« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年の音楽活動

「古市雅之とTHEテラス」アウェー出演2年目。ことしはソロ活動(笑)とか、セッション活動もあったので、備忘録として書いておく。

……

・2月8日(日)ちうごくバンド部定例会(楽座)
ことしは古市雅之とTHEテラス、5人全員そろってのスタート。出演がソロやデュオが多く、バンドが少ないってことで、テラス初のトリ。何時間も飲んだ後、演奏しちゃいけません。

・2月14日(土)地域ジンスペシャルバンド(玖波公民館)
1人、ベースで賛助出演。ウクレレ、Key、Baの編成でオリジナル2曲。2人の音を聴いて、自分で好きなベースラインを乗せるのは面白かった。うまくいったかどうか分からないけど。

・2月15日(日)WMJ@はつかいち出演(FMはつかいち)
スティルモアの皆さんと一緒に、THEテラスを代表して翌週のライブ告知。1人でスタジオライブができるはずもなく、過去のライブを録音したものをそのまま流してもらった。公共の電波を使って、あぁいうのでよかったのかねえ…
トークはいつもの通り、滑らかでございましたよ。おほほ。

・2月22日(日)青春・歌謡グラフィティ(エスポワールおおたけ)
大竹を盛り上げようという趣旨で、よく分からない「友情出演」枠でした。さっさとやって、さっさと飲むのがTHEテラス。5人全員がそろい、前座の役割を果たせたのではないでしょうか。

・4月11日(土)マロンの里春まつり(マロンの里)
without Mらしま君(Key)の4人で祭りへ。マロンの里非公認テーマソング「あの日ノヒカリ」初演。せっかく、テーマソングを作っていったのに、反応が薄かったなあ(笑) も少し、ちゃんとした曲を作らないといけないのかしら。…って、それがすぐできるなら、苦労はないってば。

・7月12日(日)WMJ@はつかいち2回目出演(FMはつかいち)
リーダー担当古市さんと2人で出演。生ジングルをやったり、スタジオ生ライブをやったり。普通、こういうときって、いつもやってる曲を選ぶものなんだけど、ウクレレ&Bassというやったこともない編成で、やったことのない曲を練習して臨んだ。24日の告知を込めた出演だったはずなのに、何の意味もなくない?

・7月24日(金)エスポワールにビアホールがやって来た(エスポワールおおたけ)
初のワンマンライブ(?)、without Mらしま君(Key)
ビアガーデンのない大竹で、本格バンド(笑)の演奏を聴きながら、ビールと料理を楽しもうではないか、という企画。1部、2部構成で、30分2本勝負。「ノーギャラでいいからビール飲ませて」という交渉だったので、ステージの合間にビールがぶ飲み。終わってからも飲み続け~。気分よく酔っ払っとりましたわ。

・8月28日(金)音魂 BAND NIGHT(in 音魂)
広島市中心部になかなか進出できなかった古市雅之とTEテラス。バンド部定例会以外で、初の広島市内出演。呼んでくれたみーさん、ありがとう♪
初中区は5人勢ぞろい。デイドリームビリーバーのベースラインを少し考え直してみた。歌いながら弾くのは難しいねえ。まだまだ精進します。

・8月29日(土)広大ブラス冗談合奏(宮浜グランドホテル)
大学時代の吹奏楽団の仲間と「オトナの修学旅行」。私は大学時代、オーボエを吹いていて、楽器を持っていないし、あったとしてもきっと吹けない。ということで、最近のお気に入り、エレキベースで参戦。冗談合奏って面白いなあ。毎年とはいわないけど、またやりましょう、必ず。

・10月24日(土)WMJ夜の部(横川シネマ)
突然のwithout古市雅之ヴァージョンで4人編成。当日になってヴォーカルを分けたり、PAさんとの打ち合わせがうまくいっていなかったり、まあ、想定通りにはなりませんでしたけども。それも含めてライブってことで。

・11月7日(土)第5回バンブーライブ(MARUYAMA)
バンド活動が成熟していくと、それぞれがソロ活動に入るのが世の常。ってことで、私も「1人テラスのウクレレ漫談」を定期的にやっていくことを決意しましたとさ。第1回「生半可な曲作り高座」のテーマは「バンブーライブのテーマソングを作ろう。Aメロ」編。

・11月21日(土)ボジョレ・ヌーボーを楽しむ会(玖波公民館)
公民館の事業として、ヌーボーを飲むという立派な文化イベントであります。…本来は。
「何かやって」と言われても、引き出しがあるわけではないので、ひとりテラスの「生半可な曲作り高座」をちょっとばかり玖波風にアレンジしたネタと、グランパさんと一緒に「だからこのまちが好き」を演奏、歌唱。べろべろだったかなあ…

・11月22日(日)Aki&Bingoリージョンバンドフェスティバル(三原リージョンプラザ)
昨年のリージョンはwithout古市さん、Mらしま君の3人編成。ことしこそ5人で、と思っていたものの結局リーダー不在の4人編成。出演時間が遅くて、外は暗くなって、人もいなくなって、何だか寂しいような、ま、勝手にやっちまおうかってな気分になったような。
たまに、こういう大きなステージの上に立つと、気持ちがいいねえ。吹奏楽をやっていたころはいつものことだったけど、たった4人っていうのは気分が違う。また来年も来たいな。次こそ、5人で。

・12月5日(土)第6回バンブーライブ(MARUYAMA)
ソロ漫談2回目。生半可な曲作り高座は「ほかの出演者に無茶振りし、Bメロをみんなで作る」。梅さん、ありがとうございました。この流れで、本当に曲が最後まで出来上がるのかしら? まあ、そんな心配をするなら、最初からこの企画はやってませんから(笑) たぶん、どうにかなるでしょう。

・12月19日(土)忘年会セッションだよ!全員集合(オクトパス)
五日市のコイン通り入り口(宮島街道側から)近くにあるライブハウス、オクトパスに1人で参加。この場所も初めてなら、セッションやるよっていう企画に参加するのも初めて。まあ、楽しんだもん勝ちでしょうから、「雨上がりの夜空に」でベース、男闘呼組の「DAY BREAK」ではdenebさん+私のヴォーカル。いやはや、個人練習はそれなりにしてから行ったつもりですけど、いきなり合わせるのって難しいもんだねえ。けど、それもまたセッション。ほんの少しだけでも、いつもと違うことをしたら、幅が広がる気がする。

・12月23日(水)ありがとうフライングキッズ
2002年のオープン以来、お世話になってきたフライングキッズ。04年ちうごくバンド部定例会の貸し切りのとき、古市雅之とTHEテラスで2、3曲やった気がするけど、お客さんが入った状態では初めて。Mらしま君が来れなかったのは残念だけど、ほかの4人で初のアコースティックっぽいテラス。うむうむ、こっち方面もいいかも。
MCは…酔っ払っていたのと、フライングキッズに語りたいことがいっぱいあって、しゃべりすぎだわ、あれは(苦笑) ま、みんなが笑ってくれていたのでよしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

頭皮・逃避

等比級数と等差級数という言葉を思い出した。等差ってのは、簡単にいうとXが2倍になれば、Yも2倍。そのまま直線的に増えていく。一方、等比ってのは乗数で増えていくから、2乗の場合、Xが2倍になればYは4倍、Xが4倍ならYは16倍。

原稿を書くとき「量は質をつくる」という人がいるのだけど、単純に量を書いても質には繋がらないと以前から思う。短い原稿を何本も書くより、長い原稿1本の方がしんどい。個人的な感覚でいうと、原稿の労力は、長さに応じてだいたい2乗の労力が掛かる。

も少し、分かりやすく。

新聞記事で、ほぼ最小単位の記事は約30行(短信などを除く)。仮に30行の記事の労力を「1」とする。地方版トップ記事が60行とすれば行数は2倍。これを2乗する「4」ぐらいの労力が、60行の記事には必要。90行の原稿なら3の3乗で「9」。つまり、30行の記事3本で総行数90行の労力は「3」、90行の記事1本の労力は「9」。

1行は10文字or12文字だから、300~360文字程度。400字詰め原稿用紙1枚に満たない程度。地方版のトップ記事が通常、約50~60行。これにしたって、原稿用紙1枚半程度でしかない。90行といえば、現在の新聞では大作の部類に入るけど、原稿用紙だと2~3枚。論文に比べたら、屁でもない長さなんだけど、この程度でも、サラリとは書けないもんだ。

先週末の土日を使い、年始用の原稿を書いていた。総行数300行程度だから、30行の原稿の約100倍の労力が必要。書いては削り、書いては削り。気がつくと、あっという間に深夜になっとる。いったん頭を冷やそうと、寝かしといて翌日読むと「何じゃこりゃ? ヘタくそな原稿だのう」と、また一からやり直し。一応、ちゃんとしたプロットをつくっていてもこんな感じ。

んで。

原稿を書いている息抜きに、ブログでだらだらと長文を書いたりしている。ブログの方は、何かを伝えることを主眼としていないから、長かろうが、短かろうが、どうってことない。

プロ野球の投手が現役時代、1日の球数を制限しないと肩を痛めるのに、引退して打撃投手になった途端、毎日、数百球投げても大丈夫になったという話がある。打たれないように投げる球と、打たせるように投げる球。勝敗の世界と、現役選手を支える世界。立場が変わると、周囲からは同じように見えても、本人にとっては全く違うのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

煮込んで食べるマルちゃん正麺ちゃんぽん

マルちゃん正麺のちゃんぽんを買って、半分が残ったまま。年末大掃除はあんまり好きじゃないけど、食材の大掃除はときどきやっておかないとね。

作り方を見ると、煮えにくい物から煮ていき、スープを入れ、麺を入れて煮込むように書いてある。う~む、でもねえ、やっぱり、ちゃんぽんは具材を炒めないと。

Img_4060

ということで。作り方とは違う方法で。具材を炒め、いい感じで香りが出てきたら、水とスープ投入。麺は指定の時間より少し長めに煮込む。

Img_4061

うまうま。熱々だったので、カメラのレンズが曇ってるね。

私、思うんだけど、ちゃんぽんって、麺さえのびなければ、まずく作ることなんてできない料理なのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

渡辺英樹さんのMOTION Bベース

ことし7月13日、C-C-Bのベーシスト、渡辺英樹さんが亡くなった。THE GOOD-BYEのベーシストの加賀八郎さんも2年前の7月、同じ55歳で他界しており、私のアイドルベースマンが相次いでこの世を去ってしまった。

12月のライブイベントで見慣れないベースを持った人がいたので尋ねてみたら、YAMAHAのMOTION Bなるミディアムスケールのベースで、渡辺英樹さんも使用していたという。80年代後半の短い間の生産で、その人は中古で8,000円で手に入れたとか。何ぃ~、そんなものがその値段で手に入るなら、私も欲しっぃ~、欲しいぃ~♪

…ってことで、まずは渡辺英樹さんがどんなベースを使用していたかCCBで…じゃなくて、DVDで確認してみよう。

0stein

1985年、「Romanticが止まらない」がヒットしたころ、Steinbergerのヘッドレス。高校生がふざけて、ほうきを持って歌うときの大きさにぴったり。80年代にちょっと流行したのかな。90年に会社のバンド部が発足したとき、Y先輩が使っていたのがホーナー製のコピーだった。
あのころ、顔からはみ出すでっかいサングラスしている人、多かったなあ。今ではバイク川崎バイクぐらいなもんだ、ブンブンブン。

1mbx_ccb

YMAHA、MOTION Bのパールホワイトが登場した。MB2を基にしたヘッドレス仕様「MBX」。「MONTION B」と書いてあるべきところにピンクで「C-C-B」とペイントし直してある。ジャックがフロントにあるタイプ。

2mbx_motion

こちら、はっきりと「MOTION」の文字が確認できる。年代的にはこちらの方が後の映像かな。メーカーから提供を受けて「今度は品名を消さないでね~」とでも注文されたのかしら。右端が写っていないけど、これもヘッドレスのMBX(たぶん)。

3mb2

ヘッドレスばかりかと思いきや。パールホワイトのヘッド有りMB2を弾いている姿も発見。

Img_4066

余談だけど、このルックスと髪型だけ見ると、80年代ジャニーズのアイドルみたい(ふっくん系)。ちょっと時代が遅かったら、男闘呼組とかに入ってたかもね。あ、C-C-B解散後、よっちゃんこと野村義男さんと一緒に活動したりしていたから、実は最初からそちらの思考もあったのかも。よっちゃんも好き。

4mb2

89年、解散コンサートでは木目(?)のMB2らしきベースを使用。複数のMBを使う中、この楽器は後期によく出てくる。テレビの公開番組で、1曲目だけホワイトで、2曲目以降、これに持ち替えるシーンもあった。

ライブイベントで見た人が持っていたのもこの色だった。

5mb22

お! アップの映像もあったので、これも押さえておこう。

調べてみたら、MOTION Bは85年から87年ごろの初期(MB1、MB2、MB3の3種類)は国産で、88年ごろから台湾製になったらしい。85~87年というと、C-C-Bの「Romantic~」がヒットして、関口誠人さんが脱退するまでとちょうど同じ期間。まるで、C-C-Bのために生まれたような楽器ですなあ。

このMB、弾いてみたい。MBXは探したけれど、どの色も見つからない(限定販売だったらしい)。ヘッドのあるMB2ならパールホワイトがいいんだけど、これはこれで出物は色褪せが激しい。MB3にまで広げて、ホワイトを照準に探しましょうか。

-----------------

(追記2017.3.25)
やたらとこの記事が検索で引っ掛かるらしく、訪問者が多いので追記。

この後、しばらくMOTION集めにハマってしまい、MBXを手に入れたときに書いたのが渡辺英樹さんのMBX(2016.4.21)、命日に書いた記事がベーシスト渡辺英樹さん(2016.7.13)。

さすがに何台も持っていても仕方ないので、MB3から整理し、現在手元に置いて弾いているのはサンバーストのMBXと、パールホワイトのMB2の2台。ほか、シースルーレッドのMB2がバラしたまんま、パールホワイトのMB3は後輩に渡り、かわいがってもらっている(らしい)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

昼食難民

昼、急にカレーを食べたくなった。まだ、一度も行ったことのない廿日市で評判の良い店を思い出し、向かった。きょうは平日、金曜日、年末休みはまだ早い。きっと開いているはずだと思っていたのに。

店の前に行くと、シャッターが閉まっている。「臨時休業」の下に、最近はお客さんがたくさん来て、仕込む暇がなくなり、きょうは店を閉めて仕込みの時間に使わせてください、みたいなことが書いてある。ガガーーン! そんなに盛況だったのですか。仕方がないので、

Img_4048

牛丼チェーン店のカレー&牛丼セット、豚汁&冷奴付き。何だかヘンテコな組み合わせで、お腹はいっぱいになった。

夜、忘年会。もうさあ、忘れちまおう、ことしのことは。

Img_4049

Img_4050

肉食系男子4人の酒盛り。いや、「男子」というか、おっさんばっかりやん(笑)

そんなこんな。夜は更けていくのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

セロリのチキンスープ

今夜は、日本人が「鶏を絶滅に追い込み、若い男女がいちゃいちゃする日」と勘違いしているクリスマスイブ。ケンタッキーのフライドチキンが日本中でバカ売れしていることだろう。そういえば「ケンチキで作ったスープが美味しい」てな記事をどこかで読んだ。確かに、スパイスが効いてるし、骨からもエキスが出そう。けど、ケンタッキーまで行くのは面倒臭いなあ。

…ってことで。とりあえず、ファミチキで代用。

Img_4041

絵面が汚いなあ(苦笑)

食べ終えたチキンを鍋に入れる。

Img_4044

骨が浸るぐらい水を入れ、1時間ほど出汁を取ってみた。圧力釜で20分ほどケンチキを煮ると、かなりの出汁が出るらしいのだけど、ちょうど別のことに圧力釜を使用中。ちょっとだけ、塩。

Img_4045

骨を取り除き(ホントはこした方がいいと思う)、ざく切りにしたセロリ、塩胡椒少々、黒胡椒少々、鷹の爪少々。しょっつるも少々。

Fullsizerender_1

セロリの香りが強いので、ちょっとばかし鶏のエキスがぼやけてしまったけど、酒の後にこういうのを飲むと、すっきりするね。

ただ、自分だけとか、家族までならいいけれど、友だち同士で集まった後、「みんなが食べて、残ったチキンの骨でスープ作りました~」って言ったら、どん引きする人もいるかもなあ。潔癖症の人がいないか、確認したうえで作りましょう。

そういえば、小学生のころから大好きだった水島新司の「野球狂の詩」で、残飯を集めて外野席でスープを作っていた「金太郎」をメッツがいきなり選手として契約し、幼なじみからホームランを放つ回は面白かったなあ。テレビアニメが不定期で始まった後、単行本をそろえったっけ。今ではタイトルそのものが放送禁止用語。

続きを読む "セロリのチキンスープ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

ありがとうフライングキッズ

私が社会人になった1年目の1991年、入社した会社はちょうど創刊100周年を迎えた。当時はまだ、バブルの名残があるころ。イケイケドンドンの雰囲気が残っていた。仕事後にタクシーを呼んでもなかなかつかまらず、契約するタクシー会社には常連だけが知る「裏番号」があったもんだ。

そんな浮ついた時代背景からか、創刊100周年のパーティーに社員バンドを出演させようというプランが持ち上がったらしい。前年の90年、会社のお墨付きでちうごくバンド部が誕生した。

100周年の行事も終わり、バンド部の活動が停滞していたころ。先輩のTT氏が「わしらもバンドをつくって加入しよう」と言い出した。私は吹奏楽の経験しかなかったけれど、面白そうな話だったので、やったこともないトランペットを購入し、ごり押しで加えてもらった。

そんな感じで93~98年まで年2回ぐらい、バンド部の公式定例会を開き、それ以外にもあちこちのライブハウスに出掛けていった。「部下の課外活動を温かく見守る」という古きよき日本の伝統がまだ残っており、部長以上もたくさん見に来てくれ、貸し切りにしたハコはいつも満杯だった。今考えると「チケットノルマ200枚がすぐ完売」って、どんだけ楽に遊ばせてもらっていたのかと。

その後、メンバーの入れ替えや転勤なども重なり、私も98年に広島を離れて島根に行き、しばらくバンド部の活動は休止状態に。2002年に本社に戻り、ちょうどそのころ、フライングキッズがオープンした。

今はわがバンドのリーダーとなった古市さんが、フライングキッズと懇意だったこともあり、復活バンド部の定例会を2003年2月9日、フライングキッズで開くことになった。当時、古市さんはバンド部のメンバーではなかったけれど、この後、一緒にバンドをつくることになった。つまり、フライングキッズは「古市雅之とTHEテラス」の生みの親みたいなものだ。初演は2004年2月8日、ここフライングキッズ。この数字だけ見ると「結成10年以上」というのは、かなりのベテランバンド。実際には年に1回、ちょっとだけ集まったのが数回。メンバーも固定していなくて、今の5人で始めたのがほぼ2年前だけどね。

そんな、私たち「古市雅之とTHEテラス」の歴史そのものともいえるフライングキッズが、ことし年内でいったん、現在の経営形態を終えるという。普段なら「私たちの演奏で盛り上げましょう」なんてな、偉そうなことをいえる立場ではないんだけど、フライングキッズで何もしないなんてことはできますまい。

ありがとう、フライングキッズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

ビート雨漏り解決

先月19日、新品幌に骨組みごと積み替えた。その後、プレクサスで磨いたりした後、雨の日を待った。完璧な状態に戻ることを期待していたけど、しずくが垂れてシートが濡れていてがっかりしたのが前回までのあらすじ

幌の変更前の雨漏りの原因は、幌布の縫い目が広がり、そこから雨が染み込み、ウェザーストリップに水が溜まっていったからだと、ほぼ特定できている。

変更後、幌の状態に問題はないものの、ウェザーストリップと窓ガラスの間に隙間ができ、そこから直接、雨水が流れ込んできている。経年劣化で縮んだ幌から、新品のピンピン幌に変更したので、窓ガラスの位置がしっくりきていないのだと推測する。こちらの方が対策は簡単で、幌とウェザーストリップの位置を調整すればいい。ただ、時間がないので、あれから1カ月、「そのうちに」というつもりで、ほったらかしにしていた。

Img_4018

昨夜は雨。朝、ビート号にいくと、雨漏りしていなかった。ウェザーストリップは古い物を流用したのだけれど、柔軟性を失うほど硬化していたわけではなく、1カ月の間でなじんでいったらしい。

「時間が問題を解決する」なんてな言葉があるけど、私の経験上、時間が経ったら自然と問題が解決したことなど、ほとんどない。感情的なしがらみが解けることがあったとしても、それは時間が解決したというより、心が変化した結果だし。

ところがどっこい、今回の雨漏り。何もせずに駐車場に置いといたら、すべて解決してくれた。ありがとう、時間さん。これから10年ぐらい、このままでいってくれたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

下町ロケット

昨夜、最終回を迎えたドラマ「下町ロケット」。この1年間のドラマの中で、最も高視聴率だったようだけど、私が予想した「半沢を超える」には至らなかった。ストーリーは負けず劣らずの面白さだと思うけどなあ。町工場と銀行では、身近さが違うのかもしれない。

吉川晃司演じる財前部長、いいねえ。世良公則も出てるし、広島なくしてこのドラマは成立しないね。そんな下町ロケットを見ていて、先週から解せないことが一つ。いや、解せないことは数多くあるんだけど、特に一つ。

そもそも、すべてを自社部品によるロケット計画だった帝国重工が、ロケット用バルブをが佃製作所に外注することになったきっかけは、佃製作所が特許を持っていたからだったはず。

んで、サヤマ製作所が割り込んできて、帝国重工はいったん、サヤマ製の採用を決定した。この間、特許の話題は全く出てこなかったんだけど、サヤマは特許に触れない形で、新型バルブを開発したってことかしら。ってことは、佃製作所が持っている特許は、たったの3、4年で無力化する程度の物だったのかしら。ってことは、帝国重工ほどの大企業なら、サヤマと組まずとも、数年で自社開発できたんじゃないかしら。

私、何か重要なシーンを見逃してるのかなあ。誰か、簡潔に説明できる人がいたら教えてください。

先週末から金、土、日と飲みに出掛け続けた。火曜日以降もあれこれ予定が入っているので、きょうぐらいは自宅でひとり飯。久しぶりに牛肉の塊がほしくなり、ステーキ肉を買った。うまうま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

飲めや歌えや

クリーニング店にスーツを持って行き、会員カードを出したら、店員さんが「あ、○○さん…」と、私の名前を呟いた。頻繁には来ない店だけど、礼服とかコートとか、高額品を出すことが続いたから、名前を覚えてもらったのかなと、さほど気にも留めず。

帰り際「お仕事大変でしょう、ガンバってください」と声を掛けられ、どこかでお会いしましたかと尋ねたら「いえいえ。でも、いつも新聞を取ってますから」との返答。そっかー、会員カードの名前と署名記事が一致するわけですか。ご愛読ありがとうございますと言うべきところ、素性がバレたことにうろたえてしまい「ガンバります!」と答えてしまいましたわ。

そういえば昨夜も、ライブハウスで「歌う大竹の記者さんですよね」と声を掛けられ、うろたえたっけ(毎回、バンブーライブを見に来ている方らしい)。自分が思っている以上に、顔と名前が割れてるんだよなあ、気をつけて行動しなきゃと思った次第。…あ、これまでも、無茶な私生活を送っているわけでは……ないはず!

クリーニング店に寄った後は、街へ。昨夜は自分も演って歌った忘年ライブ。今夜は、見る側での忘年ライブ。なんだけど…

Img_4012_2

会場に入る前に食べた天一の大盛りぐらいしか写真がない。写真も撮らないぐらい、酔っ払ってたのかなあ、おほほ。途中で抜け出して、屋台村でビール、熱燗、焼酎ロックを飲み、会場に戻ってからまた、レッドアイ、ハイボールなどを飲んだから、まあ、酔っ払っても仕方アルマーニ。

とはいえ、終電前に駅に向かったし、電車内で寝ることなく、大竹駅でちゃんと降りたし。大丈夫だ、オレは大丈夫だ!(誰に言ってんだか)

あ、そうそう。ことし3月に開設されたJR新白島駅。アストラムラインとの乗り換え駅として便利になるだろうということがクローズアップされていたので「アストラム→北部方面の乗り物→西部在住者には無関係」と思っていたけど。西部方面から、街に出るときにも便利になった。JRを新白島で降り、アストラムで本通りへ。アストラムって、ほとんど乗ったことのない乗り物だったけど、ことし3月以降、割と使うようになった。

微妙なのが、土橋の本社に行くとき。西広島で降りて、広電の市内線に乗り換えることに慣れている。案外、新白島経由で本通りから歩く方が早いかもなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

オクトパス忘年ライブ

最近、ちょっとばかしミュージシャン面してますけども。ベースをちゃんと練習するようになって、まだ2年ぐらい。覚えている曲もさほど多くないし「セッションしようぜ!」って言われても、どうしていいか分からないってのが本音。…なんだけど、まあ、やってみないことには分からないかも。

Img_3997

ってことで。五日市のライブハウス「オクトパス」の忘年会イベントに1人で参加。「ひとりテラス」で地道に活動をアピールしていくよ。

こちら↑、忘年会に誘ってくれたマンさんと。ちゃんとやったり、やらなかったり。構成も原曲とは違う感じになったけど、まあ、こういうのも含めてセッションの醍醐味。…ってことにしておこう。

こちら↑、な~んと、私が歌っちゃたりなんかしてます。ジャニーズバンドには割と詳しい私ですが、男闘呼組ってあんまりなじみがないんだよなあ。1988年デビューといえば、大学2年のころ。ランキング番組の人気も終焉を迎え、テレビも見なくなったころかなあ。ひょっとしたら、テレビを持っていないころかもしれない。

バンドをやっている人ならすぐ分かる、ギター2本、ベース2本というヘンテコな構成。安心してください、私のベース、入ってませんから。denebの皆さんにヴォーカルで加わるってことだったのだけど、何も持たずに突っ立っていては男闘呼組っぽさが出ない。ここはやはり、本家の皆さんへのリスペクトを込め、本家と同じ「当て振り」で。

一応、当て振りなんで(弾き真似ではない)、ちゃんと曲に合うように弾いてはいるのよん。音はしないけど。ぶっつけ本番のセッションだから出来はこんなもんですけど、何も持たずに歌うより、リズムを刻んでいる方が実は歌いやすいかも。

そんなこんな、夜は更けていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

こんにゃくレバ刺し

あぁ〜、そゆのあったねえシリーズ。

Photo

生レバー風こんにゃく。どの辺が「元祖」なのか分かりませんが「ごま油で食べる」ってとこ、本質なのかも。なんだか、くにゅくにゅする物体をごま油と塩で食べたら、それっぽくなりますもん。

2

生肝が禁止(実質的に)になったのは3年前の7月。それまで、ちょっとした焼き肉店に行ったら、よく食べてたなあ。

代替物が出始めのころ、ただ赤いコンニャクってだけでかなり高価だった記憶があり、「普通の刺し身こんにゃくをごま油で食べる」ってなネタをやったこともあったっけ。これ、高級なごま油より、スーパーによくある安い方がそれっぽい味に近づくよ。

人の噂も何とやら。あれほど、通販などで生肝の代替物を探していた人も、とんと聞かなくなりまして。近所のスーパーに、普通の刺し身こんにゃく程度の値段で売っていたので、つい買ってしまいましたとさ。

ってなこんにゃくを食べて飲んだのが前夜。きょうは宅飲み密会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

今冬はチェスター

昨冬はうれげにトレンチ、トレンチ、さあトレンチだ、言うとりましたけども。「近いうち、トレンチが大流行する」という予言が当たりつつあるきょうこのごろ。人通りの多い街中を歩いていると、ほぼ確実にベージュのトレンチコートを着た女性に会うもんね。

私がトレンチコートを欲しかったのは、流行を先取りするためではなく、駆け出しトロッコだったころの思い出の穴を埋めるため。気がついたら、3着も似たようなトレンチコートが並んでいたもんなあ。

けど。

冷静に考えると、トレンチばかり何着もあっても、場面を考えた着回しができない。あれこれアウターを見ていたら「よし、チェスターコートを手に入れよう」と思い至った。カシミヤやらウールやら、温かそうではないか。

早速、ヤフオクで物色。バーバリーのチェスターを見つけたけど、少しばかりサイズが大きい。それに、想定していた金額を超え、約1万円まで上がっていったので撤退。

さらに探し続けると、今度は「SANYO」(三陽商会)の品を発見。こちら、身長165センチでドンピシャリ! 三陽ってことは恐らく、品質は国産バーバリー並みだと考えていいだろう。カシミヤ60%、タスマニアウール40%。新品時の価格は5万~6万円ってとこかなあ。男子では小柄向け、しかもブランドを冠していないので、ライバルも少ない。送料込み6,640円にて落札。

Img_3967

出品者の写真で見るより、かなりきれい。ダブルのデザインが少しばかり今風ではないけれど、仕事でも着るなら、ちょっとばかりおっさんっぽい方がいい。これは大満足。傘要らずのトレンチよりは扱いに気をつけないといけないけど、まあ、コートってそういう物だし。

もう、トレンチは飽きた!…ってなわけではないものの、1着を売却することにした。それでも2着は残るからね。こちら、1万円でのお買い上げ。ありがとうございます。

…ってことで、トレンチとチェスターを交換し、1回の飲み代分ぐらいの小遣いをいただいた。おほほ、わらしべ長者やな、わし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

きつね月見うどん

朝からめちゃめちゃ体調が悪い。

Img_3958

体に優しい物をと、うどんを作ったんだけど。これさえ受け付けなかった。手抜きをして出汁はビニール入り液体出汁を購入。麺20円、出汁40円とかで売ってるんだねえ。自宅そばの店だから、今度からたまに生麺も買ってみよっかな。

外の風は冷たいし、皆さん、体調管理には気をつけましょうね。

…風邪より、酒量の方を注意しないとだわ。こんな日にお酒を抜いても「休肝日」とは呼べないなあ。カンゾウさん、いたわってあげられなくてゴメン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

そうだ、台湾に行こう

夕方から本社へ。

用事終了後、通称「台湾」へ。

Img_3957

Img_3956

台湾料理と大陸料理の違いはよく分からないんだけど(台湾料理店でも「四川風麻婆豆腐」とかのメニューがあるし)、台湾ラーメンって好きなんだよねえ。

この歳になって、頼んではいけないメニューは「食べ放題、飲み放題」。それも、なじみの店。本来なら時間制限があるところ、大目に見てくれるとついつい、ぐいぐい、きゅっきゅっ…

壊れてしもうた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

アナゴさんづくし

アナゴさんがやって来た。一般に「焼き穴子」と呼ぶことがあるけど、関東系の寿司店や丼に使われているのは煮穴子。外側はカリッと、内側からにじむ穴子の味わいって、実は広島特有の物じゃないかしら。

Img_3946

塩で揉んでぬめりを除く。臭みを消すために軽く湯引き。まずは、

Img_3947

塩だけで白焼き。うむうむ、これはうまいわ。日本酒があればよかったけど、あいにく切らしていたので焼酎で一杯。

Img_3949

次に、タレ焼きで穴子飯。醤油2、砂糖2、酒2、味醂1、水1ぐらいの分量を鍋で煮た後、軽く浸して焼いた。表を焼いた後、も一度タレに浸けて裏を焼く。うむうむ、やっぱり焼き穴子はいいなあ。

Img_3955

とても一日で食べきれる量ではなかったので、タレの中に漬け込み煮ておいた。翌日、真っ黒に味も色も染み込んだ煮穴子。これはこれでアリ。満足いたしやした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

男の夜明け

訳あってこのところ、一日に何十回も男闘呼組の「DAY BREAK」を聴いている。「ヴォーカルやりま~す♪」と手を上げたのはいいんだけど、あらためて聴いたら全然、覚えてなかった(笑)

ジャニーズのバンドって「弾けるけど人気いまいち」のTHE Good-Bye(一番好きだった)、「弾けないけど人気まあまあ」の男闘呼組など試行錯誤の時代を経て、TOKIOへとつながるのかな。TOKIOも最初は弾いてなかったのかも。

男闘呼組で一番覚えているのは、爆風スランプのピンチメンバー。1989年、Runnerが大ヒットしたころ、ちょうどベースの江川ほーじんが脱退して、ランキング番組では毎週、別のバンドのベーシストが加わるのが恒例だったとき。

男闘呼組の高橋一也がベースで入ったとき「え? 男闘呼組って演奏してたの?」とびっくりしましたわ。ま、今あらためて考えたら「日本一、弾きマネを練習したバンド」でしょうから、他のバンドの中で格好良く弾いているように見せるのは、お手の物だったかもね。後年、高橋一也(和也)はミュージシャンとしても活動しているから、ちゃんと弾ける人だったのかも。

動画のリンク先はこちら→

YouTubの動画では、ステージ全体を入れたド引きか、顔のアップのド寄せのいずれかの構図ばかりで、手元が見えませぬ。Keyの前田耕陽だけは、解散後に本人が言っている通り、全く弾いてないね。「弾きマネ」さえしないという度胸には頭が下がるなあ。 さあて、本腰入れて聴き込もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまかっちゃーはん

自宅に帰ったらこんな物が転がっていた。

Img_3940

うまかっちゃん炒飯の素。そういえば昨年、うまかっちゃん鍋が出ていて、パッケージに惹かれて買ってしまったっけ。妻に「これ、美味しかった?」と尋ねたら「そうでもなかったから持って行っていいよ」とのこと。あはは、そう言われると、食指が動きませんなあ。

Img_3941

んで。結局、持って帰った(笑)

豚のこまぎれ肉とタマネギ、卵1個はあったので、テキトーに炒め、炒飯の素で味付け。う~む、確かに、美味しくないわけじゃないんだけど、うまかっちゃん風味は薄いし、塩胡椒とニンニクがあれば、特に炒飯の素は必要ないかも。

…3袋入りだから、あと2回は食べなきゃいけないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

不配

「不配」のお叱りの電話をいただくことの多い支局生活。今回は仕事ではなく、個人的な話。

ちょっとした部品をAmazonに注文したんだけど、到着予定から2日経ってもサイトの表示は「配送中」のまま。Amazonに問い合わせしたら「既に宅配業者に渡ってますので、こちらでは何とも…」~むにゅむにゅ…

受け取り指定のコンビニに尋ねたら「荷物は届かなければ当方では何とも…」~むにゅむにゅ…

荷物問い合わせに記してある持ち込み営業所に問い合わせたら「既に発送しておりましてドライバーとの連絡が取れるかどうか、こちらでは何とも…」~う~む、ちゃんとドライバーに届いていればいいけどねえ。

さらに。受け取り予定のコンビニ店員が「近くの営業所にあるそうです」って情報を伝えてくれたので、近くの営業所に問い合わせたら「今はありませんが、全力で探して必ずお届けします」との返答。いやいや、この流れ、もう完全に紛失してますから。

高価な物じゃないし、代わりの物はすぐ探せるからいいんです。「近々届けます」って、その場しのぎのことを言わなくていいんです。「なくしました!」って言ってくれたら「分かりました」で済むんで。「全力で探します」の電話から1時間後「ありませんでした。こちらで再注文の手配をします」の電話。あはは、全力出し切ってないでしょ、それ(笑)

結局、その後、キャンセルの連絡。いつも、居ながらにして買い物できる便利さに浸かっていると、ありがたみを忘れてしまうね。20~30年前、そんなに頻繁ではなかったけど、送った物が届かないなんてことは、たまにあった気がするなあ。

Img_3935

午前に1本取材後、夕方から宮園へ。たまには1人じゃなく、家族の顔を見ながらの鍋もいいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

M-1のこと

人は「自分にもできそうだけど、自分はやらない」ことと「自分にできそうにない」ことをする他人に出会った場合、後者を高く評価する傾向がある。特に、自分が業としていることや、自分が知識を持っている分野だと、相手の持つ技術に注目し、ほかの人からの目とは違う評価になることも。

続きを読む "M-1のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

トリップメーターブーツ交換

うちのビート号は登録から25年目。一般的には交換することがないような部分でも、経年劣化が進んでいく。その一つが、

B1

トリップメーターブーツ。ゴムが完全に硬化してしまい、割れてしまった。けれど、これもビートだからこそなのだろう、こういう小さな部品でも、社外品を作ってくれるところがある。今回はボディショップカミムラさん。

余談だけど、このほか、ビート号の部品交換などの用があってもなくても、定期的に眺めているのが西田ファクトリイ-Bさんと、RSマッハさんのサイト。純正にはない部品だったり、強化部品だったり、ドレスアップだったり、それぞれの工夫があって楽しい。サーキット走行はしないけど、低速トルクを太らせるコンピュータ交換は興味をそそるなあ。

B2

話が逸れた。今回はトリップメーターブーツの交換。ぼろぼろになっているので、素手で外せるかと思いきや。内側の方のゴムはまだ生きている。無理に引っ張ると、走行距離のリセットなどができなくなる可能性があるので、ニッパーで周囲を切り取り。

B3

上がぼろぼろになった純正品。25年間、ありがとうございました。下が購入したカミムラ製のトリップメーターブーツ。ゴムが軟らかくてぷにぷにしとる。

B4

根元部分に両面テープを巻き、上からぎゅっぎゅっと押さえたら完成。かゆいところが少しだけ収まった。

きょう現在の金額はブーツ1,080円(税込み)+送料レターパックプラス510円。部品一つだけだと送料がもったいなあという人はこの機会にまとめて「ビート緊急袋セット」を注文するとお得かも。

…にしても、メーター周りの写真を撮ったら、ほこりだらけで汚いですのお。たまには拭き掃除をしてやらないと。そういえば、以前はガソリンスタンドに行ったら雑巾…じゃなくて濡れタオルを渡してくれたんだけど、最近は貸してくれなくなったわ。どうしてだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

うろこといえば

市議会の委員会3日目、きょうは小方地域まちづくり対策特別委員会。市議の皆さんでさえ、正確な名前を覚えていない方もいらっしゃるようで。

Img_3911

きょうの広島地方は、うろこ雲が印象的だったようだ。複数の方々がFacebookに写真を出していた。広島市内から20~30km離れた大竹では、写真を撮影したくなるほどの空ではなかった。同じ空なのに、きっと同じ雲なのに、見え方が違うってのは不思議。

Img_3910

うろこ雲を見たからってわけでもないんだけど、お昼に「焼き魚を食べた~い」気分。久しぶりのやよい軒。あまりなじみのないチェーン店なので調べてみたら、中国地方での店舗展開は2006年以降らしい。ほっかほっか亭からフランチャイズから「ほっともっと」転換したプレナスの系列。たまには白飯を3杯ぐらい、お代わりする日があってもいいんじゃないかしら。

むむ? ズボンのベルトの穴が一つ分、外に広がったような…

Img_3914

夜、鉄板のお店で密会。ようけ飲んだわ。

かなりいい感じで酔っ払ったなあ。帰宅後、自宅のストーブの上に置いていた鍋をひっくり返して、部屋中にぶちまけた出汁を拭いて、着ていた物を全部洗濯して。そんなこんなで夜は更けていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

ノバチェックのカシミヤマフラー

わざと自分のことを「ブランド好き」と言ったりすることもあるんだけど、特に好きなブランドがあるわけでもなく、ブランドを信奉しているわけでもない。ただ、「似たような物」が並んでいる場合、これまでの経験上、安い方を手にして失敗したことが多くて。それならば、最初からよく知られたブランドを選ぼうかなと。最終的には費用対効果をどう見るかとか、自分の好みとか。結局は、その物次第。

…と。わざわざ、言い訳じみたことを書いたのは。

Img_3902

バーバリーのカシミヤマフラーを買ったから。右が本物、左が先日大型店で買った「何となく似てる」マフラー。

学生時代、ノバチェックのマフラーを愛用していた。自分で買った記憶がないので、実家から持って来たのか、誰かからいただいたのか。学生のころは原チャに乗っていてマフラーは必須だったけど、社会人になってから4輪が主になり、マフラーもしなくなった。

昨年から外勤になり、少しは防寒着を考えることにした。寒くなり始めた11月下旬、ほかの買い物に行ったついで、安いマフラー(左側)を購入。ノバチェック風の柄が懐かしく「やっぱ、これだよなあ」と手にしていた。

「偽物でも、安物でも用を足せればそれでいい」と思ったのだけど。以前から書いている通り、私の肌は極端に弱い。1、2度このマフラーを使ったら、化繊のチクチクに耐えられず、首が赤くなってしまった。私がマフラーをしなくなった原因は、原チャに乗らなくなったからもあるけど、チクチクを嫌ってのことだったような気もしてきた。

そんなわけで、本物のノバチェック、バーバリーのマフラーを購入。…っと言っても、オークションで見つけたお古ですけどね。カシミヤ100%、ラムウールと50%ずつ、ラムウール100%などいろんな生地があった。過去、ウール100%のセーターにもチクチクに悩まされたような記憶があったので、カシミヤ100%を選択した。

というわけで。

「ブランド品が欲しい」わけではなく、やむにやまれぬ事情があったのであります。結局、今回も、最初に買ったマフラーは肌に合わず、安物買いの銭失いになってしまったわ。肌の弱さとアレルギー性鼻炎のツラさに関しては、分からない人にはいくら説明しても理解してもらえないだろうなあ。

カシミヤマフラーはふわふわで温かい。今のとこ肌が赤くなったりしていないので、これならずっと使っていけそうな予感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

島耕作で妄想中

コンビニに入ったら「学生島耕作」の単行本が目に留まった。「島さんは現在だけでなく、学生のころの生活まで暴かれるんだなあ。図書館で借りた本とかも公開されたりして」なんてなことをふと思った。

「もし、島耕作が実在の人物だったら」と考え始めたら面白くなり、架空の記事を書いてみることにした。以下、【すべてフィクションです】ので、そこんとこよろしく。

……

続きを読む "島耕作で妄想中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

昼食難民

午後から廿日市市役所に併設するホールへ、リサイタルの取材。ちょっと早めに行って、その辺で昼食を食べようと思って出掛けた。

市役所前でバスを降りる。あ、そうだ、すぐそばにゆめタウンがあるんだった。フードコートでちょちょいと腹に入れよう。てくてく歩く。

ここには平日か、週末も夜しか来たことがない。まさか…日曜日の昼、座る余地もないほどになるとは思わなかった。しかも、フードコートって、先に場所を確保できたとしても、食べ物を取りに行く間、物を置くか何かで席を押さえておかないといけない。仕事道具の詰まったバッグを置きたくないしなあ。仕方ないので退散。

今度は、市役所を挟んで反対側にあるアルクへ歩く。ゆめタウンがオープンし、こちらの飲食店は少しばかり空いているのではなかろうか。そうだ、うどんでもさっとかき込もう。

と。うどん店の前にも複数の人たち。ガガーーン! 名前を書いて予約するボードが置いてある。まあ、ここはカウンターもあるし、1人客ならさほど待たずに済むだろう。

ってなことで。

Photo_2

…ネギ塩うどんとおいなりさん。空腹で歩いたので、お腹に染み入るねえ。

時間には余裕をもっていたはずだったのに、食べ終わったら開場の時刻過ぎ。まあ、ちょうどええ感じになったわな。

夜、久しぶりに家族で外食。しゃぶしゃぶチェーン店で一杯。食べ放題を前面に掲げる店で、子ども連れにはメニューが不親切。うちは上の2人が娘であまり多く食べないので、単品で頼んでも、さほどの金額にはなるまいと皮算用。

年を取ったんだろうなあ、食べ放題にはほとんど魅力を感じない。飲み放題ってのも、酒の種類や銘柄を固定されると、気持ちが萎える。どうせそんなに食べられないし、飲めないし(あ、こっちは時と場合による)、好きな物を飲食させてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

12月もバンブーライブ

朝からふらふらと現場へ。

Photo

コンサートとか、スポーツ大会とか、大きなイベントとかに顔を出した場合、恐らく取材なんだろうなあと、理解してもらえる。そういう特別ではない日だと、あら、わざわざこんなときにもありがとうね、と歓待してくれることも。

一応、仕事の気持ちで行ってたんだけど、気がついたら豚汁をおかわりしておりましたわ、おほほ。美味しかったし、大人数で屋外で食べると、美味しさがアップするね。

Live

夜、大竹駅前でバンブーライブ。先月の「トリ」から一転、今回は「前説」(笑) 場を温めるのは大事な仕事ですから。本番直前にメンバーを集め、ウクレレ、ギター、ベース、パーカッションの4人で「テーマ曲を作ろう」のアトラクション。ノープランの危うさを遺憾なく発揮した。あはは、笑うとけ、笑うとけ。

今回は曲作り高座オンリー。次回以降はまた、漫談ネタを練ってから臨みましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

血まつり手まつり

トレンチコートの続編たびたび。

B1

昨冬、手に入れた3着の中で一番気に入っていたやつ。たぶん、三陽商会のライセンス品だと思うんだけど、軽くて水弾きもよくて重宝していた。なのだけど、

B2

襟の内側の糸がぼろぼろになって切れ始めた。着ているときにめくれ上がったりはしないものの、襟元がだらしない人になってしまう。コートは縫ったことないしなあ…って、ほかのシャツなども縫ったことないけど。

ってことで。洋服リフォームの店に持ち込んでみることにした。買ったばかりのズボンの裾上げ以外で利用するのは初めて。ちょうど、近くの大型店のテナントに入っていたので、仕事の合間に持ち込んだ。

「ここはミシンが入らないので、手まつりですね」とのこと。自分でまつり縫いをしたら、糸がめちゃめちゃはみ出したような記憶があるので(小学生か中学生のころの記憶)、つい「糸は見えますか」と尋ねてしまった。「現在と同じぐらいだと思います」との回答。そりゃそうだわな、業としてやってる方が縫ってくれるんだもん。

B3

んで、終了写真。どうなんだろう、すっごい上手だとも、そうでないとも、感想を述べるだけの知識がない。ま、表から見える場所でもないし、ほつれてなければいいや。

B4

そんなわけで。これをうれげに着ている私を見掛けたら「あ、また着てら」と心の中で笑ってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

ルアーみたいな可愛いやつ

昨日、スーパーにあった見かけぬ魚。まるでルアーのような可愛さ。つまり、大魚から見れば餌、そのもの。

1

お店の人に尋ねると「めんぱちという魚。そのまま唐揚げにしたり、瀬戸内ではよく食べますよ」とのこと。その可愛さに負け、味も知らないのに買って帰った。

Facebookに写真を出したら備後方面から「ねぶとですね」と複数のコメント。どうやら、県東部では居酒屋などでも出てくるメジャーな魚らしい。

「唐揚げか南蛮漬け」というお店の人の話を素直に実行しようと思ったけれど。どうやら、頭が硬いらしい(意固地という意味ではない)。骨まで食べるには、唐揚げよりもオイル煮の方がいいかも。方針変更。

2

1時間ほど、グレープシードオイルで煮た。う~む、小イワシを煮るときはもっと香りがするんだけど、やや香りが薄い。少しばかり不安がよぎる。

3

とりあえず煮終えた。いくつか食べてみる。うん、淡泊な味で悪くない。ただ、頭を落とさなかったのは失敗。かなり硬い。こんな小さな魚なのに、いちいち口の中で引っ掛かる。ってことで。

4_3

野菜なしで南蛮漬け風にしてみた。これで頭まで食べられるようになるかどうか分からないけど、まあ、食べられなかったら、頭を外しながらいただきますわ。

おまけ。

Omake

有識者の方から情報。大竹地区で「たいたいこんぼ」というと、魚のすり身のこと。このすり身に使っていたのがめんぱちだったそうな。かつては底引きなどでよく獲れたものの、最近では減っているらしい。

魚のことを何でも「たいたい」と呼ぶ広島。こんなに小さな魚まで「たいたいこんぼ」とは、と思っていたら。めんぱち、またの名をねぶと、正式名はテンジクダイというらしい。たいたいには違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

YAMAHA SB-30改

実家に帰っていた嫁が、久しぶりに戻ってきたような感じ(笑)

出ていくときは薄着1枚だったのに、今度はしっかり箱入り娘

Img_3860

YAMAHAのSB-30改。ネックはSB-70。1973~74年ごろの短期間しか作られていないそうだ。通称ダルマベース。これが製造されていたころ、私は4歳か、5歳。自分が楽器を弾くようになるとは考えていなかったろうなあ。ただ、歌ったたり、何か音を出したりするのは好きだったような記憶があるけど。

古い楽器は和室が似合う。普段、生活に使っていない畳部屋で写真撮影。四畳半フォーク世代は、アンプをつながずにフォークギターの横でベースを弾いたりしたのかしら。

久々に弾いたら、いいわ~、この音。46歳という年齢と40年モノの楽器は、見た目だけはベテランの域。まあ、ぼちぼち、楽器に負けない奏者になるよう練習しようっと。まずは今月の19日、課題曲は2曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

月替わり…だからおでん

12月になった。急に冷え込んだ。温かい物をいつも食べたい。そうだ、おでんにしよう。

過去、市販のおでんだし(粉末)を使うこともあったけど、今回は手持ちの調味料で。出汁をとって、酒、味醂、醤油などで味をととのえ、具材を投入。

1

先日買った鍋は予想以上に容量があり、具材をどんどん入れても飲み込んでいく。調子に乗って大根も1本全部入れちゃったけど、食べきれるんだろうか。

2

うむ、牛筋、野菜天、アキレス、卵…ビールが進みますねえ。

3

前日に買ったまま、食べ損ねていたサラダホウレンソウ。生で食べてもいいんだけど、10秒ほどしゃぶしゃぶしてみよう。うんうん、うまいわ、これ。

しばらく、闇鍋的に何かを投入しながら食べ続けてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »