねえ、私の趣味って偏ってますからねえ。他人には勧めませんが、本物志向の人は試してみてつかぁーさい。うまいけぇのぉ。そんなことをいいつつ、最近のそゆブームって「ワシしか知らん楽しみ」が奪われたようで、少しだけ寂しい。少しだけ。

|

2009年5月20日 (水)

やっぱ字幕ですな

このブログは、自分の身の回りの出来事とか、趣味とかを好きなように書いているだけなので、共通のお題で何かを書くとかいうことに参加したことがない。けど、「コネタマ」ってとこを読んでいると、映画を字幕で観るか、吹き替えで観るかってのがテーマになっている。おぉ、これだったら私の趣味とも絡むので、いっちょ参加してみっか。

私が映画を観る時は、ほぼ必ず字幕。英語のヒヤリングができるわけじゃないけど、俳優のセリフ回しとか、本人の言葉で聞きたい。多少、聞き取れなくても(ほとんど聞き取れてないが…)、吹き替えだと、映画本来の味わいを失ってしまうような気がする。

ただ。セリフの多い映画だと、ひたすら字を読み続け、映画そのものを楽しめていないと感じることも、たまにあるかな。吹き替え版で観て(ビデオだけど)印象に残っているのは、ティム・バートン監督の「ビートルジュース」。主役の声を西川のりおがやっていて、本来の味(マイケル・キートン)とは全く違うものの、ドタバタ喜劇ぶりが増して、独自の作品みたいになっていた。

私は「24」は全然見たことないんだけど、吹き替えのものまねを何十回とテレビで見てしまった。もし見る機会があるなら、この場合は吹き替え版を選ぶと思う。私の中では、吹き替え版の方が本物、みたいにインプットされてしまってるんだもん。

--------------------------

コネタマ参加中: 映画、あなたは字幕派? 吹き替え派?

|