« おメガネに適う | トップページ | 種まき »

2014年7月28日 (月)

鯨のインパナータ

先日覚えた「インパナータ」。油を最小限に抑え、揚げ焼きのような感じでカラっと仕上げる。今度は鯨の竜田揚げもどき、鯨のインパナータに挑戦。





材料。鯨赤身、自家製サーディンオイル、自家製醤油だれ、パン粉。

「自家製」って文字を見た時点で、イラっとした人のために。サーディンオイルは他の油でも大丈夫、自家製醤油だれは、豚の肩ロース肉を濃口、薄口を4:1、日本酒、ニンニク、生姜、青ネギで煮た時に出た醤油。好みの醤油にニンニク、生姜を混ぜてみてもいいんじゃないかしら。



醤油だれに漬けた鯨肉に、細かく砕いたパン粉をまぶす。両面を焼く。子どものころから鯨肉が好きなんだよねえ。大きなブロックが安いときに買って、1食分ずつに切って冷凍庫へ。「鯨は高い」と思っている人もいるだろうけど、写真の分量で約150円。意外とそうでもないのだ。



完成。うん、竜田揚げとは違うけど、予想通りに美味しい。

|

« おメガネに適う | トップページ | 種まき »

作って食べるもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/57016302

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨のインパナータ:

« おメガネに適う | トップページ | 種まき »