« 2020年6月 | トップページ

2020年8月

2020年8月16日 (日)

平成の終わり

石原裕次郎…昭和62(1987)年7月17日没
手塚治虫…平成元(1989)年2月9日没
美空ひばり…平成元(1989)年6月24日没
渥美清…平成8(1996)年8月4日没

裕次郎さんが亡くなった時、まだ、昭和はいつまでも続くような気がしていました。大学に入ったばかりのころ。建物の屋上に上がると、意味もなく下に向かって手を振り、裕次郎さんの真似をしたものでした。

手塚さん、ひばりさんが亡くなった時は、元号が平成になったばかりの年でもあり「昭和が終わった」感を強く抱きました。

渥美さんが亡くなった時、既に社会人になっていました。急遽、翌日の夕刊芸能面を追悼紙面に変更することになり、いったん作っていた紙面を、夜までやりかえていたことが印象深く残っています。

裕次郎さんの訃報から渥美さんまで9年間が空いていますが、今の私の記憶の中では割と近いころの出来事みたいに思えて、全てが「昭和が終わった」記憶の一つです。

恐らく、志村けんさん、渡哲也さんのことは「平成が終わった」記憶として、私の中に刻まれていくことでしょう。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ