« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

ビートのヘッドライトをHID化

先週末、ふとヘッドライトを見ると運転席側が切れていた。2月の車検時は大丈夫だったのになあ。そのままハロゲンにする手もあるけど、せっかくなのでもう少し明るいやつに変更してみよう。最近の車はHIDか、LEDだもんね。

1

調べてみたら、ビートのヘッドライトバルブは「H4H」もしくは「702K」と呼ばれるタイプ(どっちも同じ物)。最近の車には採用されておらず、探した範囲でLEDはなかった。

というわけで、glafitのHIDバルブをネットで購入。6,000K(ケルビン)と8,000Kから選べて、どちらも同じ金額。「数値が高い方が明るくてステキ」かと思ったけれど、調べてみたら、数値が上がれば必ずしも明るくなるわけではないらしい。実用性なら6,000K、青白い光でファッション重視なら8,000Kという意見などを参考に、6,000Kを選んだ。

Yahoo!ショッピングで9,980円+送料840円。貯まっていた4,411ポイントを使い、支払いは6,409円。んで、今度は990ポイントがやってきた。いったりきたりでポイントが貯まるきょうこのごろ。

2

バルブ2個、バラスト2個、HiLo切替リレー2個、ビス金具一式。今回、ビス金具は使わず。

3

ボンネットを開け、ケーブルを外す。意外と簡単に取れる。続いてゴムカバーを外す(↑こんな感じ)。固定用針金を押し、ハロゲンバルブを取り出す。

4

バルブを外したとこを覗く。3カ所ツメを留める凹みがあるのが分かるかな。凹みは一つだけ大きい。なぜかというと、

Photo

バルブを差すときツメの形に合うようにすれば、天地左右を間違えないようになっている。HiLoが逆になったら、運転するとき大変だもんね。

7

ハロゲンバルブ(上)と、HIDバルブ(下)。形状はちょっと違うけど、大きさはほぼ同じ。そのまま差し込めばOK。

5

説明書通りにバラスト、切替リレーとバルブを接続。このとき、バルブをゴムカバーの中を通してから繋ぐ。先にやっとかないと、後からゴムカバーが付けられなくて、すべてをバラし直す羽目になるよ。バラストをバラすと?

6

ツメの向きを確認し、ハマっていれば針金で固定。iPhoneって便利だねえ。この写真はブログ用に撮影したのではなく、設置がうまくいったかの作業中の確認用。狭い場所まで目が届かないので、穴に向けて撮影。うむ、バッチリOK。

9

真っ昼間なので分かりにくいかと思ったけど。左がHID、右がハロゲン。しっかりと明るさの違い、色の違いが確認できる。

8

ゴムカバーまで付け終えたら、最後はバラストが動かないよう、強力両面テープでタイヤハウス側に固定。ケーブル類は結束バンドで留めた。

慣れている人なら、10分ぐらいでできるかも。私はじっくり説明書を読みながらだったのと、助手席側の作業は利き手ではない右手しか届かなかったので、ちょっと手間取ったわ。

耐久性はどれぐらいか分からないけど、12カ月保証の商品なので、1年やそこらで切れたりすまい。作業手順も覚えたし、次に交換するときはすんなりできるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

生タコを酒で蒸し煮

くば漁協GOGO市で、生きたタコを買ってきた。150円/100gで、1.3kgの個体が1匹約2,000円。生タコを買ったことないんで、相場観がよく分からないんだけど、詳しそうな人に尋ねたら「普通ならグラム200円はする」とのこと。

1

「ゆでたら出汁が逃げてもったいない。日本酒1合で蒸すように煮たらいいよ」というマメ情報をもらったので、そのやり方を試すことにした。

2

全体を丁寧に、大量の塩でもみもみ。3回揉んでかなりいい感じ。

火を通す前に、足の先を生のまま、ごま油をつけていただく。韓国料理のナントカっていうやつみたいに、口の中に吸盤が張り付くのを期待していたけど、そんな風にはならなかった。何かが違うらしい。

調理再開。タコと酒1合を入れ(半分ぐらい浸かる)、フタをして約5分。

3

ぷりんぷりんに蒸し上がった。残った出汁はお酒とタコでいい香り。出汁を使い、蒸す前に取り出しておいた内臓をショウガ煮した。

刺身、醤油煮、タコ飯などあれこれ数日間、楽しんだわ。一番気に入ったのが、ごま油あえ。刺身用より大きめにぶつ切りし、ごま油をあえるだけ。身に染みた塩気とごまの風味がたまりませんなあ。薄造りにするより、ちょっと大きめにぶつ切りした方が、吸盤のプリコリ感を味わえて美味。

漁協に行ったら、またタコ買おうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »