« カーナビを見やすく | トップページ | 期日前投票 »

2016年7月 6日 (水)

コジローの対義語

広島にはおいしいおにぎりの店がある。コジローの対義語のような店名。粗塩と昆布だしのような甘み。ふっくらとして艶やかなお米。自宅で再現できないかと何度も挑戦してみたが、同じようにはできなかった。

「ちょっとしたヒント」を得る機会があったので、すぐに試してみることに。

・米を炊くとき、油と塩を少しだけ入れる(水も1割ほど多め)
・手塩用に、塩と顆粒昆布だしを1:1で混ぜておく(グルタミン酸Naでも可)
・おにぎるとき、指の先にちょっとだけ醤油をつける

以上。

Img_5513

普段は三角おにぎりにするところ、コジローの対義語風に、俵むすびにしてみた。

油がコーティングになっているからか、冷めても艶は消えず、柔らかさを保っている。使用したかき醤油海苔がええ感じに味があって、おにぎりの味を引き立てている。うむ、かなりアノ味に近いと思う。

変な話、あまりいい米を使うと再現が難しい。柔らかすぎてしまう。有名ブランドではない古米などの方がよさそう。

…煮染めとか、衣の硬い鶏唐揚げとかも再現できるかな? また暇があるときに試してみよ~っと。

|

« カーナビを見やすく | トップページ | 期日前投票 »

作って食べるもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66373897

この記事へのトラックバック一覧です: コジローの対義語:

« カーナビを見やすく | トップページ | 期日前投票 »