« 携帯しない | トップページ | レトロに浸ろう »

2014年7月 3日 (木)

号泣県議

兵庫県議が年に195回の日帰り出張の名目で、領収証も出さずに政務活動費を受け取っていたというニュース。県議レベルの話を連日、全国ニュースで流す必要があるのかしらと思いつつ、号泣会見の映像が流れると、つい、画面に見入ってしまう。

市(町村)議、県議、国会議員にざっくり議員を3種類に分けるとすると、県議が一番、接触する場面が少ない。誤解を恐れずに書くと、影が薄い。田舎の場合(私の故郷とか、今住んでいるまちとか)、県議の定数は1だから、多数派を形成する党から選ばれる人がほとんどだけど、西宮市はどうだったのかしら。「維新を名乗れば誰でも通る」ってことだったのかなあ。大阪維新の会とは無関係だったというから、「維新を名乗る前に徹に筋を通せ」と本家は思ったでしょうに。

こういうニュースを見ると、自分はどうかなあと必ず考える。取材経費だったり、労組での出張だったり。経費に見合ったものがあったかどうかはすぐには判断できないけれど、やることは一つ、経費を使ったら何かを書く。使いっぱなしはいかんよ。

そんな日の夜、ばったりと出会った人と飲みへ。飲んでいると、号泣県議の話題が出るよね。んで、面白いよね。ひょっとして、全国紙が地方議会の政務活動費を調べあげたら、もっともっといろんなケースが飛び出してくるかも。過去にも、政務調査費で購入した本がエロ本だったとか、ちょこちょこ表に出ているけど、それは氷山の一角。

あ、そうだ。私も調べてみようかしら。

|

« 携帯しない | トップページ | レトロに浸ろう »

ニュース」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/56732272

この記事へのトラックバック一覧です: 号泣県議:

« 携帯しない | トップページ | レトロに浸ろう »