« ビートに時計 | トップページ | 明るいうちから »

2017年2月 7日 (火)

フューエルキャップを今風に

わがビート号のフューエルキャップ(燃料キャップ)は現在、こんな感じ。

1_2

↑劣化して若干、見た目がよろしくない。さらに、

2_2

↑給油時、外したキャップをどこかに置く必要がある。最近はテザー(留めひも)付きが当たり前で、ビートでGSに入ったとき、店員さんにキャップを締め忘れられた話をたまに聞く。ガソリン満タンでキャップなしなんて、恐ろしいなあ。

最近の私はセルフGSにしか行かないものの、キャップ置き場のはずのとこに窓拭き用の雑巾が置いてあったり、行き場のないキャップがかわいそうになってきた。回すときガリガリと音がするのも貧乏臭いし。そこで、

3_2

↑同じホンダのゼスト用、テザー付きのフューエルキャップを落札した。流用例を見たことあるので、たぶん大丈夫だろう。っていうか、同メーカーのキャップは同じ形なんだと思う。

4_3

5_2

↑フューエルリッドを外し、並べてみた。サイズは同じだけど、このゼストはビートより20歳ぐらい若いんだから、機能的にも何かしらの進化をしているんじゃないかと期待したみたり。

6_2

↑装着(早っ!)。テザーの先っぽをどこで固定するか、しばらく悩んだけど。フューエルリッド(外蓋)開閉のために空いている穴に突っ込んでみた。なかなかの塩梅だね。

今回はさらに。ビート号には今後、ハイオクを食べさせる決意をしたので、「ハイオク」が分かる表示をしておきたい。バブル期のころはGSも儲かっていたから、各メーカーのハイオク商品名のステッカーはタダでもらえたのになあ。今はそんな時代でもないので「ハセプロ」のステッカーを購入。

Img_7102

↑ホンダ車共通、「テザー(ヒモ)付きタイプのみ対応」という注意書きがある。台紙から剥がし、貼るだけ。

Img_7103

うむ、今風になったし、見えないところもオシャレになった。…いや、目的はオシャレではないのだよ、「HIGH-OCTANE」の文字が分かるようにしたのだよ。

キャップとステッカーにそれぞれの送料合わせ、計3,086円。

|

« ビートに時計 | トップページ | 明るいうちから »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/69519325

この記事へのトラックバック一覧です: フューエルキャップを今風に:

« ビートに時計 | トップページ | 明るいうちから »