« 199勝目 | トップページ | モーニン »

2016年6月30日 (木)

自作リアトレイマット自演

赤黒チェック柄のフロアマットとリアトレイマットを購入 したのが2011年5月のころ。当時の日記に「リアの凸凹が気になるので、下にフェルト材でも敷き詰めようかな」と書いているにもかかわらず、5年間ほったらかし。その結果、

1

2

表面の見た目はさほど劣化していないものの、裏面は凸凹だらけ。しかも、ゴムというか樹脂というか、硬化してしまっていて、引っ張っても伸ばしても波状のまま。う~む。これは改良せねば。

リアガラスに赤が映り込み、やや運転の邪魔になることがあった。今度はデザインではなく、機能性を優先させよう。ってことで、

1_2

↑ジョイントマット4枚入りを購入。1,380円なり。幌を開けたとき、リアガラスのクッションになるよう、3枚重ねで置いてみることにする。

2_2

↑トレイマットをかたどり、カッターで切る。切断面は視界に入らないところなので、あまり慎重にならず、ざくざく切ってしまおう。

3

↑恐竜の骨格模型を作る前みたいになってる。ここの部分はもう使わないので廃棄。

4

↑3枚重ねの高さは約5センチ。私の計算が確かならば、オープン時、ちょうどええ感じにリアガラスを支えるようになるはず…

5

↑こちら、純正マットだけの凸凹状態。そもそも、この部分を「リアトレイ」と呼んではいるものの、実際にはエンジンルームの真上。幌を開ければ幌が乗るし、何か物を置くような場所ではない。

6

↑こちら、切って形を整えたジョイントマットを並べたとこ。うむ、落ち着いていいかも。ちょうど真ん中を走るジョイントマットの噛み合わせ部分がいいアクセントになっている。

しばらくこのまま使ってみよう。作業時間20分。

|

« 199勝目 | トップページ | モーニン »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66290247

この記事へのトラックバック一覧です: 自作リアトレイマット自演:

« 199勝目 | トップページ | モーニン »