« きたい | トップページ | バラエティ好き »

2014年9月 4日 (木)

ビート税率1.8倍に

市議会定例会が開会。水害対応の補正予算案などのほか、気になるのが租税条例等の一部改正案。国の自動車税関連税制の見直しに伴い、軽自動車税が引き上げられる。

ご存じの通り、軽自動車税は市町村民税。軽自動車は1.5倍に、50CC以下の原付は倍増の2,000円に。これに加え、軽自動車で13年以上を経過した車は重課が新設される。

具体的に挙げると、ビートのような4輪乗用の現行は7,200円。この標準税率が1.5倍の10,800円に。さらに、ビートは13年以上を経過しているから、さらに現行の3割上乗せの12,900円!

これまで、野口英世さんで済んでいたものが、福沢諭吉センセイにもご登場いただかなければならないのは痛い。

ただ。私自身、軽自動車税の引き上げには賛成で、軽自動車税と自動車税の差が緩やかになれば、新たな小型車が生まれる可能性が出てくる。

従来、税が一気に上がるから軽自動車を超える日本車は、ほぼリッターカー以上になってしまっていた。税の枠が変われば、700CCや800CCなどの日本車が登場するかも。実際、ビートやカプチーノ、コペンなどの軽スポーツは、ボディがもう一回り大きく、トルクにもう少し余裕が出れば、さらに魅力が増すと思う。

そんなことを考えると、軽自動車税の税率アップも楽しい。…いや、やっぱり楽しくはないや。納得はするけど。

施行は来年4月1日。市町村には一定の課税自主権があるので、最大2割の増減可能。わざわざ、取りやすい軽自動車税を減額している自治体は知らないけど。

|

« きたい | トップページ | バラエティ好き »

愛車ビート号」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/57349726

この記事へのトラックバック一覧です: ビート税率1.8倍に:

« きたい | トップページ | バラエティ好き »