« 久しぶりに我が家 | トップページ | 職場復帰 »

2013年8月16日 (金)

愛用のリュック

薄水色のリュックサックを愛用している。買ったのは2011年11月13日、下の娘の10歳の誕生日。娘が「パパには青か緑が似合うよ」と選んでくれた。こういうとき、ブログを書いているとすぐ振り返られて便利。

その日のブログには「自分が選ぶと、つい汚れにくい物を、などと考えて地味になったり」と書いている。地味な物を買わずに済んだものの、汚れにくい物を選ばなかった結果、黒ずみが目立つようになった。このままではかわいそう。

お盆休みに入る前の10日、クリーニング店に持ち込んだ。仕上がり予定日は12日、少し遅れるかもしれませんがと言われたけど、次の出社日は17日なので、それまでに戻っていれば問題はない。

午後。きれいに蘇っているはずのリュックサックをクリーニング店に迎えに行った。ところが。店員さんからの言葉は、想定外だった。

「クリーニングすると色落ちの可能性があるので、まだ洗っていません」

あ? そういうことは出した時に言うべきなのでは。どうなっているのかと尋ねると「電話をしたけど、いつ掛けても留守だったから連絡取れないでしょう」ときた。もしもし? 帰省してたことを責めてますか。

しかも、仕上がりはお盆を越えるかもしれないと先に伝えたとか(もうお盆は越えてますよ)、お盆は工場が休みだとか(このクリーニング店は年中無休です)、あれやこれや言い訳をする。さらには「今から3日後ぐらいの仕上げでいいですか」ときたものだから「預けてから1週間たってるんですよ。さらに3日ってどういうことでしょう」と問い詰めると「1週間って言っても、お盆を除いたら4日ですから」と反論してきた。ほへ? 今から3日で仕上がるのなら、お盆を除いたその4日があれば十分に仕事できていたんじゃないでしょーか。

工場に連絡をしたら、そのまま置いてあると言う。かわいそすぎる、私の愛用リュック。激落ち君か何かを買って自分で拭くから、何もせずにそのまま返してくれるよう伝えた。夕方5時半に次の便が来るという。

その間、図書館で本を読んだ。イライラが少し収まってきた。午後6時すぎ、再び クリーニング店へ。

店員さんは、別の人に代わっていた。カウンターには、ビニールに包まれた私のリュックが置いてある。おぉ、かわいそうに汚れたままのリュッ…って、あれ? きれいになってますけど?

店員さんは「すいません、引き継ぎを受けています。こちらのリュックのクリーニングは既に済んでいました。ただ、不愉快な思いをさせましたので、料金は返金させてもらいます」。

いやいや、私はそういうことを言ってるんじゃないですよ、ちゃんと仕事をしてもらったら代金は払います。そう何度も伝えたのに、結局、押しつけるように返金された。

う~む。何かこう、納得いかないよねえ。お詫びの気持ちとは素直に受け取れず、クレーマーのレッテルを貼られたような、気持ちの悪さ。

1376841044793.jpg

ま、いっか。気持ち一新、明日からもこの愛用リュックと一緒に仕事に出掛けましょう。

|

« 久しぶりに我が家 | トップページ | 職場復帰 »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/52934429

この記事へのトラックバック一覧です: 愛用のリュック:

« 久しぶりに我が家 | トップページ | 職場復帰 »