« PRIMACY4にタイヤ交換 | トップページ | 続・DM25Y化計画 »

2020年5月 9日 (土)

小説「タイムマシーン」

「ようやく完成したか」

N博士は満足そうに汗を拭った。電話ボックスタイプのタイムマシーン。年月日を入力すれば、過去にも未来にも行くことができる。

ただ、まだ第一号機。精度が高くないため、行ける範囲は未来と過去いずれも6ヶ月以内だ。今日は2019年12月6日。未来に行くとしたら、ゴールデンウイークがギリギリ。N博士は思案の結果、フラワーフェスティバル開幕の2020年5月3日に行き先を決めた。

ボックスに入り「2020.05.03」と行き先を入力する。時空を越える間、静かに待つ。「ボンッ」という音とともに到着した。

N博士はボックスを出て、窓の外を見渡した。いつもと変わらぬ風景だ。そりゃそうだろう。半年程度で世の中が一変するなんてこと、あるわけがない。

電車に乗り、平和公園に向かう。乗客が少ないのは遠出している人が多いからか。乗客のほとんどがマスクをしているのは風邪でも流行しているのだろうか。それよりなにより、みんなが私のことをちらちら見ている気がする。過去から来たことがバレてしまったのだろうか。まるで、マスクをしていないことが「空気読めないやつ」みたいに思える。マスクなんてものは気休めだよ、やりたいやつだけやればいい…

平和公園に着いて、驚いた。フラワーフェスティバルの会場がない。いつもの平和公園だ。いや、いつもより、人通りが極端に少ない。ひょっとして、未来の行く先を間違えたのかもしれない。

N博士は馴染みの小料理店に向かった。女将さんと会い、それとなく今日の日付を聞き出して、タイムマシーンの実験が成功したのか聞き出すことにしたのだ。

ところが、小料理店に着くと「5月6日まで臨時休業します」の貼り紙。それではと、ほかの店をいくつか回ってみたが、どこも判で押したように「5月6日まで休業」の貼り紙ばかりだ。何がなんだか分からない。飲食店にゴールデンウイークを与えよう運動でも始まったようだ。

N博士はバスと電車を乗り継ぎ、自宅へ戻った。途中、隣でせき込む男性がいたが、やはり風邪が流行しているのかもしれない。たかが風邪程度なのに、周囲の乗客の目がやけに冷たかったのはなぜだろう。

自宅に着き、テレビをつけると「市民が見たコロナショック〜4月編」という番組をやっている。コロナショック? なんだそれは。そのコロナというやつが、飲食店を臨時休業させていたのか。

番組を見て恐ろしくなったN博士はすぐにボックスに入り、行き先「2019.12.06」を入力した。一刻も早く、一刻も早く、現代に戻りたい。

時間旅行を終え、落ち着いたN博士はふと考えた。

コロナショックとやらが始まる前の今、何かできることはないか。マスクと消毒液を買い占めようか。いや、それは科学者のやるべきことではない。それでは、そのウイルスの特効薬を作ろうか。いやいや、どんなウイルスかも分からないのに、特効薬なんて作れるわけがない。自分も科学者の端くれ、何か後世に名を残すことをやり遂げたい。

いや、やはり過去を変えるべきではないいな。何も知らなかったことにしよう。

考えごとをし過ぎたせいか、ちょっと体が熱っぽい。そういえば、さっき食べた食事も味がしなかったなあ。あすにでもかかりつけ医に行くこととしよう。

…後年、N博士は、自分が世界中に名を知られることになるとは、知る由もなかった。名声ではなく「新型ウイルスを最初に作った科学者」として。

過去は変えられた。

-------------

久しぶりに「ショートショートまがい」の投稿です。妄想癖は相変わらずなので、ぼちぼち書いたりはしていたのですが、ブログの更新を怠っていました。

未来でこれを読んだ私のために書いておきますと、2020年5月9日現在、日本には「非常事態宣言」が出されています。外出自粛、店舗営業自粛、3密を避ける、もう、経済活動の全てが止まるのではないかというクライシス。

私のこの妄想ショートショートを笑い飛ばせる日が来ているのか、それとも、この非常事態宣言はまだまだ、この後に続く悲劇の序章だったのか。

今の私に知る由はありませんが、明るい未来を空想することとします。

|

« PRIMACY4にタイヤ交換 | トップページ | 続・DM25Y化計画 »

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PRIMACY4にタイヤ交換 | トップページ | 続・DM25Y化計画 »