« いざ山陰の旅 | トップページ | 自家シイタケ&サザエつぼ焼き »

2015年5月 5日 (火)

こどもの日に遠い話

こどもの日、おもちゃのこと、トイ・ストーリーについて考えてみた。

トイ・ストーリーは大好きな映画シリーズ。1作目の日本公開(1996年3月)のときは、まだ独身。ピクサーアニメの質の高さと、ストーリーのうまさは衝撃的だった。以来、ピクサー信者となる。

第2弾の日本公開は2000年3月11日。この映画は公開日に家族3人で観に行った。今「上の娘」と呼び、高3で受験生となった彼女はまだ2歳。長いことウェブ日記を書いていると、こういう昔を振り返るときに役立つね。あの日のことはここ(3月11日)あたり。おとなしく観ていたらしい。

そして、第3弾の日本公開は2010年7月10日。10年も経つと、3人家族が5人家族に。2作目に続き、この映画も公開初日に行った。映画の感想や、あの日のことはこのブログここなどに。

今は中2の「下の娘」は、第3弾公開時は8歳。おもちゃとの別れを描いた名作を見た後、「ウッディーのおもちゃが欲しい」というので、9歳の誕生日に買った。その時の写真が、

7670dc0e
2010年11月14日。誕生日の翌日撮影。この日のことも過去のブログに。

んで。

ここまでは枕。

子どもにとって、おもちゃは一時的に遊ぶ物。買ってから数日、しばらく持って歩いているかと思ったら、その辺に置いたままになっていた。翌年、さらに「ジェシーも欲しい」というので買ったのだけど、同じようにすぐ飽きている。

トイ・ストーリーの映画に感動したんだったら、ほかのおもちゃと違うんじゃないのか~い!とツッコミたくなるけど、そういうものじゃないらしい。

箱の中で何年間も、小屋裏部屋にひっそり眠る2人。単身暮らしの私の家族として連れて来ることにした。

0505toy

箱に入っていただけあって、きれいだねえ。座る場所か、展示ケースでも作ってあげなきゃ。

|

« いざ山陰の旅 | トップページ | 自家シイタケ&サザエつぼ焼き »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/59911988

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日に遠い話:

« いざ山陰の旅 | トップページ | 自家シイタケ&サザエつぼ焼き »