« ハコの中から故郷 | トップページ | 古いiPhoneをいじろう »

2016年6月20日 (月)

天気を知る

「女心と秋空」ってな例え話があるぐらい、天気を予想するのは難しい。けど、最近は雨雲の動きが細かく分かり、30分後や1時間後の天気が読みやすくなったらしい。いや、ホントは「最近」の話ではないんだけどね。

屋根のない球場で、大雨のときに試合開始を30分遅らせるとか、ちょっと降り始めたらすぐに降雨コールドにしたりとか「そんなんで大丈夫なん?」と思ったりするんだけど、ほぼその予想通りの天候になることが多い。

今週はドカ雨がきたり、急に晴れたり。「どうせ当たらない」と思って天気予報アプリを見ることはほとんどなかったんだけど、Yahoo!天気を入れてみた。

仕事場にいたら、まさにバケツをひっくり返すような雨。傘を持っていてもびしょ濡れになりそうな降り方だ。参ったなあ、この雨、どれぐらい続くのだろう。アプリを見てみた。

1_2

おぉ! 大竹真っ赤。豪雨真っ最中である。けど少し西の方を見ると、現在の雨雲が流れてしまえば、このまま雨が続くわけではなさそうだ。降雨予測も見てみよう。

2

この予測だと15分ぐらいでグッと小降りになり、1時間後にはほぼ雨は終わりそう。

果たして。パソコンに向かっているうち、予想通りに雨は一気に小降りになった。

すげーなぁ、最近の天気予報。ただ逆に、あまり当たり過ぎると、外れたときの被害は大きい。このアプリはかなり使えることは分かった。けれど、いつもどこかに折り畳み傘をしのばせる習慣はやめないことにする。

|

« ハコの中から故郷 | トップページ | 古いiPhoneをいじろう »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66172323

この記事へのトラックバック一覧です: 天気を知る:

« ハコの中から故郷 | トップページ | 古いiPhoneをいじろう »