« 手段と目的 | トップページ | ギターとウクレレ »

2015年6月26日 (金)

肉じゃが(出汁煮)

福岡の井口食品、名島屋の出汁パックを注文した。以前いただいて美味しかったのを使い尽くしたので。長崎産煮干し、枕崎産かつお節などを使い、化学調味料などは未使用。今回は名島屋が勧める作り方で肉じゃがを試してみた。

1

まず、材料を炒める。そういえば、久しぶりに牛肉を買ったなあ。鶏、豚メーンの私。たぶん、干支が酉だからだ(違います)。

2_2

味付けをせず、水に出汁パックを入れ、具材が柔らかくなるまで煮る。食べられる柔らかさになったら、薄めに味付け。

3

あぁ、これ、美味しいわ。出汁最高。

…あ、そうそう、ジャガイモ、タマネギはちょうど実家から送って来たやつだったので、具材がよかったという説もありますけどね。

Img_2462

出汁を取った後、パックを破り、醤油で味付けをしておむすびにしたり、セロリやちりめんじゃこと一緒に炒めても美味しい。じゃこセロリがさらにパワーアップしちゃった。

出汁パック1袋30~40円は安くはないけれど、最後の最後まで楽しめることを考えれば、それだけの価値はあると思う。

|

« 手段と目的 | トップページ | ギターとウクレレ »

作って食べるもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60557813

この記事へのトラックバック一覧です: 肉じゃが(出汁煮):

« 手段と目的 | トップページ | ギターとウクレレ »