« イヤ~ンほん | トップページ | GOGO市からの海鮮尽くし »

2016年6月17日 (金)

○○さんの奥さん

夫婦だろうが、親子だろうが、それぞれが別人格であることは疑いようがない。家族それぞれの行きつけの店が違っていてもいいし、政治信条が違っていようと、他人があれこれ口を挟むものではないと思う。私人個人の場合は。

「別人格だけど」の前提付きで「そうは言っても」という思いを抱くのが政治家。選挙の最中もそうだし、普段からもそうだし、政治家の妻の行動は票数を左右する。国政には、夫婦で別の政党に所属する政治家がいて、個人の自由なんだとは思うけど、もし、自分の選挙区にそういう方がいらっしゃったら、まあ、投票行動として何らかの影響を受けますわな。

政治家の次に「そうは言っても」を感じるのが、家族で経営している個人商店や飲食店。購買行動というのは「商品がいい」「おいしい」だけではない。「だけではない」というより、それ以外の要素で行動が変わることの方が多い。

頑固で客に怒鳴ってばかりの主がいる飲食店。何だか不快になりそうな店なんだけど、なぜか繁盛している店というのは、私の独断で言うと、店を切り盛りしている奥さんが中和している。感じのいい女将さんがいらっしゃる。

逆に。

主人は人が良く、味もいいんだけど、イヤ~な感じを抱いて足が遠のく店というのは、この逆だったりする。別にいいんだよ、そういう接客が自分の店のポリシーだと思ってやってらっしゃるのなら。店に行くか行かないかは、客がそれぞれ自由に選ぶだけですから。

「スマイル0円」ってのはよく言ったもんだなあと思う。

今夜はとある場所で密会。あれこれ思うところもあったのでした。

|

« イヤ~ンほん | トップページ | GOGO市からの海鮮尽くし »

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66150790

この記事へのトラックバック一覧です: ○○さんの奥さん:

« イヤ~ンほん | トップページ | GOGO市からの海鮮尽くし »