« 嫌韓本・嫌朝日本 | トップページ | 肉じゃが(出汁煮) »

2015年6月25日 (木)

手段と目的

とある生徒向けの講演会。

終わった後、「講師の先生が一番伝えたかったことは何ですか」の問いに対し、生徒は「規則正しい生活をすること」「朝昼晩、同じ時間に食事をすること」と次々に同じような回答。

確かに、そういう話はありましたけど、本当に伝えたかったのは「常にその日の百パーセントの力を出せるよう心掛ける」ってことでしたよねえ。

私が常々考えていて、説教じみたことを言うときに必ず出すのが「手段と目的を理解しているか」ということ。例えば「過去記事を検索して調べる」のは手段で、目的は「最適な記事の書き方、扱いを考える」ことにある。けれど「過去にあった」から「同じようにした」のでは、目的を達成していない。

今回もまさに、そういうケースで「規則正しい生活=手段」「百パーセントの力=目的」。考えようによっては、面白みのない人生を歩みなさいとも取れる「規則正しい生活」は、プロとして「百パーセントの力」を発揮するためにある。まあ、中学生には難しい話なのかな。

|

« 嫌韓本・嫌朝日本 | トップページ | 肉じゃが(出汁煮) »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60557760

この記事へのトラックバック一覧です: 手段と目的:

« 嫌韓本・嫌朝日本 | トップページ | 肉じゃが(出汁煮) »