« マメでがんす | トップページ | ルームミラー交換 »

2017年2月 4日 (土)

プラグ・プラグコード交換

昨夜、ビート号が帰って来た。あれこれ交換したい部品があり、事前に発注していた。手元には部品だらけ。さあ、朝から一気に取り付け、調整をしよう。

1

まずは、プラグとプラグコード。プラグはNGKの最高級プレミアムRX(BKR6ERX-11P)、コードも同じくNGK(RC-HE61)。今後、ECUをスポーツROM付きに変更しようと思っているので、いいやつにしてみた。今後、給油時は毎回、ハイオクを食べさせることにする。

プラグは1本1,138円、コードは3,650円、送料込みで合計7,714円。1,104ポイントが返ってきたので、実質負担6,610円。「いいやつ」といっても、何万円もするわけではない。

2

リアトレイマットを外すと、現れてくるエンジンフード。ここに加えたちょっとした工夫は、

3

↑手て開けられるノブへの変更。エンジンフードを開けるのって案外、面倒なんだよね。次回からは、格段に楽になるはず。

4

↑汚れとりますなあ、おほほ。…ってなことは置いといて。プラグ交換の前に、この黒いオイルフィラーキャップを交換。

5

↑数カ月前、S,S,Iで買ってた「H」マーク付きキャップ。うむ、カッコええ! …普段は見えないとこでもオシャレをするのさ。完全なる自己満足。

「プラグレンチは16mm」と書いてあるんだけど、手元に16mmがない。ホームセンターで眺めても「14mm、15mm、17mm」の順に並び、16mmがない。もう少し丹念にレンチセットを見つめていると「16mm(プラグレンチ)」入りを見つけた。16mmって、プラグの脱着以外では使用しないのかもね。今後も自分でプラグ交換できるよう、ラチェットレンチのセットを購入。1,980円。

6

↑プラグコードの繋ぎ方を間違えてはいけないので、コードを1気筒ずつ外し、プラグも新品に入れ替えていく。

プラグレンチって500~1,000円ぐらいで、1本棒のやつが安く手に入るんだけど、ビートのエンジンは座席側へ向かって傾斜しているので使えない。そんなわけで、ラチェットレンチに125mmのエクステンションバーとプラグレンチを取り付けて、ぐりぐりぐり~。うん、この工具は使いやすい。いい買い物をした。

7

↑左がプレミアムプラグ、右が取り外したノーマルNGKプラグ。プレミアムは先っぽが尖っとります。パチパチ火花が飛びそう。

8

↑プラグとプラグコード交換終了。知識も力もさほど要らない作業だった。リアスクリーンを外すときに傷付けないよう気をつけなければいけないので、工場に任せるより自分でやった方が安心かも。

9

おまけ。リアトレイマット(社外品)を購入していたので、載せてみた。以前は赤黒チェックにしてたけど、リアスクリーンをガラス化した際、赤が映り込んでしまい、後方視界が悪くなっていた。そんなわけで、今回はグレーを選択。味も素っ気もございませんが、使い勝手を優先しないとね。

現在のビートの走行距離は約176,600km。

|

« マメでがんす | トップページ | ルームミラー交換 »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/69493066

この記事へのトラックバック一覧です: プラグ・プラグコード交換:

« マメでがんす | トップページ | ルームミラー交換 »