« 男気引退 | トップページ | 見切れる »

2016年10月17日 (月)

新米に泣く

いただいた米を研ぎながら、涙が落ちそうな気分になった。

届いた米は、岩手県陸前高田市の小友地区で収穫したばかりの新米。贈ってくれたのは、同業者の仲間。

Fullsizerender_1

2011年8月20日、小友地区のがれき撤去のボランティアに参加した。震災から5カ月が経つというのに、ランドセルや手帳などが辺りに転がったままだった。倒壊した家屋から出たがれきも、思うように運べなかった。自分の無力さを痛感し、ほとんど何の役にも立たなかったという思いばかりが残った。

Fullsizerender_2

3年後、現地に農事組合法人「サンファーム小友」が誕生し、稲作が再開したという。「よかったね」という思いより、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。こんな私にまで、米を送ってくれるなんて。

Img_6265

圧力鍋で炊いた。みずみずしく、ふっくらとしていた。三陸沖で獲れたサンマと一緒にいただいた。いつもより、大切に味わった。口の中に甘さが広がった。

|

« 男気引退 | トップページ | 見切れる »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/68007459

この記事へのトラックバック一覧です: 新米に泣く:

« 男気引退 | トップページ | 見切れる »