« 栄光への架け橋だ~以来の | トップページ | マダイの出汁茶漬け »

2016年8月10日 (水)

バッテリー上がり

この地に来て、気をつけないといけないのが栗谷方面に行った後のライトの消し忘れ。トンネルに入った後、つい忘れてしまう。過去、何度かやらかしてしまい、1度は完全にバッテリー上がりの憂き目に遭った。

最近は気をつけていたのだけれど、久しぶりに2度目の失態。前回は、系列のCATVの車に繋いでもらったんだけど。きょう、気づいたのが午後6時半。既に、全員が引き払った後だった。

まあ、今夜は車がなくても困らないし、あすの取材も車は使わないし、そのまま置いとこうかと思ったんだけど。暑さ防止のため、窓を少し開けていることに気づいた。通り雨が来ると、車内がびしょ濡れになってしまう。これはまずい、なんとかしよう。

…ってことで。

家庭用電源からの充電器を買いに走った。約5,000円なり。そろそろバッテリー交換の時期であるので、新しい物に買い換えようかとも考えたけど、近くのホームセンターにあったバッテリーは、性能があまりよろしくなさそうな機種ばかり。充電器はこれからも使えるし、置いといた方がいいしね。

Img_5775

↑事務所から延長コードを引っ張り、充電器と接続し、ビート号のバッテリーへ。

バッテリー上がりという悲しい現実の中にも、ラッキーなことがいくつか重なったからこそ、充電することができた。

まず1点目のラッキーは、かなり長い延長コードがあったこと。7月の参院選の開票所で必要だったため、新たに購入していた。ありがとう、参院選。

2点目は、駐車場に頭から突っ込んで停めていたこと。ビート号のバッテリーは、後部の小さなトランクルームに納めてある。前向きに停めたおかげで、事務所からの延長コードが届いた。逆向きだったら、アウトだったかも。

無事、窓を閉めることができたし、車を移動することもできた。よかった、よかった。

|

« 栄光への架け橋だ~以来の | トップページ | マダイの出汁茶漬け »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66996170

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー上がり:

« 栄光への架け橋だ~以来の | トップページ | マダイの出汁茶漬け »