« 週明け | トップページ | フリップ使わず話芸で勝負? »

2013年12月10日 (火)

虹り寄る女性

不思議な出来事が起きた。机に向かって仕事をしていると、どこからか小さな音で時報案内が聞こえる。「○時、○分、○秒を、お伝え、します」という電話の女性の声。柱の向こうかなあと歩いて行っても、音は大きくならない。ほかの電話のある場所に向かっても、音は大きくも小さくもならず、同じ調子で聞こえてくる。なんだろう、これは。

と。胸ポケットのiPhoneを手に取った。音の主はこれだった。自動ロックが掛かるまでの2分の間に、ポケットの中で揺れたiPhoneの電話マークがタップされ、キーパッド画面になり、1、1、7の順に当たった後、発信マークに触れた…ということか。なんという偶然。こりゃ、今日買った宝くじは当たるね。え? 運を使い果たしてしまったって? 時報を聞くなんて運、聞いたことないわ。

仕事は夜勤、経済面デスク。何やら有名だとかいうラーメン店が、会社の近くに出店していた。私はよく知らない店なんだけど、物は試し、行ってみた。

1387035436663.jpg

ちょっと濃いめの醤油系、背脂入り。なかなか美味しい。未明まで腹をもたせるため、白飯も食べた。スープでご飯が食べられる。

広電で出社中、電車が橋に差し掛かったとき、前に座っていた女性(年輩の方)2人が同時に立ち上がり、わぁ~と言いながら、笑顔で私に向かってケータイを向けてきた。なんだ、なんだ? そのままにじり寄って来たかと思うと、私の頭の上、窓ガラス越しに「カシャ!」。後ろを振り向くと、きれいな虹だった。なるほどねえ、虹かあ。けどね、電車の中でケータイの撮影機能を使わないってのは、マナーなんですけど。痴漢と間違われるような人じゃないから、車掌さんに怒られることはないだろうけど、これが私と逆のパターンだったら、結果は違うかもね。

仕事後、仮眠。

|

« 週明け | トップページ | フリップ使わず話芸で勝負? »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/54259228

この記事へのトラックバック一覧です: 虹り寄る女性:

« 週明け | トップページ | フリップ使わず話芸で勝負? »