« うまかっちゃーはん | トップページ | アナゴさんづくし »

2015年12月13日 (日)

男の夜明け

訳あってこのところ、一日に何十回も男闘呼組の「DAY BREAK」を聴いている。「ヴォーカルやりま~す♪」と手を上げたのはいいんだけど、あらためて聴いたら全然、覚えてなかった(笑)

ジャニーズのバンドって「弾けるけど人気いまいち」のTHE Good-Bye(一番好きだった)、「弾けないけど人気まあまあ」の男闘呼組など試行錯誤の時代を経て、TOKIOへとつながるのかな。TOKIOも最初は弾いてなかったのかも。

男闘呼組で一番覚えているのは、爆風スランプのピンチメンバー。1989年、Runnerが大ヒットしたころ、ちょうどベースの江川ほーじんが脱退して、ランキング番組では毎週、別のバンドのベーシストが加わるのが恒例だったとき。

男闘呼組の高橋一也がベースで入ったとき「え? 男闘呼組って演奏してたの?」とびっくりしましたわ。ま、今あらためて考えたら「日本一、弾きマネを練習したバンド」でしょうから、他のバンドの中で格好良く弾いているように見せるのは、お手の物だったかもね。後年、高橋一也(和也)はミュージシャンとしても活動しているから、ちゃんと弾ける人だったのかも。

動画のリンク先はこちら→

YouTubの動画では、ステージ全体を入れたド引きか、顔のアップのド寄せのいずれかの構図ばかりで、手元が見えませぬ。Keyの前田耕陽だけは、解散後に本人が言っている通り、全く弾いてないね。「弾きマネ」さえしないという度胸には頭が下がるなあ。 さあて、本腰入れて聴き込もう!

|

« うまかっちゃーはん | トップページ | アナゴさんづくし »

ミュージシャン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/63014421

この記事へのトラックバック一覧です: 男の夜明け:

« うまかっちゃーはん | トップページ | アナゴさんづくし »