« ビートのヘッドライトをHID化 | トップページ | ビートのフロントにトランクBOX »

2016年6月 1日 (水)

PVCレザーのシートカバー

学生のころ、シートカバーといえば布か何かで、場合によったら女子が手作りするイメージだった。ガッチリセットするというより、布団のシーツみたいな。汚れたら洗うための物だったのかな。

1_2

かなり前から、ビートのシートカバーか、シートごと交換を検討していた。ゼブラ柄は気に入ってはいるけれど、25年間の使用でかなりぼろぼろ。真っ黒は味気ない、かといって、車内まで赤に染めると落ち着きなさ過ぎそう。何しろ、ビート号は週末のレジャーに使うのではなく、日々の仕事で乗っているからね。気持ちを高揚させつつ、落ち着きのある物がいい。

迷った結果。DefiのPVCレザーのシートカバーを選択、色は黒+アイボリー。赤と黒、赤と白ってマッチングがいいからね。19,224円+送料540円で合計19,764円。あ、直接注文しちゃったけど、ヤフオクで同じ物を落札したら、ポイントが付くんだった。ま、いっか。

2_3

シートを外す。前に2カ所、後ろに2カ所ボルトがある。ボルトは12mmなんだけど、なぜだか頭に「10」みたいな文字。何だろう。

運転席は、床から来ているシートベルト警告用ケーブルと繋がっているので、ブチ切ったりしないようにソケットを外す。写真は運転席を外したとこ。ほかの人の写真を見たら、シート下から小銭とか、色んな物が出てきたって書いてあったけど、ほぼホコリと砂だけ。車の中で何かを落としたりすること、あんまりないもんね。

3_2

外したゼブラ柄のシート。こうやって遠目に見たら、案外とキレイなんだよね。この柄を見られなくなるのは残念だけど、これ以上破りたくないし、厚手のシートカバーを被せたら、長距離ドライブでも少しは腰痛を緩和できるんじゃないかとの期待もあるし。

4_2

背面側と座面側、それぞれ運転席と助手席に着せる。専用設計なので、シートカバーというより、シートの張り替えに近いクオリティ。サイド部などが浮かないよう、しっかり着せよう。

Photo_3

前後4カ所ずつボルトを留めたらできあがり。

…って、簡単に書いたんだけど。25年間、留めっぱなしのボルトを外すのは難儀したわ。1回外したら、次はもっと楽になるでしょう。こういう作業をするとき、オープンカーって便利だなあ。

|

« ビートのヘッドライトをHID化 | トップページ | ビートのフロントにトランクBOX »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

オシャレな色遣いですね!
以前同じ製品の真っ黒を譲ってもらって使ってました。品質、雰囲気はバッチリでしたが、素材の問題で特にこれからの季節は暑かったです。今は布製のカバーに替えて、下にシートをアンコ抜きしてシートヒーターとファン付きのクールシート(座面のみ。背中はまだ暑いのでシートバックにも、と画策中)を仕込んでます(^_-)

投稿: Guzzi | 2016年6月 7日 (火) 14時21分

Guzziさん、お久しぶりです♪
黒とアイボリーの2色は、思っていた通りのイメージで、かなり気に入っています。
ご指摘の通り、ビニールレザーの辛いとこは夏場なんですよねえ。
背中にびっしょり汗をかいても「武士は喰わねど高楊枝」的に涼しい顔を装うのか、さらに次のステップへ進むのか、難しいところ。
クールシートも興味深いのですけど、今のとこは見た目優先で(笑)

投稿: かげさん | 2016年6月 8日 (水) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/65775433

この記事へのトラックバック一覧です: PVCレザーのシートカバー:

« ビートのヘッドライトをHID化 | トップページ | ビートのフロントにトランクBOX »