« ツールはツール | トップページ | 東千田は懐かしの街 »

2013年7月19日 (金)

iPod nano電源陥没

専用のベルトを買って、腕時計型で使用していたiPod nano(第6世代)。以前、電源ボタンが陥没してしまったので気をつけながら使っていたのに、また同じ症状。現世代に買い換える手もなくはないのだけど、かなり気に入っている。どうしようかしら。まずは「iPod nano 電源ボタン」で検索すると。出るわ、出るわ。よくある症状らしい。

個人で開腹手術をする方法もネット上には公開されてはいたけれど、確実に直るとは限らない。2台あるので1台は、Appleに修理に出すことにした。

まず、iPodを販売しているエディオンの広島本店に電話してみた。すると「当店では扱っておりません」と、つれない返事。Appleの公式サイトから、広島で修理を扱う店がないか調べてみたら「クイックガレージ広島」という店がヒットした。Appleの認証を受けた「正規サービスプロバイダー」と呼ばれる店らしい。

場所は東千田町の広電本社裏。電話連絡を入れた後、ちょいと自転車で出掛けた。Appleを扱う修理店といったら、閑散としているイメージだったのだけども。行ってみたら、狭い店舗は6、7人の客がひしめき合っている。ほぼ全員がiPhoneを手にしていた。後で調べてみたら、問い合わせの9割以上がiPhoneなのだそうだ。ほぼiPhone修理店。最短なら20分で修理が完了するという。

んじゃ、私のiPodもすぐに直るのかと思いきや。「iPod nanoの部品はないので交換になります」。ん? どゆこと? 尋ねてみると、メーカーから新品(か同等品)が送られてきて、動作確認をした後、壊れた方を送り返すらしい。保証期間が過ぎているので有償、8GBの場合は6,100円。新品がオークションで手に入りそうな値段だけど、お願いすることにした。

品が届くのは通常なら2、3日後。週末を挟むので、来週の火曜日ごろになる予定。…で、その時には私、東京に行っているので、受け取ることができるのは週末になってしまう。ま、いっか。

電源ボタン陥没が相次いでいるのなら、今度やってくるやつは多少の対策をしていてくれたら嬉しいんだけどなあ。耐久性より、デザイン重視の社風だから、あまり期待できないけどね。

|

« ツールはツール | トップページ | 東千田は懐かしの街 »

愛マックな日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/52565775

この記事へのトラックバック一覧です: iPod nano電源陥没:

« ツールはツール | トップページ | 東千田は懐かしの街 »