« 又吉直樹著「火花」 | トップページ | いったい何を守るというのか »

2015年7月22日 (水)

宝くじは買わないby清志郎

たまに宝くじ売り場の前を通ると、10枚だけ買ったりする。買うときはちょっとドキドキするんだけど、その後、引き出しなどに投げっぱなしにしていて、当せん確認をしないことも多い。ひょっとしたら、過去に何億円か受け取り損ねているかも。

宝くじを買ったことを思い出しても、そのまま売り場に持っていく。当落を調べる機械に掛けたら分かるから、事前に調べることもない。「うわっ! 1億円当たってるやん!」ってな衝撃の経験もない。

んで。

5月だか6月だかに買ったドリームジャンボミニ。でっかいんだか、小さいんだか。たまには抽選結果を自分で確認してみようと封を切り(買った宝くじは封を切らず、そのまましまうことが多い)、宝くじサイトを見てみたら。

Photo_3

あら?

1枚目からいきなり5000円の当せんですやん。調べてみるもんだなあ。飲み代1回分を取り戻したわ。

翌日。宝くじ売り場に換金へ。末当の300円と合わせ、5300円げっと。よし飲み代に…と思ったものの。何? 今はサマージャンボ宝くじを発売中? しかたねえなあ、一度は捨てた金だ、ちょいとお姐さん、そのサマージャンボミニとやら、でっかいだか、小さいんだか分からないやつをバラで10枚おくんなせえ。

この時点で既に元本割れしていることを、本人だけが気づいていない。

|

« 又吉直樹著「火花」 | トップページ | いったい何を守るというのか »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60849561

この記事へのトラックバック一覧です: 宝くじは買わないby清志郎:

« 又吉直樹著「火花」 | トップページ | いったい何を守るというのか »