« 2015年の音楽活動 | トップページ | ビート車検 »

2016年2月 9日 (火)

やめたわけではないけれど

「ブログって離れて暮らしている人の生存確認になるよね。かげさんのブログを開いて、特にコメントとかしないけど、更新しているなあ、元気なんだなと思ってるよ」

久しぶりに電話をかけたとき、友人がこう言っていたのを思い出します。

……

「生存確認をしている」と言ってくれた友人が、もうブログを読むことも、一緒に話すことも、会うこともできなくなってしまったのが、昨年12月31日。いただいた年賀状を読む気になれず、こちらからも書いていません。不義理で申し訳ありません。

年賀状をほったらかしにしたままブログを書く気にもなれず、気がつけば2016年も1カ月以上が過ぎてしまいました。仕事の原稿は書いていましたが、何だかどこかで心がふわふわしていて、2015年に置き忘れてきたものがたくさんあるような感じです。

いつまでもこのままではいけん、年賀状をいただいた方々に手紙をしたためようかと思っていた矢先、再び、突然の別れがやってきました。本当に、世の中は不条理です。私のような者が今もこうして周囲に迷惑をかけながら、何事もないように生きているというのに。

年初来、解散騒動で揺れたグループではありませんが、前を向いて行くしかないなと思いますし、少しずつ心の整理をしていきます。このブログで私の生存確認をしている友人が、ほかにもいるかもしれないしね。

気が向いたらそのうち、ドカッと空白の期間を更新するかもしれないし、このままかもしれません。以前から何度も書いているように、このブログの一番の読者は自分自身。将来の自分が読むために、公開の場で書き残しておきたいなと思えば、更新するでしょう。

立春を過ぎたこの時期に季節外れのあいさつではありますが、ことしもよろしくお願いします。

|

« 2015年の音楽活動 | トップページ | ビート車検 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やめたわけではないけれど:

« 2015年の音楽活動 | トップページ | ビート車検 »