« 羽を生やして飛んでいく | トップページ | コージー日 »

2013年7月 3日 (水)

地震ナントカ火事親父

ぼちぼち出社の準備をしようかとしていた午後、外から「バタバタ」という音が聞こえた。雨だ。空け放っていた窓を閉める。すると、バタバタがドカドカに変わり、さらに勢いを強める。豪雨。窓から瀬戸内海が見えることが自慢のわが家だけど、外を見ると、あまりの雨の勢いに真っ白。こりゃ、たまげた。

たまたま、上の娘は試験期間中だとかで帰宅直後、下の娘と息子はまだ学校。こんな天候の下、外に出るのはイヤだなあと思っていたけど、30分も待つとパタリと雨は止んだ。

廿日市では、断続的に大雨警報、洪水警報が発令され、そして解除されている。ゲリラが広島中心部ではなく、廿日市を標的にしているみたい。警報発令がメールで届くのは便利だけど、降り出した後に来ても「もう知っとる」という気分になるんだよね。

未明にも雷鳴。近くの山に落ちているのだろう、ガラガラという音と、昼間のように住宅街を照らす灯りが同時に来る。そして、地響き。恐ろしいったらありゃしない。寝ていた上の娘、今週末で16歳といういい年なのに、雷が怖いと起きてきた。大丈夫、パパは40過ぎても雷怖いもん。

1372924016185.jpg

仕事は解説面。ギリギリ、公共交通機関がある時間に終わる仕事。団地直通バスの最終便で帰宅。

1372924018033.jpg

買ったのを忘れつつあったアボカド。熟れ熟れになっていて、ひょっとしたらヤバいかと思ったけど、部分的に切って何とか食べられた。ペースト状に延ばしてワカモレディップを作ろうかとも思ったけど、さっさと食べたい。っていうか、飲みたい。柚子胡椒と醤油を混ぜてアテに。うまうま。

乃南アサ著「花散る頃の殺人」読了。女刑事音道短編シリーズ。滝沢刑事も出てくるよ。

|

« 羽を生やして飛んでいく | トップページ | コージー日 »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/52309663

この記事へのトラックバック一覧です: 地震ナントカ火事親父:

« 羽を生やして飛んでいく | トップページ | コージー日 »