« 久しぶりのバンド練習 | トップページ | 宝くじは買わないby清志郎 »

2015年7月21日 (火)

又吉直樹著「火花」

欲しいときが買いどき。又吉直樹著「火花」をkindleで購入。1000円なり。電子データは売り切れがないからいいね。

レビューを見ると、グダクダと知ったげに批判している人の多いこと、多いこと。んで、「過去の小説をよく読んでいることは分かる」などと上から目線で書いている人に限って、文章が稚拙。はっは~ん、さては文学青年崩れで、漫才師が芥川賞取ったことに嫉妬してるんだな。

そりゃまあ、芥川賞つっても、面白い作品もそうでない作品もありますよ。いいじゃん、それで。

-------

深夜0時過ぎから読み始め、約2時間で一気読み。もう一つの芥川賞作の「スクラップ・アンド・ビルド」も、他の候補作も読んでないんでアレですけども、面白うございました。

「漫才師が漫才の話を書けるのは当たり前」とか、したり顔で言う人もいるけど、この小説は経験談だけで構成されているわけではない。ちょっと懐かしい薫りもする、まさに純文学。

自分の話に持っていきますけど、長年ブログを書いていると、面白いねえと言ってくれる人もいれば、「新聞記者だから、普通の人が知らないエピソードを書けば面白いでしょ」と批判的な人もいたりする。いやいや、個人のブログで仕事のコアな話題なんて一切書いてませんってば。

職業作家とは、自分が経験していないテーマを書けて一人前」という主張はよく分かる。でも、この作品は、ピース又吉が漫才師の話を書くからこそ、引き込まれるんだと思う。

「漫才師だから漫才の話をうまく書けて当たり前」という批判が多ければ多いほど、評価が上がるというもんです。それって、小説の中の世界を著者が見聞きし、経験してきたかのように表現できているということですから。

そういえば、新聞社の労働組合を舞台にした塩田武士センセイの「ともにがんばりましょう」。こちらはほぼ、実話を基にしたような、私たちも似たような経験をしたなあというエピソード満載。これはこれでアリかな。

|

« 久しぶりのバンド練習 | トップページ | 宝くじは買わないby清志郎 »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60849531

この記事へのトラックバック一覧です: 又吉直樹著「火花」:

« 久しぶりのバンド練習 | トップページ | 宝くじは買わないby清志郎 »