« ビート雨漏り解決 | トップページ | セロリのチキンスープ »

2015年12月23日 (水)

ありがとうフライングキッズ

私が社会人になった1年目の1991年、入社した会社はちょうど創刊100周年を迎えた。当時はまだ、バブルの名残があるころ。イケイケドンドンの雰囲気が残っていた。仕事後にタクシーを呼んでもなかなかつかまらず、契約するタクシー会社には常連だけが知る「裏番号」があったもんだ。

そんな浮ついた時代背景からか、創刊100周年のパーティーに社員バンドを出演させようというプランが持ち上がったらしい。前年の90年、会社のお墨付きでちうごくバンド部が誕生した。

100周年の行事も終わり、バンド部の活動が停滞していたころ。先輩のTT氏が「わしらもバンドをつくって加入しよう」と言い出した。私は吹奏楽の経験しかなかったけれど、面白そうな話だったので、やったこともないトランペットを購入し、ごり押しで加えてもらった。

そんな感じで93~98年まで年2回ぐらい、バンド部の公式定例会を開き、それ以外にもあちこちのライブハウスに出掛けていった。「部下の課外活動を温かく見守る」という古きよき日本の伝統がまだ残っており、部長以上もたくさん見に来てくれ、貸し切りにしたハコはいつも満杯だった。今考えると「チケットノルマ200枚がすぐ完売」って、どんだけ楽に遊ばせてもらっていたのかと。

その後、メンバーの入れ替えや転勤なども重なり、私も98年に広島を離れて島根に行き、しばらくバンド部の活動は休止状態に。2002年に本社に戻り、ちょうどそのころ、フライングキッズがオープンした。

今はわがバンドのリーダーとなった古市さんが、フライングキッズと懇意だったこともあり、復活バンド部の定例会を2003年2月9日、フライングキッズで開くことになった。当時、古市さんはバンド部のメンバーではなかったけれど、この後、一緒にバンドをつくることになった。つまり、フライングキッズは「古市雅之とTHEテラス」の生みの親みたいなものだ。初演は2004年2月8日、ここフライングキッズ。この数字だけ見ると「結成10年以上」というのは、かなりのベテランバンド。実際には年に1回、ちょっとだけ集まったのが数回。メンバーも固定していなくて、今の5人で始めたのがほぼ2年前だけどね。

そんな、私たち「古市雅之とTHEテラス」の歴史そのものともいえるフライングキッズが、ことし年内でいったん、現在の経営形態を終えるという。普段なら「私たちの演奏で盛り上げましょう」なんてな、偉そうなことをいえる立場ではないんだけど、フライングキッズで何もしないなんてことはできますまい。

ありがとう、フライングキッズ。

|

« ビート雨漏り解決 | トップページ | セロリのチキンスープ »

ミュージシャン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/63160403

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうフライングキッズ:

« ビート雨漏り解決 | トップページ | セロリのチキンスープ »