« 初の家族スシロー | トップページ | こすっとこ(それは昨日のビート号) »

2015年5月30日 (土)

ビート落ちる

集会所へ取材に向かっていた。新しくできた道(実は階段だった)が見えず、真っ直ぐ進んでいたら、ドン!

Beat

こうなった後も、何が起きたのか分からなかった。車を降りた後、「あ! 階段だったんかい!」。参ったなあ。バックでふかしてみたけど、簡単には上がらない。

誰かに助けを求めよう。…と、こういう時に限って、誰も来ない。しばらく待ち、通りかかった男性に手を振り、来てもらった。

2人で車両前部を持ち上げ、押そうとしたが動かない。それではと、男性に持ち上げてもらっている間に、バックで脱出する方法を試した。これがうまくいき、一発脱出! MRで良かったよ。FFだったら、1人で持ち上げてもバックできなかっただろう。

1

「こんな階段がなぜ見えないんだい?」と疑問に思う人もいるだろうけど。ビートのドライビングポジションはかなり低い。普通の車だと↑のように見えても、

2

ビートはこんな感じ。運転席に座っていると、これよりさらに低い。階段を認識するのは難しい。

道は整備されたばかりで、コンクリートの白一色。車の進入ができない旨を知らせる看板や、車止めなどはない。かなり危険かも。市関係者に伝えたら、既に認識しており、早急に対応を考えているとのこと。

|

« 初の家族スシロー | トップページ | こすっとこ(それは昨日のビート号) »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/60212103

この記事へのトラックバック一覧です: ビート落ちる:

« 初の家族スシロー | トップページ | こすっとこ(それは昨日のビート号) »