« オイルサーディン | トップページ | 初のアウエーライブ »

2014年6月27日 (金)

出前授業

なんとなく、自分は将来、学校の先生になるものだと思っていた。「なる」というか「ならなくてはいけない」というか。大学で法学部を選んだ後も、未練がましく、途中まで教職単位を受講していた。

大学の夏休みに帰省し、このことを高校の恩師に話した。喜んでくれるかと思いきや「そんな気持ちで法学部に行ったんじゃなかろう。無理して先生になる必要はない」と一喝された。あ、そうか、そういえばそうだなと、その後は教職単位を取らなかった。

そんな私だけれど、人前で話す機会が増え、最近は学生や生徒を前にすることもある。今日は「出前授業」ということで中学校へ。

学校には講演的なことで行くこともあるし、取材でうかがうこともある。「中の人」には見えにくいかもしれないけれど、学校ごとに特色というか、特徴がある。公立であってもしっかりとした違い。先生は異動で変わり続けていても、学校の伝統は受け継がれていく。いい伝統も、逆の場合も。不思議なものだ。

|

« オイルサーディン | トップページ | 初のアウエーライブ »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/56693096

この記事へのトラックバック一覧です: 出前授業:

« オイルサーディン | トップページ | 初のアウエーライブ »