« 門出 | トップページ | 音楽の週末 »

2017年4月 1日 (土)

ビートでDVD・その2

こちらから続く。

ビート号のカーステをPioneerのFH-9200DVDに積み替えたものの、コンソールが干渉してDVDの挿入口が開かない。さてと、修正作業に入りましょう。

Img_7645

↑見た目は何の問題もない、いやむしろ、ピッタリとハマってカッコいい。でもこのままでは使えない。

Img_7648

↑エアコン吹き出し口のツメを壊したおかげで、取り外しが楽になった。取り付けはDIYの強い味方、強力両面テープが活躍する。

Img_7650

Img_7652

↑コンソールから取り外し、モニターの開き方を確認。なるほど、スライドするように下に移動すると、ディスク挿入口が現れるわけだ。んで、シフトノブを1、3、5速に入れるとぶつかるので注意。ディスクを入れ替えるときは、シフトを2、4速 or Rにしよう。

Img_7654

↑オーディオコンソールの下側がピッタリすぎることが分かったので、紙やすりでごしごし。2mm程度削ればモニターの開閉ができるはず。あまり削りすぎて余白が広くなりすぎてもカッコ悪いしね。慎重に。

Img_7656

↑たぶん、こんな感じで大丈夫。何度も付けたり、外したりの繰り返し。削りすぎたら後戻りできん。

Img_7657

↑ハーネスを取り付け、オーディオを助手席に載せて、再生とモニター開閉のチェック。余談だけど、純正オーディオと純正ハーネスの場合、ケーブルは必要最小限の長さしかなく、こういう状態で再生はできない。ケーブルが長いと、中でごちゃごちゃしてしまうけど、こういう作業のときには欠かせない。

Img_7658

↑前回、作業をせずにいた若草色ケーブル。これをサイドブレーキのプラス側ケーブルと繋ぐことで、ブレーキを引いたときだけ画面が映るようになる。ほったらかしにしていると、常に画面が映らない。

ちょっと間違えて、黒ケーブルのアース線と若草色のケーブルを一緒に締めた。間違えたので、サイドブレーキの上げ下げと無関係に画面が映るようになった。間違える人は自己責任で。走行中の操作や画面の凝視は危険です。

むき出しのアース線は、絶縁テープで巻いといた。

Img_7659

↑DVDの再生ができるようになったよ。映像は2013年のザ・タイガースの復活ライブ。

|

« 門出 | トップページ | 音楽の週末 »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/70142317

この記事へのトラックバック一覧です: ビートでDVD・その2:

« 門出 | トップページ | 音楽の週末 »