« 天気を知る | トップページ | 謙遜 »

2016年6月21日 (火)

古いiPhoneをいじろう

古いiPhoneをiPodとして使うようにしよう企画シリーズ。

まずはiPhone4。アプリをまっさらにして音楽データ収容用に特化したい。iTunesで初期化(Apple用語では復元)してしまうのが早いかな。

Iphone1

復元してみたら。iPhone4って、初期化した後、SIMカードがないと、その先の設定に進めないのね。5はSIMカードなしでもいけたから、同じように考えていたのが甘かった。何だか今、「こんにちは」を各国言語で表示するだけのディスプレイと化しとる。

iPhoneって5からだったか、6以降だったかSIMカードがの大きさが変わったんだよなあ、確か。一応見てみよう。

Img_5332

iPhoneを購入したときに付属しているSIMカードを出す棒。実際には、市販のクリップの先っちょなどで押してもOK。

Sim

右が現在使っている6のSIMカード、左が4のSIMカード(を入れる部分)。うむ、大きさの違いは歴然。アクティベーション(ソフトウェア使用前のライセンス登録…などと訳すらしい)をするためのカードがamazonなどで販売されていたので注文した。153円+送料。送料の方が本体の1.5倍ぐらい(笑)

iPhone4はアクティベーションできるまで置いといて、と。

現在、ビート号のカーステ役となっているiPhone5。コネクタの部分の接触が悪く、コードをちょっと上方向に傾けないと反応しない。使用中、ずっと手で持っておくわけにもいかないので、ソフトケースをコードを押さえつけるように接続している。

だましだまし、このままでもいいのだけど。ひょっとして、中にホコリがたまっているとか、ピンがズレているとか、簡単な原因の可能性もある。一度、開腹してみよう(ここから先、マネする人は自己責任で)

Img_5334

ドライバは星形(5つ★)。ホームボタン下部の左右に1個ずつある。ネジをなくさないようトレイか何かに入れ、吸盤でグイッと液晶を引っ張ると中が出てくる。

うむ。見た感じ普通。ドック横に全長1mmぐらいの青いプラスチックの破片みたいな物が落ちている。どこかの部品が折れたのかなあ。

とりあえず開腹できることは分かったので、術式はせずにそのまま閉じた。コネクタの替部品でも注文して、時間のあるときに交換してみよっかな。街の修理屋さんだと「30分7,000円」ぐらいでコネクタ交換してくれるので、自分でやってもそんなに大変なことではないと思う。

夜な夜なiMacの開腹術式をやっていたころを思い出すなあ。

|

« 天気を知る | トップページ | 謙遜 »

iPhone」カテゴリの記事

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/66172739

この記事へのトラックバック一覧です: 古いiPhoneをいじろう:

« 天気を知る | トップページ | 謙遜 »