« マンドリンコンサート | トップページ | チヂミようのもの »

2015年5月18日 (月)

都構想

昨日、「大阪都構想」の住民投票があり、僅差で反対派が上回った。きょうの新聞各紙、まあ、それぞれの立場とか、遺恨とかがあるのかないのか知らないけれど、興味深い扱い。

「新聞は都構想の内容をちゃんと伝えていない」という批判は、ある面、当たっているかもしれない。「都構想」といいながら、今回の住民投票の内容は「大阪市を5特別区に再編する」ことの賛否を問うもので「都」になるわけではない。私のように、東京23区と縁遠い生活をしていると「特別区」の位置づけが理解できない。人口規模では政令市ほどの区もあるけれど、どうやら、行政の権限は市より小さいらしい。

ってことはやっぱり「大阪市がなくなる」のだけれど、橋下市長は「コミュニティーはなくならない」と言う。「二重行政の解消」が目的と言われても、これまた、本当にそれだけの効果があるのか。特別区には区議会が必要だから、あれこれイニシャルコストが掛かりそう。

…と。

まあ、終わったことをあれこれ論じようと思っているわけではない。たまに「橋下市長に似てるね」と言われることを思い出しただけ。自分では共通点を全く見いだせないんですけど。鈴木ヒロミツ、カンニング竹山の方がまだ分かる。現在の姿ではなく、もしゃもしゃサングラスのチンピラ風のころなのかなあ。

関係ないけど「都構想」って「徒競走」に似てる。結果がはっきり出るところも。

|

« マンドリンコンサート | トップページ | チヂミようのもの »

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60167583

この記事へのトラックバック一覧です: 都構想:

« マンドリンコンサート | トップページ | チヂミようのもの »