« 足を延ばして周防大島 | トップページ | 回る »

2014年7月23日 (水)

ビート号エアコンご臨終

暑い日が続く。大竹市は、ことし広島県内で初めて35度を超える猛暑日となった。これを知ったのが午後4時過ぎ。も少し早く情報をつかめていれば。この借りは、あす返しますから。

数日前から、ビート号のエアコンの効きが悪くなった。ガスが漏れているのかなあ。まずは一番近いカーショップへ。



診断結果は、エアコンのコンプレッサーに問題がある可能性があるので、ガス入れ替えはできない、とのこと。う~む。この灼熱の中、エアコンなしで取材に駆け回るのは難しいぞ。



次に、ビート号主治医の整備工場へ。いわゆる「ディーラーの下請け」を担っている工場で、仕事が確かなうえ「中抜き」がない分、安い。ちょっと見た後、今度は車のエアコン整備を専門にやっている店を紹介してもらった。

初めて行くカーエアコン専門店。ビート号は過去に何度も診てきて、ガス漏れ患者が多いという。ここも直接行く店として、今後もお付き合いさせていただこうっと。

ガス補充をしてすぐに帰すこともできるけれど、安いものではないので、再度すぐに漏れてはもったいない。入院してはどうかと勧められた。私の条件はただ一つ、「エアコンの効く代車をください」。



ダイハツムーブのターボ、4WDのナントカいう仕様が来た。軽でターボで4WDだったらグイグイ走るかと思ったけれど。ビートのキビキビ感を超える車って、なかなかないんだよなあ。来年にも発売が予定されているホンダS660(仮)。現代の安全性能をクリアしつつ、ビートと同じ軽快さを再現できるのかしら。

話が逸れた。

結局、要コンプレッサー交換の診断。あっちゃー、大きな出費だなあ。

|

« 足を延ばして周防大島 | トップページ | 回る »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/56916869

この記事へのトラックバック一覧です: ビート号エアコンご臨終:

« 足を延ばして周防大島 | トップページ | 回る »