愛車ビート号

2017年4月23日 (日)

LEDライセンス灯取り付け

ビート号いじりで、早急に対応しなければいけない箇所が見つかった。

00

↑ライセンス灯の取り付け。12年前、字光プレートに変更した際、取り外したはずなんだけど、どこにやったか分からなくなってしまった。今回、光らない白ナンバーに変えたので、ライセンス灯がないと車検に通らない。

純正は2,500円程度の高価ではない部品なので、ディーラーに注文しようとしたら既に廃番。あちゃー、そうだよなあ、ライセンス灯を取り外すなんて、ほとんどの人がやらないだろうから。

NBOXとか、他車のやつが使えるんじゃないかとも思ったのだけれど、ネジ穴の位置が合わなかった。仕方ないなあ、自作しましょう。

01

02

↑用意するもの。ヤフオクで見つけた汎用LEDライセンス灯(送料込1,187円)、M3ネジ(158円)、一文字継手ステンレス平型(208円)。ステンレス平型をステー代わりにして取り付ける作戦。M5ネジは使わない。買ったけど。

03

↑取り付け前に。落札品には「追加の防水処理を」とあったので、背面をバスコークで埋めた。LEDの寿命がきたら、丸ごと交換しなくちゃいけなくなったわ。まあ、寿命は数千時間とのことなので、その時がきたら考えましょう。

04

05

↑ナンバープレートを外し、電源を持ってくる。赤い方が電源(プラス)、黒い方がアース(マイナス)。純正カプラーは使えないので、切断してポイ。

06

↑エーモンのギボシを取り付け。オス、メスは「電源側にメスのギボシを取り付ける」のが基本だそうだ。理由は、メスの方が金属部分がむき出しにならないため、ショートする可能性が低くなるから。

この電源ケーブル、以前の字光プレートとエレクトロタップで繋がっていたため、一部に被膜がなくなっている。ギボシ取り付け後、絶縁テープで保護しといた。

06_2

↑今回活躍したのが、電工ペンチセット。LED取り付けなどでは必要な工具。カー用品店などで2,000円ぐらいで販売中。

07

↑完成。取り付け時、ライセンス灯の角度をつけるため、失敗してつぶれたギボシをステーと一緒に挟み込んだ。うまくいっていればいいけど。

08

↑夜を待って点灯試験。あはは、わし天才かも? 想定以上の明るさと角度。

とりあえず実用性は確保した。あとは、車検時の検査項目の再確認。「後方○メートルからプレートの文字が見える」とかいう規定だと思うのだけど、ひょっとして、ライセンス灯の位置などについて細かい決まりがあるかもしれないし。

純正ライセンス灯が付いている車(というか、ほぼ全ての車)の所有者には、全く何の意味もない工作でしたね。純正ライセンス灯があれば、LED化はもっと簡単。中の球を入れ替えるだけ。100円ぐらいでできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

ビートに社外ウーファー

ことしに入って、急加速しているビート号のオーディオ環境向上計画。これまでにやってきたのがビートのドアスピーカー交換、ビートでDVDその1その2。んで、スカイサウンドスピーカーいじりその1その2その3

スカイサウンドスピーカーはトゥイーターを含め6個を社外品と交換。ドアスピーカーも純正サイズのCarozzeria16センチに交換した。8スピーカーが復活し、カーオーディもタッチパネルの2DINになった。

ってことで、残るはウーファー。壊れていた純正ウーファーは既に売却してしまったので、社外品を導入することにした。

Img_7985

↑CarrozzeriaのTS-WX120A。「パワーはないけど小型が魅力」というレビューが多かったので注文してみた。「小型」といいながら、ビートの場合はこの小ささでもシート下には入らない。

実売12,000円前後。カーオーディオFH-9200DVD(約35,000円)を注文した際、期間限定を含め8,000Pほどがやってきて、ほかにもあれやこれやで1万P以上。期間限定Pは2週間ほどしか有効期限がないので、このウーファーに照準を定め、「5の付く日」でさらにポイントが増える15日に注文。ほぼ無料でやってきたよ。

Img_7988

Img_7989

例によって、オーディオコンソール、センターコンソール、リアコンソールを外す。

システムリモートコントロール用に「2A以上とれるアクセサリー用端子に配線」とあったので、純正用ウーファー用のカプラーから線を取った。

もう一つ、電源を取る際「車両ヒューズユニットを通した後の10A以上とれる常時供給電源端子に配線」をどうするか思案。マジェンダ、タンジェント。「ウーファーはバッ直(バッテリー直結)」という人も多いのだけれど、そこまで必要ない気もするし。ということで、

Fullsizerender

ヒューズから電源を取ることにした。常時電源で、落ちても走行に支障のないヒューズといえばフォグランプ。運転席足元右にあるヒューズボックスのフォグランプのところを「ヒューズで電源」に交換。約400円。

Img_7992

↑リアコンソール位置から引っ張ってきた電源用ケーブルをギボシで繋ぐ。後はハンドル下からケーブルがはみ出さないよう、すべて仕舞い込む。

Img_7991

ウーファーは運転席裏に仮置き。とりあえず、鳴るようになった。腹に響くような「ドゥンドゥンドゥン…」までは求めていなくて、きちんとベース音が「ある」レベルを目指していたので、ちょうどいい控えめさかな。

配線むき出しはかなり不細工。時間があるとき、ウーファーの設置場所の確定も含め、配線収納用の工作はゆっくりやることとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ウインドディフレクターの威力

この2月、オークションで手に入れ、ビート号に取り付けたMR-Sのウインドディフレクター。仕事で走るときにはほとんどオープンにしないので、その実力を確認しないまま、時間が過ぎた。

Img_7973

昨日、晴天の三倉岳への取材。往路は仕事モードなのでクローズで向かったけど、取材後の復路はプライベートモード。久々のオープンドライブを楽しんだ。

何だか、申し訳程度にシート裏に立っているボード。こんな物がどれぐらい役に立つのかと半信半疑だったのだけれど。

これはいい!

髪の毛をぐるぐるかき回すような、後頭部からの風の巻き込みがほとんどない。巻き込まな過ぎて、味気なささえ覚えそうな、キリッとスキっと純米酒。ワイルドに風を感じたいときは、ディフレクターを寝かせればいい。

たまに、この部品のことを「ウインドウディフレクター」と表記している人がいるけど、wind(風)のdeflector(偏向させるもの)であってwindow(窓)じゃないからね。そもそも、windowの語源がwind(風)をow(除く)という意味らしいから、window deflectorだと「頭痛が痛い」的な表現になっちゃいます。そこんとこよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

TYPE Rのマスターキー

ビート号のマスターキーをチビらせてはいけないと思い、街のスペアキー店で作ったキーをずっと使ってきた。

キーレスエントリーを入れようと計画していて、できればリモコンスイッチ付きのキーを彫りたい。そのためにはマスターキーが要る。さて、どこに保管していたんだっけ…まあ、この際だから新しいマスターキーを作ってみとくか。

ビートの時代は、キーシリンダーにマスターキーの書かれているのと同じ4ケタの数字が刻印されており、マスターを紛失しても数字さえ分かれば、新品のマスターキーができるのだという。トランクのシリンダーを外し、番号を確認。ディーラーの注文した。

Fullsizerender

↑せっかくなので、TYPE Rにしてみた。軽トラのアクティーなどと同じ純正のブランクキーは500円ぐらいなのに、TYPE Rは5,000円以上する。キーを彫ってもらって6,000円ちょっと。

面白がって注文してみたけど、マスターキーはあくまでスペアを作るための物であって、普段持ち歩くわけじゃないんだよなあ。なんか、ムダな出費をしたっぽい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

ビート白ナンバー化

ビート号が白ナンバーになった。

Img_7936

ボアアップで700CCにして、ワイドボディ化、衝突安全性も普通車並みに強化。何度も何度も改造申請の書類を持ち込んで…

…ってなことをしたわけではありませ〜ぬ。ただ、ナンバーが白くなっただけ。軽自動車登録なのは、これまでと同じ。

カラクリを知りたい人は「軽自動車 白ナンバー」で検索してくだされ。今月から始まった企画ですよ。

前回、ナンバープレートを換えたのは12年前の2005年4月25日。それまで島根ナンバーの2ケタ種別だったが、所在地として登録していた支局がその年の3月で廃止となり、他人の家に登録したままではまずかろうと、広島の自宅に変更することにした。

3ケタ種別の広島ナンバーに変わったついで、字光プレートを選択。実際に間近で字光プレートを見ることができ、満足した。そのプレートも、干支が一回りするうち、表面のコーティングが剥がれ、カッコ悪くなってしまった。字光にも飽きてきたし。

そんなとき、ふと見つけた白ナンバーへの変更。ちょうどいい機会だったわ。

前回、軽自動車ナントカ協会を訪れた2005年4月25日。この日はJR福知山線の脱線事故が起きた日で、ロビーのテレビでその様子をずっと見ていた。何が原因なのか分からなかったが、とにかく大変なことが起きたことだけは分かった。プレートの交付までかなり長時間待たされたのだけれど、ずっとテレビを見ていたので、待たされた感覚はさほどなかった。

今回、最初の窓口で判子をついてもらい、次の提出窓口で別の用紙を受け取る。プレート受け渡し窓口に行き、古いプレートと交換し、終了。その間、10分もかからなかった。窓口対応がソフトになり、隔世の感あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

フォグランプのLED化

その前にから続く。

ハロゲン純正のフォグランプをLED化しようと考えたのは、明るさ重視ではなく、デイライトへの活用。日中に使いたいので、消費電力はより少なく、相手がこちらを認識さえしてくれれば、明るさはあまり求めない。

んで。

1_3

↑バンパーを外し、中から見たとこ。フォグランプの球を交換するだけなら、バンパーを外すことなく、前からでも可能。

3_2

↑黒い線を+に繋ぎ、赤い線を-に繋いでと。実は作業中、変な風にコードを接触させてしまい、ランプがつかなくなった。案の定、ヒューズが飛んでいた。こんなとき、ヒューズは役に立つのね。

フォグ用は15A。予備が最後の1個になっていたので、4個入りを買ってきた。1個か2個あれば済むんだけど、4個からしかなかったので。

4_3

↑ネジを新品のステンレスに交換し、上から被せるカバーのネジも新品に。チラと銀色が見えてしまうのは、賛否あるかも。カッコ悪いと感じたら、ネジ頭を黒く塗装しよう。

5_2

↑LEDフォグランプを点灯。うむ、ちょうど予想通りの暗さ…いや、明るさ。こんな感じのが欲しかったのよ。純正ハロゲンより、ちょっと暗いかな。照射エリアも狭いように感じる。

ビート号はフォグのスイッチを入れると、スモールと計器類のライトも一緒に自動点灯する。デイライトとして活用するなら、フォグのスイッチはフォグだけ点灯するように変更したいなあ。なお且つフォグだけ点灯していても、ドアを開けたらライト消し忘れアラームは鳴ってほしい。

配線を確認して、あまりにも作業が難しそうなら諦めるわ。

もしくは、イグニッションスイッチと連動して、本物のデイライトのように自動で点灯消灯するようにしてもいいんだけど。ただ、フォグランプの自動点灯が保安基準で認められているのか分からないので、そっちの方も調べておかなきゃだわ。

…と。まるで「LED化」の作業がすべて完了して次のことを考えてるみたいな結びだけど。実は、助手席側の固着したネジ1個は、この記事を書いている時点ではまだ外れていない。なんとかする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

フォグランプのLED化・その前に

最近、日中でもヘッドライトの一部を常時点灯する車を見掛けるようになった。調べてみると、デイライトランプなどと呼ばれ、イグニッションスイッチを入れた時点で自動点灯し、EUや米加などでは義務化されている国も多いそうだ。

ビートは車高が低く、相手から見えにくいので、天候の悪いときなどは日中でもヘッドライトを点灯し、認識されやすいようにしている。けれど、日中のヘッドライトは消し忘れと思われることも多く、通行人がわざわざランプを指さしたり、パッシングされることも。

安全に走行するために、デイライト的なものはできないだろうか。…と考えているときに思いついたのが、フォグランプの活用。ビート号には純正のフォグランプが付いてるのだけど照射距離が短く、ほとんど実用性を感じず、ほぼ使ったことがない。登録から26年になるのに、ハロゲンランプが切れていないのはそういうこと。

フォグ位置のランプをLED化し、デイライトに使ってみるのはどうだろう。省電力化と一石二鳥。

ビートのフォグランプのバルブはH3。ヘッドライトの702Kと違い、H3は汎用品が多く出回っている。通販サイトで「暗くて見えにくい」と評判のLEDバルブを発見。そうそう、ちょっと暗いぐらいがちょうどいい。送料込み2,480円とリーズナブル。

1

↑とりあえず、どうなっているのか分からないので、バンパーを外してみる。

2

↑バンパーを外し、ナンバープレートも外す。ムダに字光プレートにしているので、

3

4

5

↑配線などが煩雑。ま、全部外す必要はないので、プレート内をチェックし、ぶらぶらさせといた。この内部もかなり老朽化してきてるねえ。10年以上経過するもんなあ。「軽の字光プレートを間近で見る」ことを実現するために入れたんだけど、思ったほど数字はきれいに光らないし、飽きてきた。近いうちに取り外す方向で検討中。詳しいことはあらためて別項で。

7

↑さっさとハロゲンバルブをLEDに付け替えようかと思ったのだけれど。ボディ下部のバンパーを留めるボルトやら、ハロゲンランプ周りのネジの錆がひどい。特に、

7_2

↑ハロゲンランプの下側がひどい。なんだこりゃ、島根で見た銅鐸の出土品より、原型をとどめていないではないか。笑っちゃうなあ。固着してたので、ネジザウルスで強引に回した。

6

ただ、助手席側の1本だけが、固着具合がひどすぎてどうにも外れない。とりあえず、外れなかった最後の1本を除き、今後のためにステンレスネジに交換。バンパーを留める六角ボルトもついでに交換した。

4_2

↑うむ、見た目も良くなったし、今後の作業も楽になるだろう。

2_2

↑カバーも黒樹脂復活剤(CARMATE)で磨いた。

きょうのところはフォグランプの中までたどり着けず。ぼちぼち、時間のあるときに作業していきましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

スカイサウンドスピーカーいじり・その3

その2から続く。

オープン戦隊ビートマンのスカイサウンドは、8スピーカーが勢ぞろいして力を発揮することができる。ところが、地球征服を狙うシンシャーウリ隊が送り込んだ機械獣ケイネンレッカーの攻撃を受け、7スピーカーが息を引き取り、残りは1スピーカーに。

ビートマン生みの親の本田博士は既に他界した中、開拓者、ピーシーブヒンヤが協力し、6スピーカーまで復活することができていた。完全復活まで、残り2スピーカだ!

ってことで。

残る修理はトゥイーター2個。関西に行ったついで、小型スピーカーを探して、フィルムコンデンサを噛ませてから再接続しようと計画してたんだけど。「新古車のレガシーから取り外した純正トゥイーター ジャンク品」なるオークション品を発見。大きさがほぼ同じだったので入札。競合者なく500円で落札。

8

上が壊れた純正トゥイーター、下が落札したレガシー用純正品。何となくうまくいきそうなサイズ。

10

↑左が純正、右がレガシー用。ケーブルを挿す突起物さえ干渉しなければいいんだけど。

最近のスピーカーって、半田付けしたケーブルが剥き出しになってたりしないんだよね(当たり前だ!)

6

↑ビート号から下ろしたスカイサウンドスピーカー。右端のトゥイーターの位置が空いてます。春日のココ、空いてます。

7_2

↑ツメを壊して蓋を開け、配線を確認する。最近、エアコン吹き出し口とか、あちこちのプラスチック部品のツメを壊してしまっていて、躊躇しなくなってきた。

4

↑コードを半田付け。先日カーオーディオのFH-9200DVDから切断した若草色のコードを流用。うん、ちょうどええ。ミドルレンジの真ん中のスピーカーに、+側同士、-側同士を半田付け。このスピーカーに+-表示はなかったけど、トゥイーターはコンデンサが付いている方が-端子。乾電池を繋いでのチェックもした。

3

半田付け、ネジ留めも終わり完成。「ほぼ同じ」大きさだと思ってたけど、まるで測ったようにピッタリにハマったわ。

1_4

↑ビート号に設置、曲を鳴らしてみた。うわぁ~、中音から高音までシャワーのように、しっかり鳴る8スピーカーが完全復活したではあ~りませんか。わし天才かも(笑)

スカイサウンドスピーカーの修理はこれでほぼ完了。中古部品と格安スピーカーの流用で、ここまでできたというのが嬉しい。

最後に残る音響機器は、低音を担うウーファー。壊れた純正品は売却してしまったので、もう修理はできない。Tポイントが貯まったところで、Pioneerの小型ウーファーを手に入れようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

ミラーにハイドロテクト

最近の車のミラーは、最初から防滴加工が施されていたりして、見やすくなっている。それにひきかえ、ビート号のミラーときたら…。「滴をつける」設計になっているのか、雨の日の見えにくさったらありゃしない。

親水系、撥水系、ガラコやら、カーメイトやら、色んな物を試してみたけれど、アレを超える物は見つからない。「アレ」とは、10年以上前に一度使ったTOTOのハイドロテクトフィルム。驚くほど見えるフィルムだったのだけど、表面に傷がついたときに剥がしてしまった。また買えばいいやと思っていたら、まさかの廃版。あんなに優れものなのに…

1

2toto

↑ふと思い立ち、ヤフオクで検索してみたら。デッドストックの出品があるじゃないですか! 即落札。

3

4ok

↑フィルムは四角なので、まずはミラーで型取り。トレーシングペーパーがあれば楽だけど、普通のコピー用紙でも可。

5

↑台紙から剥がしたフィルムとミラーにスプレーで水を噴き、ざっと位置合わせ。フィルム側には糊が付いているようだけど、じゃぶじゃぶに濡らしているので、するする動く。

6

↑保護フィルムを重ね、ヘラで水をかき出す。濡れているので、気泡が見えにくいんだよね。何カ所か残ってしまった。ま、いっか。

7

↑はい、貼り付け完了!…ってなわけにはいかない。何だか曇っているでしょ。けどね、これは失敗したのではないのです。

続きを読む "ミラーにハイドロテクト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

ビートでDVD・その2

こちらから続く。

ビート号のカーステをPioneerのFH-9200DVDに積み替えたものの、コンソールが干渉してDVDの挿入口が開かない。さてと、修正作業に入りましょう。

Img_7645

↑見た目は何の問題もない、いやむしろ、ピッタリとハマってカッコいい。でもこのままでは使えない。

Img_7648

↑エアコン吹き出し口のツメを壊したおかげで、取り外しが楽になった。取り付けはDIYの強い味方、強力両面テープが活躍する。

Img_7650

Img_7652

↑コンソールから取り外し、モニターの開き方を確認。なるほど、スライドするように下に移動すると、ディスク挿入口が現れるわけだ。んで、シフトノブを1、3、5速に入れるとぶつかるので注意。ディスクを入れ替えるときは、シフトを2、4速 or Rにしよう。

Img_7654

↑オーディオコンソールの下側がピッタリすぎることが分かったので、紙やすりでごしごし。2mm程度削ればモニターの開閉ができるはず。あまり削りすぎて余白が広くなりすぎてもカッコ悪いしね。慎重に。

Img_7656

↑たぶん、こんな感じで大丈夫。何度も付けたり、外したりの繰り返し。削りすぎたら後戻りできん。

Img_7657

↑ハーネスを取り付け、オーディオを助手席に載せて、再生とモニター開閉のチェック。余談だけど、純正オーディオと純正ハーネスの場合、ケーブルは必要最小限の長さしかなく、こういう状態で再生はできない。ケーブルが長いと、中でごちゃごちゃしてしまうけど、こういう作業のときには欠かせない。

Img_7658

↑前回、作業をせずにいた若草色ケーブル。これをサイドブレーキのプラス側ケーブルと繋ぐことで、ブレーキを引いたときだけ画面が映るようになる。ほったらかしにしていると、常に画面が映らない。

ちょっと間違えて、黒ケーブルのアース線と若草色のケーブルを一緒に締めた。間違えたので、サイドブレーキの上げ下げと無関係に画面が映るようになった。間違える人は自己責任で。走行中の操作や画面の凝視は危険です。

むき出しのアース線は、絶縁テープで巻いといた。

Img_7659

↑DVDの再生ができるようになったよ。映像は2013年のザ・タイガースの復活ライブ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧