« 横山典士著「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」 | トップページ | 水炊き »

2015年4月30日 (木)

筍とツナの炊き込み飯

まだ、いただいたタケノコが残っている。やっぱ、ここはご飯だよなあ。ツナ缶とショウガ、醤油、味醂、出汁を入れて炊いてみよう。あ、鷹の爪も少々。

04301

水は、いつものように米と同量。今回は400ccずつ。ツナ缶1個、タケノコは…1/4個ぐらい? ショウガは半個ぐらい。いや、もうその辺は目分量で。

04302

これが圧力鍋の力。沸騰したら4分蛍火、20分ほど蒸らしたらできあがり。ちょっと塩をしてもよし、

04303

たっぷりのチリメンジャコと混ぜるもよし。タケノコも美味しいけど、ショウガの香りがする飯っていいなあ。今度、ショウガだけ入れたショウガ飯を作ってみようかしら。

400ccっていうたら2合強。最近あまり米を食べなくなった私には、かなりの量なんですけども。炊いた晩に食べ、翌朝食べたらなくなっちゃった。

|

« 横山典士著「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」 | トップページ | 水炊き »

作って食べるもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/59841905

この記事へのトラックバック一覧です: 筍とツナの炊き込み飯:

« 横山典士著「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」 | トップページ | 水炊き »