« 健康ですか | トップページ | どこで見る »

2014年6月20日 (金)

禁断のバスコーク

雨が降った後、ビート号に乗り込むと、最初のブレーキのときに運転席側、だぶだぶっと水が垂れてくる。20年近くビート号と付き合ってきて、発生するトラブルはほぼ1周、もしくは2周3周したので、原因はほぼ想像がつく。

恐らく縫い目から水が染み、ウェザーストリップに溜まっているはず。幌を前回張り替える前、同じような状況を経験した。んで、とある対策をした。対症療法としてはテキメンだったのだけれど、これをやると、同じ対策をし続けるか、もしくは張り替えるしかなくなる。禁断の果実。あぁもう、そのうち張り替えますから、十数年ぶりに禁断の果実をバクっ!



禁断の果実とは。その名もバスコーク。ホームセンターで400円ぐらいの水回り補修剤。縫い目をこいつで埋めてしまう。水回り補修剤なので、濡れることには強いものの、直射日光を想定していないからか、しばらく経つとひび割れる。

屋根をオープンにすると、塗った部分が折れ曲がって割れやすくなるので、勢い、クローズドのままにしたくなる。

つまり。

バスコークを塗ると、ビート号最大のウイークポイントである雨漏りをシャットアウトできる半面、最大の喜びであるオープンドライブを敬遠しがちになる。当座の取材に影響しそうなので塗ってしまおう。



こちら↑、使用前。



そして、こちら↑使用後。見る人が見たらブサイク感は免れない。ただ、幌のヤレはあちこちに出ているので、そこだけに目がいくことはないかも。この処置でたぶん、水は漏れなくなると思う。

んで。↓おまけ。



ひょっとして、ガムテープでしのげるかと思って一度試したのだけれど。日が当たる駐車場に置いていたら、数時間もしないうち、ぺろんと剥がれてきた。

もし、バスコークでも防げなかったら、次の対策を考えるとする。いやまあ、これでも漏れたら幌を張り替えても無理ってことなので、対策手段がなくなるんだけどね。

|

« 健康ですか | トップページ | どこで見る »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/56563165

この記事へのトラックバック一覧です: 禁断のバスコーク:

« 健康ですか | トップページ | どこで見る »