« マダイの出汁茶漬け | トップページ | バレエ鑑賞 »

2016年8月12日 (金)

ゴールド金賞

部員たった27人、下の娘が所属する中学校の吹奏楽部。このままAパートに出られるだろうかとか、娘が入部して3年間、演奏以外の心配事も多かったなあ。

1年時は銅、2年時は銀、そして娘が部長になって迎えたことし。「順番からいったら金だね」なんて、軽口叩いてたけど。そう簡単ではないのは、本人が一番よく知っていたはず。

「吹奏楽経験の父兄がいたら指導してください」と呼ばれ、練習に付き合ったりしていたので(指導するほどの技量はないよ)、娘が吹いてるトランペットのメンバーより、パーカスの子たちと仲良くなったり。

ここからは親バカも入りますけど、娘たちの演奏は中学生らしい好感の持てる演奏で、心が和むんですよね。だから、私はコンクールの結果より、ずっと音楽を好きでい続ける子になればそれでいいなと、コンクールの結果にはさほど関心がなく。っというか、期待したら落胆が大きいので、考えないようにしていたというのが正しいかも。

Fullsizerender_6_2

↑演奏直後の部員たち。みんな、できることをやり切った満足感が満ちていて、笑顔、笑顔、笑顔。お疲れさまでした。結果はもう、どうなってもいいんですよ。

ところがどっこい!

娘の予言通り、金賞を取りましたよ。ゴールド金賞!

「ダメ金」でも、父親の目から涙がこぼれたりするんだなあ。自分ときにはなかったことだわ。あ、「ダメ金」そのものの経験がないけど。

「正しい方向の努力はほぼ報われる」。12~15歳のメンバーにとって、この日は大切な経験になるだろう。ずっと、音楽を好きでいれば、もっともっといい経験をすることができますよ。

|

« マダイの出汁茶漬け | トップページ | バレエ鑑賞 »

ミュージシャン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66996594

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールド金賞:

« マダイの出汁茶漬け | トップページ | バレエ鑑賞 »