« 男の夜明け | トップページ | そうだ、台湾に行こう »

2015年12月14日 (月)

アナゴさんづくし

アナゴさんがやって来た。一般に「焼き穴子」と呼ぶことがあるけど、関東系の寿司店や丼に使われているのは煮穴子。外側はカリッと、内側からにじむ穴子の味わいって、実は広島特有の物じゃないかしら。

Img_3946

塩で揉んでぬめりを除く。臭みを消すために軽く湯引き。まずは、

Img_3947

塩だけで白焼き。うむうむ、これはうまいわ。日本酒があればよかったけど、あいにく切らしていたので焼酎で一杯。

Img_3949

次に、タレ焼きで穴子飯。醤油2、砂糖2、酒2、味醂1、水1ぐらいの分量を鍋で煮た後、軽く浸して焼いた。表を焼いた後、も一度タレに浸けて裏を焼く。うむうむ、やっぱり焼き穴子はいいなあ。

Img_3955

とても一日で食べきれる量ではなかったので、タレの中に漬け込み煮ておいた。翌日、真っ黒に味も色も染み込んだ煮穴子。これはこれでアリ。満足いたしやした。

|

« 男の夜明け | トップページ | そうだ、台湾に行こう »

作って食べるもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/63014597

この記事へのトラックバック一覧です: アナゴさんづくし:

« 男の夜明け | トップページ | そうだ、台湾に行こう »