« ピーマンの肉詰め | トップページ | オイルフィラーキャップ交換 »

2016年6月 4日 (土)

運動会とバンブーライブ

下の娘、最後の中学校の運動会。小学校の運動会は、開会式が終わるぐらいにゆっくり行ってるけど、娘が入っている吹奏楽部にとって入場行進の演奏は見せ場。前夜は深酒せずに、ちゃんと着きましたよ。

1

ついつい、いつもの癖でパーカッションの位置に立ってしまうのよねん。ここから指揮者の表情を見ていると、グッとくるものがありますわ。

演奏曲はファンファーレから、本年度の吹奏楽コンクール課題曲「マーチ・スカイブルー・ドリーム」。コンサートマーチって、演奏するときテンポが微妙に変化してしまうから、実は歩きにくかったりするんだよね。ま、コンクールへ向けての練習も兼ねているのでしょう。

Rawhide

中学3年女子が出場する「ローハイド」。私が生まれる前に人気だった(らしい)米国発の西部劇のタイトルと同じ。ブルースブラザーズの映画の中でテーマ曲が出てきたり、ビデオで見たりしたことあるけど、今どきの子どもには何のことか分からんだろうに。

…と思いながら、検索してみたら。

全国の学校で「ローハイド」なる競技が浸透しているらしい。4人で騎馬をつくり、上に乗った人がボールを繋いだロープを振り回し、目標物(バケツなど)を倒して戻ってくる団体競技。人と人が直接ぶつかる騎馬戦でのケガを避けるために生まれた競技のようだ。

ちなみに、ドラマタイトルの「rawhide」は「鞭(むち)」という意味なので、ロープを振り回すカウボーイとは関連性がない。「ローハイド→西部劇→カウボーイ」の連想ゲームをしたんだろうね。

次の競技「アルピニスト」は、それぞれのチームが棒を立て、天辺まで上ってロープを掛ける種目。たくさん掛けたら勝ち。これもたぶん、棒倒しが危険だからということで、相手チームと交わらない内容に変わったんじゃないかな。生きるということは、常に危険と背中合わせなのですよ。

きょうの天気予報は午後から雨。そんなわけで、団体競技や全員リレー走など、主要種目は急遽、午前に前倒し。ぎゅっと凝縮したプログラムになった。

午後、雨の中、大竹に戻り、バンブーライブへ。月イチのこのライブ、最初は見るだけだったんだけど、昨年の11月から、1度の欠席を挟み、毎回出演ちう。

「アマチュアミュージシャン」というジャンルがあるんなら「素人漫談家」を目指す人がいてもいいと思うんだよね。

今回も楽しゅうござった。

|

« ピーマンの肉詰め | トップページ | オイルフィラーキャップ交換 »

ミュージシャン」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい。まったくタレント、並のタレントより面白い。チャンネル登録しちゃいました。ウクレレ漫談と言えば「あーあ〜やんなっちゃた、驚いた」の牧伸仁を思い出した。
ところで、少し肥えた、超えた。

投稿: BUN | 2016年6月 9日 (木) 01時11分

>BUNさま
最高の褒め言葉、ありがとうございます。
本家の芸能界では、お笑いの地位が上がって、ミュージシャンよりお笑いが下という風潮はなくなりつつありますけど、アマチュアの世界では歌で笑いを取るってのは一段下に見られがち。
そんな、素人漫談家の地位向上へ精進します♪

…少し肥えたみたいです。

投稿: かげさん | 2016年6月 9日 (木) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/65878955

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会とバンブーライブ:

« ピーマンの肉詰め | トップページ | オイルフィラーキャップ交換 »