« れば | トップページ | ああ夏祭り »

2013年8月 2日 (金)

好きこそもののナンとやら

私はライバルの仕事でも、良い物は良いと褒めますよ。というフリを、まずはしておいて、と。

今日の夕刊、大阪朝日から。関西で阿波踊りの催しが次々に開かれているという話題記事に付いていた見出しが、

「関西 踊るアホ化計画」

う~む、素晴らしい。「阿波踊り」というキーワードを使わず、読者にそれを伝える。読み手はそれが良い見出しかどうか考えることなく、スッと頭の中に入ってくる。大阪朝日で最近気に入ったほかの見出しは、

「北から夏来た」

7月20日付一面から。高校野球の北北海道大会で帯広大谷が優勝、全国で一番乗りの甲子園行きを決めた。「高校野球」も「甲子園」も使わず、すぐに分かる。あ、そうそう、「甲子園」という言葉も「高校生の最高峰の大会」という別の意味になってますな。まんが甲子園とか、なんとか甲子園とか。

こういう、努力をしたように見えないような、スッと読者に届く見出しを生み出していきたいと、思っているのでした。ガンバレ、オレ!

今日の仕事は経済面デスク。この面のデスクで、引っかけ見出しは難しいですなあ。ストレート系で勝負…130キロ台の。

1375469216732.jpg

ほとんど泳げない私、水泳選手というのは見ているだけでわくわくする尊敬すべき人たち。そんなわけで、世界水泳4×200の800自由形リレーの決勝を見ていたら、午前3時を過ぎていた。

1375469248782.jpg

横山秀夫著「陰の季節」文庫本収録4短編読了。D県警シリーズ、二渡警視。kindleで「陰の季節」が100円だったので、こりゃ安いと思い、買ったのは何カ月前だろう。単行本と同じ4作が読めると思ったら、表題作の「陰の季節」1本だけ。「地の声」もすぐ読んだのだけど、このままずるずると1本100円ずつ払っていくと、何か損した気がする。

で結局。悩んだ挙げ句、残る2作「黒い線」「鞄」を購入、ほぼ一気読み。もちろん面白かったのだけど、kindleで買うのはもったいなかったかな。ま、そのうちのいくらかが著者に入っているのだとすれば、ブックオフで買うより作家思い。

|

« れば | トップページ | ああ夏祭り »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/52717939

この記事へのトラックバック一覧です: 好きこそもののナンとやら:

« れば | トップページ | ああ夏祭り »