« 下町ロケット | トップページ | ありがとうフライングキッズ »

2015年12月22日 (火)

ビート雨漏り解決

先月19日、新品幌に骨組みごと積み替えた。その後、プレクサスで磨いたりした後、雨の日を待った。完璧な状態に戻ることを期待していたけど、しずくが垂れてシートが濡れていてがっかりしたのが前回までのあらすじ

幌の変更前の雨漏りの原因は、幌布の縫い目が広がり、そこから雨が染み込み、ウェザーストリップに水が溜まっていったからだと、ほぼ特定できている。

変更後、幌の状態に問題はないものの、ウェザーストリップと窓ガラスの間に隙間ができ、そこから直接、雨水が流れ込んできている。経年劣化で縮んだ幌から、新品のピンピン幌に変更したので、窓ガラスの位置がしっくりきていないのだと推測する。こちらの方が対策は簡単で、幌とウェザーストリップの位置を調整すればいい。ただ、時間がないので、あれから1カ月、「そのうちに」というつもりで、ほったらかしにしていた。

Img_4018

昨夜は雨。朝、ビート号にいくと、雨漏りしていなかった。ウェザーストリップは古い物を流用したのだけれど、柔軟性を失うほど硬化していたわけではなく、1カ月の間でなじんでいったらしい。

「時間が問題を解決する」なんてな言葉があるけど、私の経験上、時間が経ったら自然と問題が解決したことなど、ほとんどない。感情的なしがらみが解けることがあったとしても、それは時間が解決したというより、心が変化した結果だし。

ところがどっこい、今回の雨漏り。何もせずに駐車場に置いといたら、すべて解決してくれた。ありがとう、時間さん。これから10年ぐらい、このままでいってくれたらいいな。

|

« 下町ロケット | トップページ | ありがとうフライングキッズ »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/63132191

この記事へのトラックバック一覧です: ビート雨漏り解決:

« 下町ロケット | トップページ | ありがとうフライングキッズ »