愛車ビート号

2017年3月25日 (土)

ELパネル付きメーター装着

ビート号のメーターが見えにくくなったのでELパネルを装着したい。さらに、登録から約26年が経過し、ビス類やコンデンサ一式を交換するオーバーホール(OH)もしたい。

ただ、ELパネルを自分で装着する場合、ちょっと間違えるとメーターを壊しそう。メーターのOHも、作業のために外している間、代替メーターが必要。無料貸し出し品を取り付けたとしても、2台のメーターがいったりきりする送料が意外と掛かる。

ということで、

1el

↑ヤフオクでELパネル付きメーターを落札してきた。

ちょうど背景白の欲しいパネルの色で、純正メーターと同価格帯の2万円ちょっとで落札できた。これをオーバーホールに出し、戻ってきて取り付けた後、現在付いているメーターを同価格で売却できれば、ELメーターをタダで手に入れたのと同然になる。うふっ。

2月末に落札し、OH屋さんに送った。約3週間の作業を経て本日、到着。待ち遠しかったよぉ~。ELパネルの配線もメーター内に付けてもらったので、あらためて電源を取る必要もない。OH費用は送料合わせ約1万5,000円。

1oh

↑配線はこんな感じ。インバータも内部に取り付けてある。さすが、プロ!

2

↑さて、作業を開始。トランクを開けてバッテリのマイナス端子を外す。上から下から作業できるように幌も開けておこう。最近、オープンエアを楽しむことはほとんどないけど、こういうときにオープンカーは便利だね。

3

メーターの取り外しは、フロントガラス側のジャバラ下にビス1個、アシスタントライトの左右にビス1個ずつ。さらにハンドルコラムに4個。ハンドルコラムの下部を外した後、メーターを留めているビスが右に1個、左に2個。すべてプラスドライバーオンリーで作業可能。

5

↑メーターの後部4箇所を六角レンチで外し、中のカプラ2個を外した。脱着の「脱」はとりあえず終了。ハンドルの前がスッキリ。ここまで約15分。な~んだ、割と簡単な作業じゃん(と、このときは思った)。

5_2

↑新旧のメーターを並べてみた。手前が新、奥が旧。ここ、とても大切なとこなので拡大してみると。

6

↑どちらも走行距離は「179000」kmを示している。OHに出す前のメーターは177,500kmぐらいだった。1カ月後の走行距離を想定し、179,000kmに距離合わせを注文。同距離になるまでその辺を走り、ピッタリになったところで作業を始めたのだよ。

メーターを自分で交換したので、中古車業者的には「走行距離不明」。全塗装もしているので「事故歴の可能性あり」とされることがあるらしく、一般的な中古車市場に出すと「すこぶる怪しい車」。でもいいのさ、ビート号を下取りに出す予定は一切ないから。仮に手放すことがあったとしても、そのときはビート好きへの個人売買になるんじゃないかな。

ってなことで、市場的には「走行距離不明」になっちゃったけど、現実には全くこれまで通り、走る分には何の問題もない。

あ、一つ、これまでと違うことといえば、メーター誤差を修正してもらった。通常、スピードメーターは60km/hを差していても、実測では57~58km/hと低いことがほとんど。たぶん「実測値よりメーターを高く表示する」ことで、メーター誤差によるスピード違反が出ないようにするためじゃないかな。

ってことで、メーター誤差がなくなり、これまでと同じ速度表示でも、数km/h速く走ってるってことだ。

「脱」に15分だから「着」も15分程度で済むと思いきや。ハンドルコラム下のビスがなかなか入らない。1時間以上格闘するうちに日が暮れ、途方も暮れてきた。外は真っ暗。あぁ、部屋の明かりが当たる場所にビート号を移し、作業を続けよう。

そしたら、すぐハマった。原因はビスの角度。ハンドルコラムの傾斜に錯覚し、斜めから入れようとしていたのだけど、実際は地面から垂直に差し込まねばならなかった。原因が分かると簡単だね。

7

↑ってことで、ELパネルが光っております。あれ? 6,000~7,000r/minのとこ、傷が入っているのか、黒ずんでる。出品時には「黒ずみは汚れだったので落ちました」って書いてあったのに。ちょっと残念。

8

↑このELパネルには2色切り替え(青系、緑系)と広量の調整機能が付いている。運転中、まぶし過ぎないようにできて便利。それと、距離表示を見てくださいよ。しっかりと数字が見えるようになったではあ~りませんか!

ビート号の現代化計画がまた一歩、前進した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

マスターキー注文

昨夜、宮園の自宅へ。家族5人で外食しようという計画だったのだけれど、下の娘が体調不良。仕方がないので4人で買い物に出掛け、ゆめタウンのフードコードで軽く夕食。「広島焼き」なるモノを食べてみた。お好み焼きに似てる。

そういえばきょうは20日、はつか。廿日市ではつかを迎えた。昨日、廿日市市議選が告示されたので、帰っているついで、期日前投票に行っといた。やれることは先に済ませておきましょう。

Img_7519

↑先日、ビート号にオイル10W-30を入れたんだけど、ちょっと粘度が足りなかったかなあ。減りが早い気がする。3L缶を購入し2.5Lを使い、残りを持ち帰っていたので追加。これから温かくなり、さらに暑くなるから、次回のオイル選択は再考が必要だね。

……

現在使っているビート号のスペアキーの山がだいぶ丸くなってきた。新たにスペアキーを作ろうと保管しといたマスターキーを探したのだけど、どこにいったか見つからない。困った困った。

調べてみると、マスターキーを紛失しても、キーシリンダーに刻印されている数字をディーラーに伝えたら、まっさらなマスターキーを作ってくれるという。素晴らしい!

Img_7523

↑手っ取り早く脱着できそうなのがトランクのキーシリンダー。黒い樹脂みたいなもので覆われているので、

Img_7525

↑剥がしてネジを1本外す。ボロボロになっとりますなあ。後できれいに全部剥がそう。

Img_7526

↑外したキーシリンダー。ビート号は運転席、助手席、トランク、グローブボックスとあちこちにキーシリンダーが付いてるけど、最近の車はついてませんからね。

横に書いてある小さな4ケタの数字を撮影して、と。ディーラーでマスターキーを注文してきた。純正でもいいのだけど、ここは一発、TypeRで! 通常のブランクキーは500円程度なのに、なぜかTypeRは10倍の5,000円以上。なんなんでしょーか、この差は。でも注文しちゃったもんね。

ディーラーから、ホンダロックという関連会社に注文が行き、約2週間で出来上がるのだとか。ちょっと考えたんだけど、キーを管理する数字がたった4ケタってことは、1万台に1台ずつ同じキーの車があるってことだよねえ。思っていたより、なんかセキュリティ甘いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

ビートのフューエルリッド交換

わがビート号のフューエルリッド。

Img_7486

↑全塗装時(2009年)、新品純正を購入し、一緒にボディ同色にしてもらった。かなりカッコいいと思う。ただ、オープナーがあまりに簡素で、カギをしていてもドライバ1本で簡単に開く。しかも最近、自然に開いてしまうことも。

Img_7484

Fullsizerender

というわけで。簡単に開かない後期対策品のオプションフューエルリッドを落札した。20周年記念ではなく、ビート販売当時に売られていた品。

Fullsizerender_1

↑かなり状態はいい方だと思う。取り付け部分に少しサビがあったので、研磨した後、サビ止め塗装。内側のシールの跡もきれいに拭き取った。たぶん「無鉛に限る」とか貼り付けてあったんでしょうね。

Img_7489

↑まずは現状品を外す。次にマスキングテープで周囲を保護。写真では一部に貼ってないとこがあるけど、全体に貼る。位置調整のとき、ヘタ打つとボディと擦れ合って塗装が剝げてしまうからね。

Img_7491

↑今回は純正オプションなので、ボルトオンですぐ作業は終わると思ってたんだけど。内側のキャップを高さのあるテザー付きキャップに変更したせいで、フューエルリッド側の突起と干渉してしまった。あちゃー、なかなか簡単には終わらせてくれないのねん。

結局、突起物を万能ハサミで少し切り落とし、断面をサビ止め塗装。

Img_7492

↑位置を決めるまで何度も微調整。フューエルリッドの脱着経験はあったけど、すぐには決まらないものだねえ。甘めに留めた後、上へ下へ、右へ左へ手で動かしながら、ベストポジションを探る。

Img_7493

↑完成。うむ、こっちの方もなかなかカッコいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

スカイサウンドスピーカーいじり・その2

その1から続く。

ボロボロになったスピーカーの交換用にこれを4個注文した。1個515円(SS-66-805W)。消費税と送料で計2,610円。

Fullsizerender

↑銀色でキラキラしている。自宅のパソコン用ならこのままでもよいのだろうけど、ダッシュボードのスピーカーだと、フロントガラスへの映り込みを気にしなければ。ということで、

Img_7467

↑染めQで真っ黒け。映り込み防止が目的なので、多少の色ムラは気にしない。っていうか、ちゃんと真っ黒になった。

Img_7471

↑スカイサウンドコンポの「ガワ」に合わせるため、ツメを残して万能ハサミで切り落とす。

Img_7472

↑ここのツメの位置に合わせてスピーカーを置く。やってみて分かったけど、最終的には動かないようにネジで押さえてしまうので、ツメも残さずまん丸に切り落として大丈夫かも。

Img_7473

↑このスピーカーには+-表示が書いてあった。でも一応、単3電池を直結して通電と+-のチェック。

Img_7475

↑+-を間違えないようにコードを半田付け。いや、ひょっとしたら、間違えて繋いだとしても、何かの音は出るんだろうけど、それはそれ。

今回はツイーター(トゥイーター)は取り外したままにした。というのは、ホコリを取ろうとしたとき、誤って1個を破ってしまったから。現段階では、スカイサウンドスピーカーはこのままビート号に載せることとしよう。

Img_7477

↑ツイーター用のフィルムコンデンサは3個購入(予備含む)。1個450円。今後、ツイーター用のスピーカーをゆっくり物色した後、あらためて2期工事に入ることにしよう。

今回の修理にかかった費用は3,000円ちょっと。新品時のスカイサウンドスピーカーは3万円ぐらいしたんだっけ? ビート20周年記念の新スピーカーは約3万4,000円。当時モノ以上の音質になった気がするから、今回の修理は大成功だね。ブログなどで公開している先人の皆さま、ありがとうございました。

そういえばこの1月、ホンダアクセスから発売されたS660用の新しいスピーカーは「スカイサウンドスピーカーシステム 」って呼ぶんですなあ。何だか紛らわしいけど、ビートを意識しての命名だろうから、悪い気はしない。

Img_7482

↑ビート号に取り付け。助手席側はナット締め、運転席はダッシュボードの穴にボルトを差し込んだだけ。プラスネジは取り付けなかった。近いうちに再び降ろしてトゥイーターを細工したいから、取り外しやすいようにしておきたい。先日はめちゃめちゃ苦労したからなあ。っていうか、手も届かず、目も届かないネジ穴に向かって、ドライバの先にネジを載せ、3次元の空間を想像しながら下から差し込むなんて、至難の業だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

スカイサウンドスピーカーいじり・その1

わがビート号にはダッシュボードにスカイサウンドスピーカーなるものが付いている。

1_3

↑汎用品ではない薄いスピーカー2個とトゥイーター1個が左右それぞれにあり、オープンエアを楽しみながら、ドアとダッシュボードと、背後のウーファーから音楽に包まれ…ていたはずだった。

現在、左右とも全く鳴っていない。ウーファーもただのビビり音にしか感じられず外した。ただ、ドアスピーカーを替えて劇的に変化したので、スカイサウンドスピーカーもいじってみたくなった。

2_3

↑取り外し方はかなりアクロバット。10mmのナットとプラスネジの2箇所留めてある。プラスネジがくせ者で、ダッシュボードの下から回すのは至難の業。結局、壊してしまった。ま、いっか(よくないけど)

3_3

↑鳴るとか鳴らないとか、そういうレベルじゃない。ボロボロになって配線が切れている。

4

↑スピーカーは勝手に分離。そりゃそーだわな、26年間、ただただそこに居たのだから。

5_2

↑まずは分離して洗浄。きれいきれいにしましょ。よく見ると助手席側の方が小さい。ビートの座席は左右シンメトリーではなく、運転席の方が広い。その分、ダッシュボードの大きさも小さくなり、スピーカーの形も違うということかな。

6_3

↑勝手に剥がれ落ちた溝ゴム。こちらもボロボロ。再利用できそうにはない。

7_3

↑溝ゴムってどこに売っているのだろう。パワーコメリのプロ向け素材コーナーを眺めていたら、溝ゴム&溝スポンジの長さ売りコーナーがあった。溝ゴムではなく、太めの溝スポンジを選択。スカイサウンドスピーカーは周囲70cm弱なので、1.5m購入した。480円×1.5で720円。

8_3

↑断面の太さの違い、分かるかしら。左側が純正溝ゴム、右側が購入してきた溝スポンジ。大きめに包むことで、ちょっとしたアクセントにしたい。

9

↑とりあえず巻いてみる。うむ、なかなかカッコええ。接着剤できっちり留めることにしよう。

Img_7452

現在のビート号のダッシュボード。ゴムやプラスチックの破片、ゴミなどが散らかっていたのできれいに拭いた。こういうシンプルな姿も悪くないね。

その2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ビートのドアスピーカー交換

ビートのドアスピーカーを交換することにした。「あんまりいい音がしないなあ」と思い、運転席側に耳を当てたら、全く鳴っていなかった。カーステじゃなくて「カーモノ」だったんだわ。気づかんかった。

最近は17cmが主流らしいけど、昔の車なので純正は16cm。17cmに変更してバッフル(留め枠)も自作したりしている人もいるものの、私はポン付けしたい。ってことで、

1tsf1630

CarrozzeriaのTS-F1630(16cm)を購入。Amazonで4,900円。純正もPioneerなので、取り付けに困ることはなかろう。

3_2

↑ドアの内張りを引っぺがす。ネジ5本、工具は+ドライバーだけ。特に難しいことはない。

Fullsizerender

↑スピーカーを外し、バッフルとも外す。こちらもネジ3本ずつ。左は百均で買ったコルク鍋敷き。まるで計ったように16cm。ドアスピーカーからビビり音がしていたので、なんちゃってデッドニングもやってみることにした。

Fullsizerender_2

↑これは酷い、かなりサビが出ている。オープンカーは雨が流れて入るからねえ。「雨が漏らないオープンカーもありますけど?」という意見はスルーする。

Fullsizerender_1

↑新旧スピーカー比較。TS-F1630は「“中低域はウーファー、高音域はトゥイーターで再生する”という2ウェイスピーカーシステムの常識にとらわれることなく“中音域は指向性に優れたトゥイーターから再生する”という発想の転換を行い、音軸上での試聴が困難な車室内においても、質の高い再生音を実現」したそうだ。真ん中のマジンガーゼットの胸みたいな部分が万能なトゥイーターなのかしら。

8_2

↑スピーカー位置の奥にコルク鍋敷き。意味があるのかないのかよく分からん。なんか、かわいいじゃん。

6_2

7_2

↑古いのと新しいの。また近々、ドア内張りは外す予定があるので、バッフルのサビ止めはまた今度。とりあえずスピーカーが左右から鳴る車に乗りたい。

聴いてみた。うわぁ~、運転席側と助手席側でハモってるわ。気持ちええ。いやあ、これが普通のステレオなのね。こんなことなら、もっと早くやれば良かった。悔しい。

きょうの作業は始業前、午前6時台からスタート。30分ぐらいで終了。朝飯前だぜ!

Img_7421

ホントは朝飯後。ジョイフルの幕の内モーニングというのを食べた。530円、ドリンクバー付き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

ビートのライト消し忘れアラーム

ビートにはライト消し忘れアラームがついていない。トンネルとか、曇りの日などにライトをつけ、到着後に消し忘れ、何度バッテリー上がりになったことか。

1_2

↑キー抜き忘れアラームを、ライト消し忘れアラームに転用するキットをヤフオクでゲット。3,500円+定形外郵便140円。

リレーを噛ませ、エレクトロタップの一方とキー抜き忘れアラームの線と接続。もう一方の線を常時流れているイルミとつなぐ。そうすることによって、スモールでもフォグでも、ライトをつけたままドアを開けると「ピピピピッ、ピピピピッ」と鳴る。

2_2

…はずだったんだけど。何度やっても、配線を見直しても鳴らない。アラームキットの中古品を手に入れ、そのキットでも試した。

3

↑出品者に相談し、別のリレーも送ってもらった。

アラームキットを入れ替えても、リレーを替えても鳴らない。配線にも問題がない。途方に暮れた。ここまでやって鳴らないということは恐らくなんだけど、原因はカプラーの中。断線しているか、接触が悪いのではなかろうか。

仕方がないので方針変更。

今回落札したリレーキットは使用しない。アラームキット内の回路を変更し、リレーを使わずに直接繋ぐことにする。これでうまくいけば、アラームキット周りの見た目もスッキリして一石二鳥。

うまくいかなくても、現状と変わるわけではない。今まで通り「鳴らない」だけだ。

5

6

↑アラームキットの内部。回路は「ホンダビート ライト消し忘れ DIY」で検索して真っ先に出る方のサイトを参考に。ありがとうございました。

半田仕事は中学生以来、全くやってない。ただ、いくつかやりたいことがあったので、半田ごてキットは手に入れていた。半田の吸い取り、コンデンサの向き変更、半田でショート。…簡単に書いたけど、試行錯誤でしたわ。おほほ。

7

↑ちょいと「もりもり」の筋肉質にショートしてる箇所がありますねえ(笑)

まあ、普段は見える場所ではないし、仮に接触が悪くなったとしても、走行に影響のない箇所だし。

8

↑繋いでみた。

鳴った! やりましたなあ、苦節1カ月。これできっと、ライトの消し忘れでのトラブルはなくなるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

ビート集合

ビートのオフ会に行って来たよ。

1

…ってのはうそです。昨日、取材帰りにオートバックスに寄ったら、黄ビーさんが居たので隣に停めてみた。

買い物を終えて戻ると、

2

今度は別の黄ビーさん。この日のオートバックスのビート率は高いなあ。最近、滅多に他のビートに会わないなあと思っていたけど、会うときにはまとめてやってくるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

ビート号最近の燃費

この2月、ECUにスポーツROMを入れたり、エアファンネルを取り付けたり、ガソリンをハイオクに変更したりした。上手に乗れば燃費向上につながるという説もあるので、久しぶりにきちんと計測してみた。

---------------------

2017.2.9 ハイオク使用開始
給油量14.26L、走行距離251.2km、燃費17.62km/L

2017.2.14 スポーツROMに交換
給油量13.05L、走行距離229.7km、燃費17.60km/L

2017.2.18 ファンネル取り付け
給油量16.21L、走行距離263.7km、燃費16.27km/L

2017.2.23 エコ運転してみた
給油量18.51L、走行距離325.7km、燃費17.60km/L

2017.3.2
給油量18.31L、走行距離321.0km、燃費17.53km/L

いずれもハイオク133円/L

---------------------

ファンネルを付けた直後、エンジンをブンブン回すのが楽しくて、1速、2速で引っ張ったのが影響したのか、燃費が落ちた。エコ走行すると、ほぼ17.5km/L辺りに落ち着くらしい。

大竹に来たばかりのころの燃費と比べてみると若干、悪くなっているけど、低速時の燃料を濃いめにするようECUを変更し(スポーツROM)、ファンネルで中低速からの加速を重視したから仕方ないね。ストレスが減った分、何らかのコスト負担は覚悟しないと。

…とはいえ、17km前後/Lという燃費は、最近の車と比較しても全っ然、遜色ないと思うよ、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

ビートメンテナンスDVD

先日注文していたこんな物が届いた。

0224dvd

ビートのメンテナンスDVD。バンパーの外し方、ヘッドライトの外し方、内装ではセンターコンソールやドア内張りの外し方。既に、先人のサイトを参考に、いくつか自分でやってみたけど、さらにこれからもDIYを続けるのであれば、動画で見られるとありがたい。

このDVD、発売している店舗から購入すると、スマホ用のアドレスとパスワードをメールで教えてくれる。つまり、予習として屋内で動画を見た後、作業をしながら、手元のスマホでも同じものを見られるというわけ。うむ、これは便利。

↑Youtubeのダイジェスト版。これの詳しいのがDVDには収録されている。特に目的もなく、ただ流し見するだけでも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧