« キタテツ(三陸鉄道北リアス線)に乗る | トップページ | 食べてばっかり? そうですけど »

2013年9月23日 (月)

おら北三陸が好きだ編

あまちゃんの北三陸編といえば、小袖海岸。週末や祝日はマイカー規制があり、そばばで車は入れない。岩手の国王の選択で、玉の脇港から遊覧船で向かうことになった。白い灯台の脇を通って、船で小袖海岸入り。う~ん、国王のセンスにうっとり。

1380022880444.jpg

…したのはいいけれど。船に乗ってみると、波が大荒れ。翌日聞くと波浪注意報が出ていたとか。ゆったり20分の遊覧をするはずが、ジェットコースターよりも激しいアトラクション。ま、こういうのも楽しくていいですなあ…と、船酔いしなくて済んだからいえるけど。

1380022890440.jpg

船を降りるとすぐ、人垣が見える。あ! 海女さんが降りていく階段だ。劇中に何度も出てくるこの階段。夏ばっぱも、あきも、ここを降りてウニを採る。

1380022899667.jpg 1380022901846.jpg

ところが。北限の海女の実演は、人垣が続く写真左奥から降り、ウニを採るらしい。階段の前に陣取っていた人たち、「え? ここから降りないの? ここでしょ?」と不満気味。仕方あるまい、テレビにはテレビの演出があるのだから。今日読んだ地元紙によると、今年のウニ漁は既に終了しとります。

1380022909342.jpg

海女さんたちが岩を降り、海へ入る準備をする。風が冷たく、湾内にも波が来る。水も冷たいだろう。大変だろうなあ。そういう状況だからこそ、余計に応援したくなるのかも。

1380022913004.jpg 1380022930767.jpg

潜ってウニを採ると、上に掲げてくれる。そのたび、観光客から拍手。いいなあ、嬉しいなあ。アキが初めてウニを採ったときのことを思い出し、ちょっとうるうるしそうにさえなるのであった。

1380022933594.jpg

オープニングシーンや、海に飛び込むシーンでおなじみ、白い灯台。実際には、防波堤に上がることも、灯台のそばに立つこともできない。いや、ひょっとしたら、以前はもっと自由に出入りできていて、あまちゃんで取り上げられて以降、同じように飛び込む人が出てきたので入場禁止にしたのかも。

1380022940158.jpg

夏ばっぱの家から港へ続く坂道。もちろん、この坂を登っても家はないのだけれど、上まで行って駆け降りてみたくなるのは私だけではアルマーニ。

んで。自分への土産には食べ物も、置き物もあまり好まない私。最も好むのが、

1380022951555.jpg

着る物。久慈で作られた海女風デザインのアロハシャツ、名前は「くじあろは」。震災の津波で流された工場を復興し、現地の支援にも役立つと書いてある。そういう話を聞いて、買わずに帰ることができましょうか、いやできない。半袖シーズンが終わりつつあるのが残念だけど。

そして、久慈の話の最後は。

1380022958498.jpg

まめぶ。しょっぱくて甘い、けど甘ぐしじょっぱい。画面を通してだけじゃ、うめぇんだが、うめぐねぇんだが分がんね。

これ、うめぇです。けんちん汁みたいな汁に豆腐、薄揚げ、干瓢、人参、蒟蒻、シメジなどが入っている。けんちん汁と違うのは団子。団子の中に入っているのは、クルミの砕いたやつと黒砂糖。だから、汁はしょっぱいけど、団子は甘い。疲れたときって塩気が欲しいけど、糖分も欲しい。そういう「両得」で作られた郷土料理なんじゃないかしら。

|

« キタテツ(三陸鉄道北リアス線)に乗る | トップページ | 食べてばっかり? そうですけど »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/53374745

この記事へのトラックバック一覧です: おら北三陸が好きだ編:

« キタテツ(三陸鉄道北リアス線)に乗る | トップページ | 食べてばっかり? そうですけど »