« 公衆、出んわ | トップページ | 手段と目的 »

2015年6月24日 (水)

嫌韓本・嫌朝日本

ことしに入って何冊か、いわゆる「嫌韓」と「朝日新聞批判」の本を読んだ。最近、ちょっと何かあると「あいつは○○だ」と決めつけるような風潮があるので、こういう本を読んだと明かすのをためらっていた。「差別主義者の愛国主義者だ」とレッテル張りをされてもねえ…。

私は特別に嫌韓ではないし、朝日新聞嫌いでもない。ただ、複数の方向からの人の考えを知るのは、何かの役に立つかなと。いずれもkindleで購入。

・室谷克実著「呆韓論」

・週刊文春臨時増刊「『朝日新聞』は日本に必要か」

・勝谷誠彦・倉山満著「がんばれ!瀕死の朝日新聞」

・室谷克実・三橋貴明著「『妄想大国』韓国を嗤う」

もし、韓国人が見た自らの国民性、韓国人から見た日本の新聞など、また別の方向からの本があれば、教えていただきたい。

Photo

モンゴルについても知りたいので、ジンギスカンへ。

…モンゴルに、こんな料理はありませんから。

|

« 公衆、出んわ | トップページ | 手段と目的 »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60534383

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌韓本・嫌朝日本:

« 公衆、出んわ | トップページ | 手段と目的 »