« 干し大根のおひたし | トップページ | 元祖の春 »

2017年3月11日 (土)

311

311から6年。広島にいても、現地に行っても、自分の無力さばかりを実感する。14時46分、車の移動中だったけど、ちょうど信号待ちに掛かり、黙祷。

もう6年、まだ6年。風化させてはいけないと思うし、人の心はいつまでも同じところへの思いを続けるものではないのかもしれないとも思う。

昨夜、民放のニュース番組を見ていたら「福島原発事故から6年が経ちました」のナレーションから始まった。そのまま、原発の特集が続く。いつまで経っても「震災」の言葉は出てこない。

最近、テレビ番組の「全国中継」が全国で起きたニュースを取捨選択しているのではなく、東京ローカルを全国に流しているだけなのではないかと思う。東京の市場がどうなるか、もちろん世の中の関心事なのだろうけど、国会レベルの話題と、東京都議会を同列のように扱うのはどうなのだろう。

東京ローカルの発想での311は「東日本大震災」ではなく「福島原発事故」。福島より北の方に関心がなく、しかもそのことのおかしさに番組制作者が気づいていないようで、恐さを感じた。

東京では既に「東日本大震災」の風化が始まっている。

|

« 干し大根のおひたし | トップページ | 元祖の春 »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/69935271

この記事へのトラックバック一覧です: 311:

« 干し大根のおひたし | トップページ | 元祖の春 »